花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    一発ネタ*ブルゾンらんよう

    今晩は
    さくらぱんです。

    SNSで、仲良くしていただいているお友達の(仮)ブルゾンきょうこさんの素敵SSに、
    先週からどっぷりはまり、とうとう許可を頂き強奪してきちゃいました。
    原稿のまま、素敵なSSをお楽しみください。

    2017.03.02.
    さくらぱん

    ***

    なんでしょうねぇ…
    どうしてでしょう…
    思いついたので書きました笑

    その流れでらんようさまもw
    キャラが違いますが!広い心で受け止めてください

    ブルゾンきょうこ

    ***


       SSは、追記に畳んでいます。

    (ブルゾンらんようが、緊急お妃様勉強会を開く!)


    「お妃さま、今なんと仰いましたか?他国の姫君と仲良く?」

    (振り返って)

    「ダメ妃!」

    「宜しいですか?たとえ陛下が『その気はない』と仰っていても、それはそれとお考えなさいませ」
    「その時嘘のつもりはなくとも後になって嘘になることはあります」

    「え?それではいつ殿方が気移りするかわからない?」

    (背後の女官が彼岸花を蘭瑶様の後ろに盛る)

    「それでは質問です」

    「梅の花はいつ咲くかご存知?」

    「・・・気づいたら咲いてません?」

    (女官が彼岸花をばら撒く。宙に舞う彼岸花)

    「花の盛りも恋も一緒!」
    「いつの間にか始まる・・・」
    「常に構えていないと・・・」

    (立ち上がり腕を拡げる)

    「小さな不満も危険の種!」
    「他の女性の入りこむ隙のないように」
    「王の心を常に捕らえておくのです」


    (後ろに下がって、振り向き)

    「この後宮には何人、妃がいるのですか?」

    (ステップをふむ)
    「……たった一人」
    (キメ顔)
    「……妖怪妃」

    ***

    お粗末様でした

    ブルゾンきょうこ






    2017.02.26.初稿
    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する