花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    【詩文】透明な涙

    ただ訳もなく
    哀しくてセンチメンタル

    秋だから?

    綺麗な景色は心慰めてくれるけれど
    決して温めてはくれない

    人肌が恋しいよ

    心震える寒い夜は
    ただ……貴方を想っていたい

    貴方の言葉 ひとつふたつ
    想い出すだけで
    心が温かくなれるから……

    頬を伝う
    透明な涙。

    ……貴方に会いたい

    好きだから



    DSCN8244-20161014.jpg 






    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する