花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    【短編】現代パラレル「アドベント☆カレンダー」

    【注意事項】
    ※作りかけの放置を加筆したので、いろいろと難アリですが、
    ご容赦ください。
    ◆現代パラレル
    ◆黎翔社長と女子高生夕鈴
    ◆おばかネタ

    あと半日で、アドベントdayに入る日曜日。

    家で寛(くつろ)ぐ夕鈴のもとに、宅急便で小包が届いた。
    差出人の名は、黎翔さん。
    中身は、ヨーロッパの某チョコレート菓子専門店限定のアドベント・カレンダーだった。
    24日と25日には、手書きで…

    「予定を絶対に空けておいてね←
    一緒に開けよう!!」

    と黎翔さんの字で、書いてあった。

    昨年のクリスマスは、危うくそれぞれ一人で過ごすところだった。
    風邪をひいてしまった親友・明玉の代わりに
    ピンチヒッターで、ケーキ屋さんのアルバイトをしてたから。

    今年こそは、恋人らしいクリスマスを過ごしたい。
    明玉は、今年はケーキ屋さんのアルバイトをしないって、言っていたし。
    黎翔さんへのプレゼントの用意もしてあるし




    ところが……
    ここ数ヶ月、お互いの予定が合わず、すれ違いの日々。
    クリスマスのデートの予定さえ、話せない。

    「毎日、声が聞きたいよ!」

    そんな年上の彼の電話の声を、
    不謹慎だけど、私は可愛いなんて思ってしまう。

    12月前に届いた
    アドベント・カレンダー。
    聖なる夜を祝い…心待ちにするカレンダー。

    毎日、一つづつ開けると、甘いチョコレート・トリュフが一個入ってる。
    甘いチョコを、食べる毎に、クリスマスが近づく。
    日を追う毎に、黎翔さんの手書きの日にちが近づく。
    開けた窓が増えていく。
    指折り数えて、イブを待つ。
    黎翔さんとのデートを楽しみにしながら……







    あと、一週間でクリスマスという日。

    朝から鳴り止まない一本の電話。
    それは、親友・明玉からの電話だった。

    「おはよう、明玉。
    朝から、どうしたの?」

    「たすけて、ゆうりんっ!!!!」

    「えっ!!!
    明玉、どうしたの?」


    …続く

    2015.12..23.改訂
    2013.12.27.改訂
    SNS 12/18up
    2013.11.30.初稿

    ここで、切る私。←ヒド
    続きは「デリバリー・サンタ 1 」に続きます。


    関連記事
    スポンサーサイト
    1433:管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2013.12.19 08:51 # [EDIT] 返信
    1434:管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2013.12.19 08:54 # [EDIT] 返信

    管理者にだけ表示を許可する