花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【短編】 風花

    見上げた青く
    澄み切った あの空から
    羽根のように舞い降りた
    混ざりけのない 雪の花弁

    伸ばした両手で受け止める
    心の奥
    はかれない重さ

    その温かな両手の中へ
    僕の心をも受け止めてよ

    傷つき萎縮した心に
    虚勢の仮面を被り
    本当の自分を失っていた。

    誰もが王であることを望み
    王であり続けることを説いた


    君だけが
    人としての心を
    思い出させてくれた。


    いつも包み込んでくれる
    優しく温かな君。

    僕をいつも癒してくれる
    温かな君の手を

    いつか手放さなければならない時
    はたして僕は
    君を手放すことが出来るだろうか?






    風花が、キラキラと静かに舞い散る
    君という花に彩を添える
    冬の華


    枝いっぱいに咲き綻ぶ
    薄紅色のさざんか

    冬の木枯らしに耐えて
    美しい花を咲かせる
    それによく似た
    君という花を手折らずに

    いつまで愛で続けることができる?
    できれば、ずっと見守り続けてたい。

    ひたひたと押し寄せる王宮の闇
    残酷な運命が、脆い砂糖細工の僕らの関係を壊す

    手放す気が無いのなら
    いっそ本物の花嫁として愛で続ければいい?

    君を守りたい。
    君を傷つけたくないよ。

    きみが幸せになれる場所へ……

    静かに風花が舞い散る
    白銀の穢れない花

    変わることを恐れ
    僕は、そのままの君を……と乞い願う。


    君の両手に
    雪が舞い落ちる

    瞬く間に解けたあの雪のように
    私の心も溶かしてくれ

    君の温かな手ひらで
    私のせつない初恋をどうか……受け止めて。

    君に溶かされ一つになりたい。


    昨年の書きなぐりを拾い上げたものです。
    設定が、夕鈴が王宮を辞す前の陛下SIDEになります。


    中断したものの救済なので、イロイロおかしくてすみません。
    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。