花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    【詩文】「双子のさくらんぼ」


    「大好きっ!」って、背中から、抱きしめたら……

    あなたは、照れてしまうのかしら?

    それとも苦笑いかしら?



    待ち合わせは、午前10時

    雪の降るホワイトバレンタイン・デート。

    ほんの少し
    電車が遅れて

    ほんの少し
    待ち合わせに、急いで走った。

    とびっきりの笑顔で「遅れてゴメン!」のつもりが…

    あなたの姿を見つけたら、
    いつの間にか、背中にダイブ。

    幸せ笑顔で
    「大好きっ」
    にすり替わる…

    まだ、私のパスケースに入ってる。
    双子のさくらんぼのおまじない。

    ひとつは、アナタの名前

    もうひとつは、わたし。

    はじめて願ったおまじない。

    三年目のバレンタイン。

    叶っても
    捨てられない双子のさくらんぼ。

    見つかったら、恥ずかしいな。

    だけど、捨てるに捨てられないんだ。

    なんだか二人の関係が、壊れちゃう気がして……捨てられないんだ。

    大好きなあなたに
    ナイショのわたしの小さな秘密。

    仲良し双子のさくらんぼの秘密。
    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する