花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    現パラ【中編】 君に告ぐ  1  SNS45000hitキリリク

    その日、朝刊の一面を飾ったゴシップ記事に、
    新たな嵐の予感。

    何も知らない当事者たちは、
    静かに……まだ微睡み続けていた。









    西日が傾きかけた陽射しが差し込む
    最上階の会長室。
    このビルのオーナーであり、
    珀コーポレーションの会長、珀黎翔は、鬼の秘書から会長室に缶詰にされ
    今日は外界と遮断された生活だった。

    「李順、もう疲れた。
    そろそろ休憩にしないか?」

    本皮貼りの豪奢な椅子から落ちそうになりながら、
    情けない顔で机に突っ伏し、この部屋の主である黎翔は、ぼやいた。

    「まだです。
    もう、そろそろ奥様の到着する時刻です」

    「奥様が来たら、
    きっと会長は、仕事しないでしょう!?」

    「…………」

    「休憩はそれからでも、いいはずです。
    わかったら、ちゃっちゃとここにある書類を終らせてください」

    「分かった。
    夕鈴が来たら、必ず休憩だぞ。
    約束だ!」

    よし、さっさと終らせるぞ……

    黎翔は、ひとつ背伸びして、また新しい書類を手に取った。
    李順は、手持ちの書類の影で困ったものだと気重なため息を一つつくと……
    部屋の時計をチラリと見た。

    もう、そろそろでしょうか?
    夕鈴さんの到着が早いか?
    会長の仕事が終るのが早いか?
    さて、どちらでしょう。

    私としては、明日の分の書類も一つ二つ混ぜておきたい所ですが・・・









    一方うまく李順に乗せられたとは知らない黎翔は、もうすぐ訪れるだろう
    “愛する妻”を待っていた。

    世界中を傘下に束ねる会長の妻。
    まだ高校に通学している、うら若き少女。
    黎翔が見初めた唯一の女だった。

    現在、お披露目前の彼女は淑女教育中の真っ最中で、
    黎翔と夕鈴の結婚は、極秘事項とされていた。










    パタパタパタパタ……

    小走りに、廊下を走る軽やかな足音。


    黎翔は、その音を聞きつけ歓喜に湧いた。

    ――――夕鈴だ!

    もうすぐ彼女が、会長室のドアを開けて
    可愛い笑顔で僕の名前を呼ぶんだ!


    “黎翔さんっ!!”







    黎翔は、今サインしたばかりの最後の書類を李順に手渡すと、
    可愛い妻を出迎える為、簡単に机の上を整理した。



    「黎翔さんっ!!」





    え?

    扉を開けて入ってきた最愛の人に、黎翔は驚いた。


    扉を開けた彼女は、いつもの輝くような笑顔ではなく……
    唇を青ざめ、大粒の涙をボロボロと零しながら、黎翔の前に現れた。

    「ど…どうしたの!?
    夕鈴?」

    ガタん!


    めったに泣かない彼女の大粒の涙に、黎翔は激しい動揺を隠せない。
    椅子を蹴飛ばしながら、彼女に近付いた。

    ところが、彼女を慰めようと抱き締めようとしたら

    スッ……

    黎翔は、避けられてしまった。

    「……夕鈴?」











    代わりに投げつけられた彼女の身を切るような言葉

    「黎翔さんなんて、大ッ嫌い!
    もう離婚です!」

    黎翔の顔に投げつけられた、ぐしゃぐしゃに握られた新聞紙。
    訳もわからず……彼女の離婚の意思に、黎翔は顔色を失い固まってしまった。


    何も言わない夫に、失望の色を見せて、
    夕鈴は悲しそうに、首に掛けられた結婚指輪を床に投げ捨てた。

    “命より大事にするね”
    嬉しそうに、そう言ってた指輪を……




    「黎翔さんを信じてたのに……
    さよなら!」

    静かにそう言って
    彼女は来た道を、エレベーターホールへと走り去っていく。

    彼女の突飛な行動は、今に始まったことじゃない。
    いつも本気の彼女は、実現不可能なことまでも、いつの間にか実現していく。

    皆を巻き込み、幸せにしていく……

    いつの間にか、僕の心を揺さぶり
    君が僕の心に住んでいた。

    君も僕が好きだと知った時は、迷わずプロポーズしていた。
    僕たちは、こんなところで別れる運命じゃない。
    これは何かの間違いだ。

    僕はようやく状況を飲み込み、ゆるゆると動き出した。
    ふと手元の彼女の投げつけた新聞に目をやると……

    そこには、彼女のこの不可解の行動の元凶が一面を飾っていた。



    僕だった。

    それと……



    「夕鈴!
    待って!」

    黎翔は逃げる彼女を追うべく、エレベーターホールへと走っていった。







    「これは……!」

    「とんだ茶番ですね。
    今時、昼ドラでもしませんよ」

    会長室に残された秘書は、床に投げ捨てられた新聞を開くとポツリ呟いた。


    「もう、そろそろ潮時ということでしょうか?

    まだ仕上がっていませんが……しかたありません」

    はぁ~~~


    気重なため息を一つつくと、どこかへ電話したのだった。



    ……続く
    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する