花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    【詩文】「春の雨」

    ポツ……パツン。

    弾けた雨が
    雨音を作る

    優しい雨が
    世界に降る

    固く締まった
    雪を溶かして

    枝先の
    頑な蕾を揺らして

    「春が来たよ」

    「もう起きろよ」

    元気な声が
    皆を起こす

    待ちきれないのかい?
    春の雨

    ひと雨ごとに
    春が近づく

    雨が
    世界を変えていく


    出先です。

    朝から雨です。

    少しずつ雪を溶かしては、
    枝先を揺らしながら
    凍りついた地面を
    潤しています。

    暖かい雨

    それでも、私には寒いです。

    あとお昼まで、数時間。

    ようやく10時を過ぎたので

    場所を変えて
    午前授業の娘を待とうかな…

    時間をどうやって潰すか?

    カキカキしながら
    考えてました←

    もう、雨しか降らないよね←

    大丈夫だよね!

    大雪前に咲いてた
    福寿草

    そういえば、見かけない。

    帰ったら、探してみよう。
    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する