花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    【短編】後宮に花は咲く

    シュ……

    絹擦れる音が幾重にも重なる
    冷たい滑らかな感触に素肌も気持ちも引き締まった。

    見渡せば、いつのまにやら夕鈴の周囲は錦に彩られていた。
    高そうな生地が後宮の自室に、色とりどりに溢れている。

    夕鈴の肩に
    鮮やかな高級そうな布を当てていた侍女が感嘆の声をあげた。

    「まあ!
    こちらのお色も良くお似合いです!
    本当にお妃様は、どのお色でも映えますね」

    もう一人、別な薄絹を持った侍女が頷く。

    「本当に……
    色が白くて、健康的なボディライン。
    爽やかな緑色も夏の暑さを忘れさせてくれますわ」

    「お妃さま、どのお色がお気に召されました?」

    「あの……私。
    新調するなら夏の普段着を一つ欲しい
    と言っただけなのですが……」

    「ええ……承っております。
    ですから、こうして見本の布地から選んでいるのですよ」

    「でしたら、こんなに沢山
    試さずとも……」

    「とんでもない!
    私達は、お妃様に満足していただける仕事を誇りとしています!」

    「今回のお妃様のお言葉を、
    どれだけお針子達は待ち望んだか!」

    「今まで陛下や張弦様よりの依頼でしたが、やっとお妃様から直接頂けたのです。
    これを張り切らずにいられましょうか?」

    「あの……普通の普段着が欲しいだけなの」

    「分かっております!
    後宮の主たる高貴なお方は、夕鈴様
    ただ一人。
    きっとご満足いただける素晴らしい普段着をつくって参ります」

    握り拳を作って力説するお針子の侍女に、気迫で押された夕鈴。
    気合いの入った意思の言葉を削ぐつもりもなく、その後は何も言えなかった。

    「………そ、うですか?
    では、お願い致しますね」

    「はい。
    おまかせください!」

    その布選びから2日後、真新しい夏の普段着が、夕鈴のもとへ届いた。

    昼顔のような艶やかな薄紅色。
    ごくごく薄い柔らかな絹で作られた普段着は軽やかで、素肌に柔らかく添う。
    着心地も爽やかで、軽かった。
    翅を思わせる薄い布はヒラヒラと袖を飾り
    慎ましくも、艶かしい。

    色と形を替えて、他に月見草の花のような黄色と露草のような青の普段着も届けられた。
    どちらも慎ましやかで、美しい軽やかな衣装だった。

    もう一つ、特別滑らかな小さな紅い布が届けられた。
    陛下からだという。
    その包みを何気なく開けたら、小さな布切れが入っていた。
    広げてみて慌てて、その紅色の布を包みにしまった。

    それは彼女が身につける下履き……
    それを送る意味………に、夕鈴は顔を赤くした。

    (お針子)侍女達の仕事は優秀だ。
    どんなに動いても、着衣にひきつりはない。
    着心地も崩れない。

    下履きも軽やかで、簡単に陛下の手に届く。

    今宵、夕鈴が新たな衣装で陛下を迎える夜は
    どんな秘めやかな時を過ごすのだろうか?





    続きを読む

    【本誌添い】 多忙な狼は君が足りない

    今年は、先月から変な天気ですね。
    某ゲスト様への返信コメントに書いた短めのお話です。

    確かに白陽国なら陛下は数日間、執務室に監禁されてお仕事されているはず。
    そろそろ妻への禁断症状が現れますね(笑)

    *****





    「陛下。
    隣国の大雨が、此度の下流の我が国の河川の氾濫になりました。
    流された橋や壊れた堤防を直す補修費を含め隣国へ賠償金を請求したらいかがでしょうか?」

