花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    【詩文】朝もや


    DSCN2173-25.jpg  

    たゆとう 雲が
    山裾に
    龍神のように
    たなびく

    新緑の里山
    白く霞む
    ミスト・グリーン

    細かい 霧の粒子が
    私の身体に
    まとわりつく。

    いつの間にか
    白く霞む世界。

    たなびく
    白龍の懐の中

    朝日が輝く
    濃い朝もやを
    切り裂き

    眩しく
    私の目を眩ませた。

    だんだんと、
    朝もやは、
    あとかたもなく
    消えていく

    いつの間にか
    夏の気配

    新しい1日がはじまる……





    通院恒例の朝の詩文。
    こちらは、朝もやですよ!
    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する