花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    【詩文】面影橋

    夏宵の
    川面に映る歪んだ月

    蒸し暑さに
    そぞろ歩けば…

    甘酸っぱくも
    懐かしい
    優しかった面影

    この時期に
    思い出すのは
    思い出して欲しいから?

    川岸から
    流す灯籠が…

    ひとつ。
    …ふたつ。

    ……みつ。
    ………よつ。

    気がつけば、
    川岸に集まる人々

    今は亡きあの人へ
    祈り捧げる人々の…

    面影橋から見る夢は
    儚くも美しい
    一夜の幻想

    笑顔が素敵だった
    あの人へ届け

    鎮魂の祈りと共に
    はるかな海へと…
    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する