花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    【散文】織り姫の願い

    年に一度の
    あなたとの逢瀬

    水面に映るは
    今宵の月

    いつもは独りの影が
    2つ揺らぐ

    短い時を
    惜しむかのように……

    あなたと何を
    話せばいいの?

    空が白むまでのひとときを……

    別れの明日が来るまでの時間を……

    言葉の代わりに
    口付けをください

    また、あなたを想える為に

    何度「時間が止まれ……」と願ったことか

    溢れる涙が頬を伝う

    愛しさと

    切なさと

    憎らしいほど
    運命に従順なあなた……

    涙は、大河となって

    また二人を引き裂く




    神さま
    おねがい

    この人と別れたくないの

    運命に逆らっても
    いつも一緒に居たい

    お願い
    この人を連れていかないで……


    繋いだ手を
    離さないでほしいよ……






    恋詩譜より

    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する