花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    *雪の温度*

    ……触れた





    ただ触れただけの
    粉雪は

    私の熱で
    瞬く間に溶けた



    真昼の雪

    ……空から降る
    純白で穢れない

    願い雪



    私の心も
    雪になったら
    いいのに……

    貴方の傍に
    舞い降りて

    貴方の熱で
    溶かされたいの


    今、すぐに。





    お題は、「雪」


    おはようございます。
    前作詩文にならなかったので、リベンジします。

    南はもう、花が咲いているのですよね!?
    こちらでは、今朝はうっすら雪化粧でした。
    暦の上では、確実に春に近づいているはずなのに、まだまだ春は遠い気がします。
    関連記事
    スポンサーサイト
    1585:管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2014.03.24 13:41 # [EDIT] 返信
    1859:管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2014.10.31 12:33 # [EDIT] 返信

    管理者にだけ表示を許可する