花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【中編】現代パラレル「デリバリーサンタ」3

    時計の針が、20時をさした。

    「……夕鈴。
    迎えに来たよ。」

    スーツ姿の黎翔さんが、夕鈴に微笑む。

    「黎翔さん!
    ありがとうございます。」

    「今、着替えてきますから、ちょっと待ってて下さいね!」

    駆け足で、店内に入る夕鈴。







    数分後…

    「お疲れさまでした!
    お先に失礼します!」

    元気良く、店から出てきた夕鈴は、
    にこやかに、黎翔さんに微笑む。

    「迎えに来てくれてありがとうございます、黎翔さん。
    でも、忙しいのに毎日、お迎えなんて申し訳ないです。」

    「これくらい、大丈夫だよ。
    バイトお疲れさま、夕鈴。
    じゃあ…帰ろうか?」

    「その前に……」

    チュッ…

    先ほど浩大が口付けた指先に、黎翔は、上書きするように甘く口付けた。

    「……な。」

    真っ赤な顔の夕鈴に、妖しく微笑む。

    「消毒!」

    動揺を隠せない夕鈴に、満足げな黎翔が囁く

    「さあ、家に帰ろう!」









    それを見ていた浩大。
     


    「アレ…絶対、さっきの見ていたってことだよな……」

    「……夕鈴ちゃん、気付いてないよな…」

    「…………強奪は、無理っぽい!?」

    浩大は、引きつった笑いで、二人を見送った。

    続く


    2015.12..23.改訂
    2013.12.25.初稿
    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。