花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    【長編】楼蘭ー邂逅編ー 2  ※要注意!!!古代パラレル

    楼蘭






    砂漠のはるか彼方に横たわる
    雄大に霞む大山脈

    タリム盆地にそびえる

    北に、天山
    てんざん山脈。

    南に、崑崙
    こんろん山脈。

    真夏にも、かかわらず真っ白な雪化粧を冠した大山脈が地平線に輝く。


    その山並みを目指しながら進むキャラバンの影。
    もう数日間で旅の目的地である“楼蘭“に着くはずだった……

    砂漠を旅する男たちの足取りは、ひどく重い。

    天山南路を、西に……国を出てから、
    もう何日、旅したことだろう?

    降水量の極端に少ない不毛の大地、

    水を湛えるオアシスが、少なく
    旅人たちの手持ちの水が、もう尽きそうだった。

    水が残り少ないことが、旅人たちを焦らせ
    初めて砂漠越えに挑むキャラバンを、道に迷わせた。

    このままでは、タクラマカンの名前どうり
    死の砂漠の餌食になってしまう……

    焦るキャラバンの人々は、生き延びる為
    命の水を湛えるオアシスを捜していた。

    ……3へ続く

    2015.08.23.改訂
    2012.08.12.初稿



    関連記事
    スポンサーサイト
    1931:【長編】楼蘭ー邂逅編ー 1  ※要注意!!!古代パラレル

    砂漠のはるか彼方に
    霞むような大山脈がそびえる

    タリム盆地にそびえる
    北の天山山脈、
    南に崑崙山脈、
    それぞれが、真夏ににもかかわらず白い化粧雪で輝いている。

    もう、数日間で、目的地の楼蘭に着く・・・
    それにもかかわらず・・・男たちの足取りは重かった。

    天山南路を何日旅したことだろう・・・。
    降水量の極端に少ない台地は、
    オアシスが少なく手持ちの水が無くなりそうだった。

    このままでは
    タクラマカンの名前どうりの砂漠の餌食になってしまう・・・
    焦るキャラバンの人々は、オアシスを捜していた。

    2012.08.15.初稿

    2015.08.23 21:38 さくらぱん #H6hNXAII URL[EDIT] 返信

    管理者にだけ表示を許可する