    「うむ…………。
    だが、あちらに非があるとは言えない。
    これは天災だからな。
    賠償金を請求するのは難しいだろう」

    「しかし我が国の予算にも限度があります。
    天災とはいえ実際に国に被害はあるのですから………」

    「そうだな……。
    でも安易に賠償金を請求すると足元を見られるのではないか?」

    「何か、もっと他に良い案は無いのか?
    (賠償金請求)の案は、しばし保留にする!」

    「……しかし、
    壊れた橋を、いかがするのですか?」

    「民の生活の要でもある橋は、借金を作ってでも早急に直せ!
    アレが悲しむ」

    「お妃さまですか?」

    「……」


    はーーー


    静かな執務室に小さな李順の溜息と共に、別段困った風でも無い彼の声が
    淡々と響いた。

    それはあらかじめ想定されていた命であり
    彼の中では、策がすでにある話だったことを意味していた。

    それでも国庫に潤いが只でさえ少ないのに、
    更に少なくなる事業への出資に自然、溜め息の一つも零れよう。

    「しかたがないですね。
    物流が途絶えることは国の得策ではありませんし、
    何より疫病が蔓延するのも困ります。
    早急に手を打ちましょう」

    「任せたぞ。
    李順」



    ……
    …………


    「時に李順。
    休憩はまだか?
    火急の仕事ばかりで私は疲れた」

    「あと決済の必要な案件が5つ程。
    それまでは休憩は無しです……と言いたいところですが」

    「陛下も不眠不休で三日間。
    執務室に籠りっぱなしではお身体の疲れも取れませんね」

    「ちょうどお昼ですし、いいでしょう。
    火急とはいえ、昼食後でも間に合う案件ばかりです。
    私も疲れました。
    少し休憩にいたしましょう」

    「やったぁ!
    夕鈴不足で死にそうだったんだ!
    では、早速……」

    少しすると後宮で、一つの悲鳴が聞こえた。
    ここしばらく仕事で会えなかった夫が忽然と現れて、
    会えなかった分、愛妻を愛でたのは言うまでもない。




    *****


    続きを読む

    【近況】退院しました。

    ゲストの皆様
    おはようございます。
    さくらぱんです。

    スッキリしないお天気が続く宮城ですが、皆様いかがお過ごしですか?

    昨日、予定どおり
    やっと退院出来ました。
    10日間の怒濤の入院生活。

    「私、心臓の手術したんだ……」
    正直、実感湧きません。
    左腕の手首にあるカテーテル手術痕も
    いずれ消えてしまったら、ますます実感ないと思います。

    大がかりな手術出なく、この程度ですんだのは本当に幸運だったと思います。

    術後の検査でも、心臓の筋肉を走る血量を放射線で見る検査がありますが
    ほぼ問題なく心臓としての機能は快復してあるとの太鼓判を押されて帰ってきました。

    皆様には、大変ご心配をお掛け致しました。
    激励の拍手&お言葉、改めまして感謝、申し上げます。
    とても勇気づけられました。

    さて昨日ですが真面目に病人食を取り組もうと、退院後“クッキングスケール”を買ってきました。

    それと普段使わなかった特殊調味料達。
    裏の成分表示を見ながら、真剣に時間をかけて一つづつ吟味するのは
    もしかしたらはじめてかも。

    減塩醤油
    減塩味噌
    ポン酢
    ノンオイルドレッシング
    その他、食材

    イロイロと久しぶりの買い物が嬉しくて、お店の梯子をしてしまい……
    後半は冷や汗が止まらなくて
    少し反省しました。

    自宅に戻ったら、おかえりなさいの子供達からのサプライズが……


    お風呂が沸いてました。
    しかも38度の低温で!

    入院中は、シャワー浴だったので
    凄く嬉しくて
    まったり二回も入ってしまいました。

    やっぱりお家が一番!

