花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    【短編】IF「初桜ーはつざくら―」

     



    うつむき 恥らう
    乙女のような花の色

    初恋の君に、よく似た……
    ふんわりとした
    優しい桜色

    春は、出会いと
    別れの繰り返し

    蘇るのは
    君との思い出

    もしも君との出会いが
    違うものだったとしたら
    僕は、君と別れなかったのかもしれない。

    ――時を戻せたらいいのに

    綺麗な空に広がる
    満開の桜の花を仰ぎ見る

    DSC_0369_20140331211449345.jpg
    (撮影☆エストリルのクリスマスローズ・saki様)


    そよ風に揺れる優しい花に
    君の面影を探して……

    会いたくて…
    でも 会えなくて……
    それでも、まだ会いたくて……

    「君を忘れてないよ。
    まだ……君が好きなんだ」と
    大きな声で、君に伝えたい。

    もしも伝えられたら
    君は、この花のように
    頬を染めて
    恥らうのだろうか?

    切なくて、苦しくて
    胸の奥が、キュッと狭くなった。

    初々しい薄紅色の花が咲いた。
    こんなにも
    狂おしくも愛おしい
    まだ君が好きなのに、もう会えない。

    今年も、記憶が蘇る
    出会いと別れの季節。

    あなたを想い 初桜―はつざくらー




    頬染める少女のような花の色
    在りし日の
    君を想いて……
    初桜



    エストリルのクリスマスローズ☆Sakiさんから、桜の写真をお借りしました。
    素敵な匂いたつような美しい桜の写真です。

    自分では、うまく花の表情を写せないので、お借りできて幸せです。
    Sakiさんから、快く使用許可をいただきました。
    いつも、ありがとうございます。

    ちょっと切ない初恋詩文ですが、sakiさんに捧げます。
    いつも素敵なインスピレーションをありがとうございます。

    素敵な写真と文章を書かれるsakiさん。
    ブログもメールも、その細やかな優しい文章に癒されます。
    これからも仲良くしてくださいね。
    宜しくお願いいたします。

    さくらぱん
    関連記事
    スポンサーサイト
    1592:管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2014.04.13 08:08 # [EDIT] 返信
    1593:胸に沁みます

    さくらぱんさま

    なんと美しい世界観でしょう

    永遠はこうした美にこそ宿るもののようで
    涙がこぼれます・・・。

    苦しいほどに想いは溢れるのに
    叶うことはなく
    さくらの花影に託す愛・・

    こんなにも素敵な作品に
    私の拙い写真を採用して戴きまして
    ほんとうに嬉しいです
    ありがとうございます。


    作品はひと

    ですね・・・
    改めてさくらぱんさんの
    大きさを感じます。


    ーーさくらぱんさんに
    めぐり会えましたことに
    心からの感謝を込めてーー

    saki




    2014.04.13 08:23 saki #YrGnQh/o URL[EDIT] 返信
    1597:管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2014.04.15 02:15 # [EDIT] 返信

    管理者にだけ表示を許可する