花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    *胡蝶の夢*

    詩文コミュにUPしたものです。




    DSCN1370-30-2_20140523165030a21.jpg 

    ―――夢も
    ―――現(うつつ)も
    己であったはずなのに

    夢から醒めた私は
    天と地ほどの落差に
    ――――――ただ呆然と佇む

    我が身は夢で、果てしない大空を舞い
    軽やかな蝶となりて、生を謳歌していたのに

    現の自分は地を這い、重い身を引きずって
    死を見つめている

    願わくば、また胡蝶となりて
    空を舞い 花々を廻る旅がしたい。

    この世のしがらみも、
    空蝉(うつせみ)もぜんぶ脱ぎ捨てて……

    ―――――――――再び、あの果てしない青い大空へ……





    荘周の夢で作って……とブロ友さんに言われましたが
    原文が原文なので、そのまんまです。
    漢詩は、難しいですね。
    もう、解釈みたいな訳詩文でしょうか?

    夢も不思議な時ということで。
    関連記事
    スポンサーサイト
    1622:管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2014.05.23 16:54 # [EDIT] 返信
    1869:管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2014.10.31 13:03 # [EDIT] 返信
    1870:管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2014.10.31 13:04 # [EDIT] 返信

    管理者にだけ表示を許可する