    今回入院して、しみじみ実感しました。
    しばらくは日常動作で心臓に負荷をかけるリハビリです。

    まったりのんびり過ごしたいと思います。

    さくらぱん



    【近況】明日、11日に退院します。

    皆様
    今晩は
    さくらぱんです。

    急ですが、明日の午前中に退院が決まりました。

    昨日の術後検査もほぼ問題なくクリア
    リハビリも今日は、昨日の倍の距離
    800㍍を休憩無しで歩ききりました。
    500㍍くらいから息切れがあったけど
    血圧も酸素も安定していました。

    午後には、最後まで残っていた心電図モニターも点滴も外れました。

    完全に何もなくなり
    二回目のシャワーも入れて
    最高にご機嫌です。

    皆様には、ご心配をお掛けしました。
    拍手、激励のお言葉をありがとうございます。
    明日の退院後に順次お返ししますので、お待ち下さいね。

    皆様、ありがとうございました。



    続きを読む

    【近況】入院9日目

    今日は♪
    長いようで短い入院。

    今朝、主治医の方から退院日の日取りを考えていてくださいねと言われました。

    いよいよ待ちに待った退院が近づいて来ました。

    【近況】入院六日目

    今日は♪
    お久しぶりです、

    今回の入院経緯については、先日の記事をお読みください。

    8月7日の報告。

    ⚪車椅子から、病棟内のみ自立歩行許可頂きました。
    付き添いなしです。

    ⚪酸素チューブが、抜けました。

    ⚪シャワー入浴迄、許可頂きました。
    実質は明日から!楽しみです。

    ではでは。

    【日記】お叱り覚悟の近況報告「入院しました」

    今日は。
    お久しぶりです。

    実は、8月2日に急性心筋梗塞で緊急手術&緊急入院しました。

    8月2日に大きな救命救急病院に急遽行きました。

    所見では、急性心筋梗塞。
    左心室の外は、検査結果のモニターで真っ赤で完全に動いてない。
    壊死しかかっているとの判断。

    その日のカテーテル検査室が、たまたま午後から空いていたので初日に手術が出来ました。

    約二時間弱のカテーテル手術。
    左手首から導入して左心室までカテーテルを通して像影剤を注入しました。

    不幸中の幸いにも完全閉塞ではなく病変は狭窄だけだったので、ステント(金属)を入れずにすみました。
    薬をつけたバルーンで、狭窄部分を広げたのみで、血管は拡張しました。

    集中治療室、準集中治療室をそれぞれ1日づつ。
    今は一般病棟に移りました。

    一時、左心室外側が動かない事態でしたが、今は順調に回復して、少しずつ心臓に負荷をかけるリハビリを行っています。

    予定では
    1~2週間の入院。

    しばらくPCから、遠ざかります。
    のんびり療養するつもりです。

    ご心配をお掛けしますが、退院後お知らせします。

    さくらぱん



    続きを読む

    7/19 秘密の味は蜜の味、更新しました。

    150人魚姫の誤算

    おはようございます♪
    昨日、蜜館
    【蜜ファンタジー】人魚姫の誤算 6
    を更新しました。

    告知していないのに既にお越しいただき
    温かい拍手を頂きありがとうございます。

    皆様、拍手で応援していただけると嬉しいです。

    さくらぱん

    7/10 秘密の味は蜜の味、更新しました。

    IMG_1601-睡蓮—花の四阿


    こんにちは♪
    昨日、蜜館
    【蜜ファンタジー】人魚姫の誤算4
    を更新しました。

    告知していないのに既にお越しいただき
    温かい拍手を頂きありがとうございます。

    ちょっと何を考えているのかわからない陛下です。
    いつもと勝手が違うのでお許しを



    これからどうなるのか。
    実は私も分からないという・・・集中力を断ち切らぬよう
    皆様、拍手で応援していただけると嬉しいです。

    さくらぱん

    7/5 秘密の味は蜜の味、更新しました。

    IMG_1601-睡蓮—花の四阿

    おはようございます♪
    昨日、蜜館
    【蜜ファンタジー】人魚姫の誤算3
    を更新しました。

    告知していないのに既にお越しいただき
    温かい拍手を頂きありがとうございます。

    3で、ようやく皆様おまちかね?の蜜にはいりました。
    ちょっと何を考えているのかわからない陛下です。
    いつもと勝手が違うのでお許しを



    これからどうなるのか。
    実は私も分からないという・・・集中力を断ち切らぬよう
    皆様、拍手で応援していただけると嬉しいです。

    さくらぱん