花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    黒龍【長編】果樹の杜 2

    DSCN0528-20150423.jpg
    林檎の花・2015.04.23.撮影

    ……怖がらせてしまったか?

    黎翔の腕の中で小さく震える彼女を、
    彼は切ない想いで見つめた。

    こんなはずじゃなかったのに……
    ただ……彼女と楽しく時を過ごせたらと思っただけなんだ。

    彼女の扱いに、どうしてこうも自分は不器用なんだろうか?

    ようやく心を通わせ、気持ちが通じ合っても尚、
    彼女の気持ちのすべては理解できない。

    思うようには、いかないもどかしさ。
    こんな風にすれ違ってしまうと不安になってしまう自分の心。

    僕らは、ようやく愛を確かめて、
    不器用な愛を育みはじめたばかり。

    些細なほころびが、不安を招く。

    君に笑って欲しくて……
    君を喜ばせたくて。

    彼女に見せたい景色があるんだ。
    願う思い。

    愛しさと優しさと切なさと
    怖がらせたかったわけじゃない。



    ただ、本当に危なかったから。
    君を失ってしまうと思ったから……


    君を失えば
    僕の世界は闇に閉ざされることだろう。
    君は、僕の唯一無二の光なのだから。

    ふと気付くと、太陽は
    もう、あんなに高い位置にある。
    このままじゃ王宮に帰るのが、遅くなってしまう。

    それでは彼女が、怒られる。
    優秀すぎる自分の側近の顔が、チラリと浮かんだ。

    黎翔は、チラッと腕の中の夕鈴を盗み見ると
    小さい両手が、自分の袂を握り締めていた。

    怒らせて……
    怖がらせて……
    嫌われた?

    黎翔に、弱気な気持ちが、うまれる。
    怯える彼女に、なんて声をかけたらいいんだろうか?
    また怖がらせてしまうのが怖かった。

    夕鈴に、かけるべき言葉が見つからなかった。

    彼女には嫌われたくなかった。
    君に対しては、どうしてこんな気持ちになるのだろう?

    夕鈴の小さな震えが、黎翔に伝わるたびに
    彼の不安を煽る。
    小さな罪悪感が、じわじわと広がった。

    「夕鈴、
    このままじゃ目的地に着くのが遅くなる。
    黒龍のスピードを速めてもいいかな?」

    たずなをギュッと握り締めて、
    黎翔はコレ以上怖がらせないように……優しく夕鈴に囁いた。

    彼女は、小さくコクン…と頷いた。

    “是”と理解して、黎翔は、黒龍のわき腹を蹴り上げた。

    「夕鈴、
    振り落とされないように
    しっかり私に掴まっていて!」

    おずおず……と伸ばされた華奢な両腕が、
    黎翔の背中に回された。

    ギュッと抱きしめた彼女の温もりに、
    まだ嫌われていないことを悟ると希望が湧いてくる。

    ヒュッ…と、黒龍の背に鞭をふるうと
    黎翔は風を切って、猛スピードで走り出した。

    駆け抜ける風圧に夕鈴の髪が乱れても
    黒龍の足が早すぎて、夕鈴には、直す暇など無いほどに。

    必死にしがみ付いた陛下の腕の中で
    夕鈴の視界に映ったのは、濃い薄紅色の花々が……木々が……
    残像を残して、ぐんぐんと後ろへ流れていく景色。

    黒龍の力強い軍馬の蹄の高らかな音と共に
    キラキラと光となって流れる景色。

    麗らかな春の日差しを浴びて輝く果樹園の中

    確かに二人と一頭は、駆け抜ける一陣の風になり
    丘を目指して、一直線に駆け抜けていった。


    ……続く



    関連記事
    スポンサーサイト
    1996:

    こんにちは。
    勿論です!モチロンお手が空きました時に*\(^o^)/*←私の為にとの文字は嬉し恥ずかしです\(//∇//)\

    いまさくらぱんさんの御宅は、応援&見守り隊の佳境ですよね!センターがうまくいったようで本当に良かったですね。あとは本試験に向かって身体を気をつけながらですね!
    始まると言われていた複数回のセンターに替わる試験が先送りになる見通しとなったのでうちの中坊×2が受験する時代も一発勝負となりそうです。

    こちらの林檎の花のお写真がとても素敵でお気に入り★させてもらっているのでこちらからコメント入れました!
    では皆様お身体大事にお過ごしくださいね〜(#^.^#)

    2016.01.29 11:19 タイフーンです(≧∇≦) #- URL[EDIT] 返信
    2011:タイフーンさんへ

    見ましたの印v-22

    タイフーンさん
    今晩は
    いつもコメント応援、ありがとうございます。

    「緑風」喜んでいただいているようで、嬉しく思います。
    コメント溜めに溜めてて、すみませんでした。
    少しずつコメントをお返ししたいと思います。

    > いまさくらぱんさんの御宅は、応援&見守り隊の佳境ですよね!
    センターがうまくいったようで本当に良かったですね。あとは本試験に向かって身体を気をつけながらですね!
    いつも応援ありがとうございます。
    9日の第一志望校の合格発表をはらはらしながら待っている状態です。

    さくらぱん

    2016.03.02 19:30 さくらぱん #H6hNXAII URL[EDIT] 返信

    管理者にだけ表示を許可する