花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【長編】楼蘭ー離宮編ー27  ※要注意!!!古代パラレル

    楼蘭 



    黎翔の腕の中で気絶するかのように、意識を手放した夕鈴。
    その顔は悲しみに満ちて、未だ止まらぬ涙が頬を濡らす。

    意識を失う間際に
    ようやく聞き出せた彼女の秘密

    ぽつり……ぽつり……と、ところどころようやく聞き取れた。
    彼女の言葉の欠片を繋ぎ合わせると……
    どうやら国の為に、何処かへと嫁ぐらしい。

    嫁ぎ先が決まった娘は、他の男の目から隠される。
    楼蘭国王が愛娘を、この離宮に隠したのもそんな理由からだろう。

    黎翔の衣服を、しっかりと握り締め、彼にすべてを委ねる夕鈴。
    国の命運を一人で背負うつもりだったのだろう。
    楼蘭王女としてのプライドが、そうさせたのかもしれない。



    まだ……間に合う。
    君は、未だ嫁いではいない。
    君の憂いを、取り除くとあの日決めていたんだ。

    夕鈴……待っていて。
    必ず私のもとへ
    白陽国に連れて帰るから……



    華奢な彼女の身体を抱え直し、その瞼に口付けた。
    震える睫に夜露のような大粒の涙が、ひと粒輝く。
    黎翔の唇に触れて消えた、その涙は彼女の切ない悲しみの味がした……

    痛々しいその姿に、黎翔は決意を新たにするのだった。



    ……28へ・続く


    2016.02.24.改訂
    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。