花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【中編】sweet,sweet,sweet……1

    少し古めかしいゴシックスタイルなインテリア。
    豪華なクリスタルのシャンデリアの光が、室内に眩しく煌めく。
    黒革張りの一人掛けのソファーで寛ぐ。
    真っ赤なドレスの女。

    目元だけ隠したマスカレードから覗く
    印象的な大きな瞳は、夢見るような光を湛えたハシバミ色。

    ドレスと同じ赤に塗られた唇は、謎めいた微笑みを浮かべる。

    サラサラ……と、流れ落ちる金茶の髪を背に払いのけ
    ソファーに気怠げに座りピアノに耳を傾ける。

    BGMは、黒服の男が奏でるグランドピアノ。
    白い鍵盤に、男の長い指が踊るように、ロマンティックでメロディアスな曲を奏でる。

    突然、鳴り止むピアノの音。
    驚く女に男が、かしずく…

    彼女の足先を、恭しく掲げて……
    濡れ光る瞳は、血のような紅玉。
    支配者の瞳で、女を見つめる。

    ヒールごと、男は彼女の足先に食らいつく。

    「君の足先までもが愛おしい……」

    呟いた男の言葉に女の顔が、真っ赤に染まった。

    もう一度、女に愛おしそうに近づく男……

    ソファーにおおい被さるように、
    女に、kissする寸前で、映像が途切れた。

    場面が切り替わり、ピアノにパラパラと散らばったチョコレート。
    商品名が流れ幕を閉じた。

    *****

    「社長!
    新製品のCMの出来は、如何でしょうか?」

    「いい感じだよね。何より夕鈴、可愛いし、色っぽい♪」

    「では、O.K.を頂けたということで、来月のバレンタインに合わせた発売日に全国放送いたします。」

    「……いいよ!」




    僕が、軽々しくcmのO.K.を出したのが、ひと月前のこと。
    まさか、あのCMが僕と夕鈴とを巻き込む大騒動を引き起こすとは。
    僕は知る由もなかった。


    …続く。
    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。