花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    【詩文】地上の月

    蒼を纏い月が駈ける

    藍色が深まる狭間の時を……

    空に消えそうなか細い弓張り月

    藍を増した空に
    冷たい輝きを放つ

    地上の私は
    空を見上げる

    暮れなずむ空に浮かんだ
    冷たい月を見上げ
    僕は両手を伸ばした

    あの美しくも冷たい月が欲しい。
    手にいれることができたのなら
    君を手に入れることができるだろうか?

    天上の月を見上げ
    地上の月を想う

    あと少しで届きそうな月は
    本当は、とても遠く届かない

    夢を夢のままにしてはいけないと心が騒ぐ

    「諦めろ!」
    風の声に逆らう

    足掻く僕は諦めない

    地上の月を手に入れるためなら



    分室ストック放出
    2013年
    11月06日
    21:43
    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する