花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    一発ネタ*ブルゾンれいしょう

    今晩は
    さくらぱんです。

    SNSで、仲良くしていただいているお友達の(仮)ブルゾンきょうこさんの素敵SSに、
    先週からどっぷりはまり、とうとう許可を頂き強奪してきちゃいました。
    原稿のまま、素敵なSSをお楽しみください。

    2017.03.02.
    さくらぱん


    ***

    何か思いついたままにつくりました。

    注意書きは…なんでも良いかたのみで…
    最近ブノレゾンちえみが好き過ぎるきょんです。


    ブルゾンきょうこ


    ***



       SSは、追記に畳んでいます。



    「ナイスキング」ブルゾンれいしょう


    (唯一の妃に起こされるキング黎翔、肌蹴た寝間着)

    「君がいると見えるもの、聞こえるものに全て色付いたようだな」
    「あ~、夕鈴がお嫁に来てくれて良かった。」

    (髪をかきあげる)

    「おはよう、効率的な仕事ぶり、充実した私生活、ナイスキングだ。」

    「独り身で寂しい草食系ボーイズの者たち、自ら狩りに出なくても、肉食系女子に任せたら大丈夫だと思ってないか。」
    「では、質問だ。オオカミは獲物を探さず、巣にひきこもってるか?」

    (見下す様にみつめる)

    「探しに行け、今すぐ」

    (唯一の妃をお姫様抱っこする)

    「追いかけよう、そこから恋がスタートするから」
    「うさぎは、追われるために逃げるのだから」

    (後ろに下がって、振り向き)

    「ナイス」
    (ステップをふむ)
    「キング」
    (はだけてキメ顔)




    ***

    お粗末様でした

    ブルゾンきょうこ



    2017.02.25.初稿
    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する