花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    【詩文】「夜明け」

    高度40000ftの世界

    地球の丸さが分かる
    わずかに丸い
    無限の雲海

    地球の端から
    太陽が昇り出す

    華やかな
    オレンジの帯

    雲を薄紅の
    鮮やかな色に染め

    漆黒のまだ夜の狭間を漂う
    機体を染め

    華やかな夜明けを
    刺すように
    目に焼き付ける

    窓の外は、
    極寒の世界

    私達しか居ない

    澄み切った
    酷薄の天空

    何者も寄せ付けない
    何も遮るものはない

    地球と宇宙の狭間
    神意の領域

    そこで見る
    夜明けだからこそ

    こんなにも
    美しく
    華やかで

    我が心を震わせ
    奪うのだろうか?




    お題「旅」
    旅客機からの翼越しの夜明け

    旅客機の高度、忘れた
    ちょっと怪しい。
    確か、高高度じゃないハズ… (うろ覚え)
    コミュの戦闘機で調べたはずなのに…

    40000ftに上げとこう~(^_^;)

    あとで調べときます。
    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する