花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    私の震災体験 1  sinyaさんの手記より

    さくらぱんが個人的にお願いして、震災体験のブロ友さんの手記をお預かりしました。
    内容を確認した上で、ご本人様のご好意で、了承を得て手記を公開しています。

    ご本人様の心の整理の為に徒然に書いている実話です。
    問い合わせ・苦情は一切受け付けません。
                                        
    尚、本人のご希望により、地名・ハンネは変更していますが、
    手記の雰囲気を壊さないよう、手は極力加えていません。
    ご了承ください。
                                            2014.06.30. さくらぱん

    登場人物ご紹介

     …心也さん -sinyaさん-手記を書いた本人   sinyaさんの想い
                    震災当日は、出張中で関西に居ました。
                    震災当時、今の奥様との結婚式を間近に控えた20代の会社員                
                    三陸の故郷を愛し、震災で変わってしまった故郷に心を痛めている。
                    それでも変わらないものを探し続けています。
                    未だ 復興にむけて歩む故郷を、少しでも応援したい。
                    当時の体験を、後の世に伝えていかねばならないと考えて
                    手記を「花の四阿」に寄せてくれました。
                    
    彼女…心也さんの今の奥様。当時は婚約者。
                    震災当日は、三陸の故郷に居ました。 

    父親…心也さんのお父さん
                    震災当日は、仕事の関係で東京に居ました。 

    あとは、説明無くても読めるかと思います。





    私は2011年3月11日、三陸の故郷には居ませんでした。

    仕事で私は、関西の方へ出張しており、
    お得意先の社内で、大きな地震と大きな津波が来るという情報を聞きました。

    お得意先での任務を終え、上司に電話をしたところ、つながらなかった為、
    会社に直接電話をしました。

    普段出るはずのない、取締役(普段は総務の人が出る)
    電話に出たのです。

    「すごい地震だ、また掛けなおす」

    その一言だけで、電話は切られました。




    慌ててノートパソコンを開き、地震情報を見ました。

    『震度7、大津波警報、10m』

    そこで妻(当時は彼女)にメールをしました。

    「地震大丈夫?」

    少しして、返信がありました。

    「大丈夫じゃない」

    返信があったので、命は助かってる。

    だけど……絵文字も無い。そのメールは、
    私の不安を、さらに掻き立てました。

    お得意先の方も心配してくださって、
    タクシーの手配をしてくれて、とにかく
    故郷に戻ることだけを考えて飛び出しました。

    しかし、東北新幹線はおろかその日は
    東海道新幹線も止まっており、大阪から
    身動きが取れない状況でした。

    何度も電話をかけたおかげで、携帯の電池も なくなり、
    地震情報をチェックしていたPCもバッテリー切れ。

    明日には新幹線も動くだろうと、
    その日は、帰ることをあきらめて
    宿を探しました。

    私のように足止めを食らった人が多いらしく
    ビジネスホテルはどこも満室。
    やっと見つけたカプセルホテルで一泊する事にしました。

    そして、そこで衝撃の映像を目の当たりにしました。
    お風呂に入ろうと浴場に向かったところ、更衣室に
    テレビが置かれており、ニュースで津波の映像が
    写し出されていました。

    ちょうど故郷の映像でした。

    私の知っている町が海に沈んでるのです。

    心臓のドキドキが止まりませんでした。

    とにかく明日は、始発の新幹線で東京に向かおうと
    その日は床に着きました。

    私の2011年3月11日はこんな感じです。

    ・・・続く


    2014/06/19のメッセージ
    ブロ友・sinyaさんの手記より





    sinyaさん
    痛みやドキドキが伝わってきます。
    sinyaさんが、ご家族の側にいれなかった想い
    当時の不安に、胸がキュッと痛いです。
    海に呑まれた故郷の映像に、どんなに心臓が凍る思いをしたことでしょうか?
    東北の外から、郷里を思った気持ちを聞かせて下さい。
    続きをお待ちしています。

    2014/06/19のメッセージ より抜粋
    さくらぱん
    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する