花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    【詩文】夏色の空

    ポツリ。
    ポツリ……と
    降り出した雨に

    低く垂れ込めた雲が 山あいの山頂を隠す

    明るいGLAYの
    灰色の涌く雲……

    夏の彩りに
    衣替えした山並みは
    深みを増したグリーンで

    ひと雨毎に、
    夏の色彩(いろどり)を
    濃くしていく……

    陽が差さない
    柔らかな色彩(しきさい)。

    見渡す雲間から
    抜けるような青空が見たくて

    見上げて……
    探すけど
    見つからない。

    大粒の雨粒が、
    頬に落ちた。

    冷たい風が、
    落ちた雨粒を
    更に冷たく感じさせる

    どんよりとした
    梅雨に
    閉ざされた世界。

    気持ちまで、
    塞ぎこみそうな
    空に探す
    次のseason

    極彩色の虹の欠片
    煌めく太陽

    あと少しで迎える
    色鮮やかな夏

    あの……
    雲の上には、もう
    見たいと願う

    鮮やかな夏色の空が
    広がっているのかもしれない。
    関連記事
    スポンサーサイト
    1788:管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2014.06.29 00:13 # [EDIT] 返信
    1789:kooyan さんへ

    見ましたの印v-22

    いつもありがとうございます。
    拙いですが、詩文を気に入ってくれるゲスト様も多いので
    晒しています。
    情景が、リアルに目に浮かんでくる・・・
    とても嬉しい言葉をありがとうございます。

    〆の言葉を気に入ってくださって
    ありがとうございます。

    終わりよければ、すべてよし。

    一番気を使う部分で
    いつも悩みます。
    活かすも殺すもココ次第といっても、過言でない。

    kooyan さんからのご依頼の件については、メッセージをお送りします。
    前向きに検討しますので、もう少しお待ちくださいね。

    拍手コメントありがとうございました。

    さくらぱん

    2014.06.29 08:50 さくらぱん #- URL[EDIT] 返信
    1790:kooyan さんへ

    依頼の件
    お受け致します。

    遅れましたが
    メッセージをお返ししました。
    詳細は、そちらをお読みください。

    さくらぱん

    2014.06.29 18:27 さくらぱん #- URL[EDIT] 返信

    管理者にだけ表示を許可する