花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    0903 本日のつぶやき

    ゲストの皆さま
    おはようございます。
    さくらぱんです。

    「言質の夜」「私の小鳥」をお読みいただき、ありがとうございます。
    皆様に、たくさん拍手いただき、嬉しさと恥ずかしさで身もだえております。
    今朝で、ここ一か月頂いた蜜館の拍手が200拍手を越えました。
    皆様、温かな拍手を、ありがとうございます。

    無印私の小鳥


    こちらの「私の小鳥」の書庫扉バナー
    夕鈴の白い翼をイメージしています。
    白い孔雀鳩の画像を大胆トリミングして使っています。

    本館にも幾つか、書庫扉絵が有りますが、良き目印となってくれて。
    読みたいシリーズが確実に読める、迷子にならない役割もあります。
    いずれ人気作品の書庫に、全部つけたいですね。

    いつになるのやら?

    いま、すごく書きたいものがいろいろとありすぎて、困っています。
    「私の小鳥」も、そのひとつ。
    ずっと温めていたストーリーが急浮上して、消えないうちに書きました。
    これは、邂逅編が終われば、またお話を温めるつもりです。

    「言質の夜」
    あと少しで、エンドなのです。
    なのに、ありきたりなストーリーしか出てこない。
    小説って、二次に限らず難しいですね。
    出され尽くした感のあるアイデアの中から、新しいものを絞り出さなきゃならない。
    溜め息がでる毎日です。
    とにかくこいつをやっつけたい。完成させねば…密かな野望というか自棄。

    「月晶の雫」村祭り編
    先日、メキシコのユカタン半島・セノーテの内部洞窟の写真を偶然見ました。
    神殿の女神の泉に、イメージがジャスト
    本当に、こんな神秘的な場所あるのですね。
    こちらも、きっかけが欲しい温め中です。

    「楼蘭」
    謁見の間で、止まってます。
    そして、漢の使者と黎翔に対面するシーン、もしかしたら私、飛ばして前回続けた疑惑です。
    SNSを蜜館等各館を探しても、どこにも原稿はおろか下書きさえ存在しない。
    ちょっと意気消沈。一から不足ページをちまちま書きなぐってますが、ありんこの行列みたいに遅々としてます。
    頑張らねば。

    「比翼連理」
    少し幼き日の二人を書きたいところではあるのですが…
    お兄様の設定どうしよう。
    義理の兄弟ではあるけれど、血をつなげてしまうと矛盾が生じてしまう。
    うーむ。。。。難しい。

    他にも、マーブルカラーの更新とか、写真館の日帰り旅行とか、イラストも描きたいものが。
    やりたいものが沢山。身動き取れない。

    宣言しとかないと、忘れてかかなくなっちゃう。
    自分の墓穴をいつも掘るのね。
    自覚はあるの。
    出来なかったら、ごめんなさい。

    いつもながらに、ごちゃごちゃに絡まったお話が煮詰まっている私。
    いつの日かお披露目できるかな?書かないと!

    願いつつ…-・
    蜜館に行ってきます。

    2016.09.03.
    さくらぱん

    DSCN6144-20160903.jpg
    2016.09.01.撮影


    この場をお借りして、個人的なお礼。

    まるねこさんへ
    いつもご訪問・足跡をありがとうございます。
    温かな応援コメントを、ありがとう。
    いつも力になってます。
    まるねこさんが、楽しめるように、更新頑張りますね。

    りこさんへ
    お久しぶりです。
    某所の更新楽しみにしていただき嬉しいです。
    めっちゃ悶絶しながら書いてます。
    たまに、ヘッドフォンのBGMは、あはんなビデオだったりしてます。
    BGMのせいで、イメージが総崩れた時のあの虚しさは、すぐに立ち直れません。
    自業自得というやつですけれどwwww
    久しぶりのコメントを、ありがとう。
    嬉しかったです。
    更新頑張りますね。







    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する