花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    【短編】現代パラレル・11/22は、いい夫婦の日「銀杏坂」

    冷たい木枯らしの吹く
    銀杏坂を二人で登る。

    途中、渦巻く風が
    吹き抜ける晩秋の坂道

    「ほら…手を貸して!」

    黎翔さんの呼びかけに
    私は、片手を差し出した。

    「……?」

    夕方の買い物帰り。

    私たちは、家路へ急ぐ。
    二人寄り添いながら……
    我が家へと急ぐ。

    私の片手を、黎翔さんは握りしめたまま…
    そのまま…自分のコートのポケットへねじ込んだ。

    「これなら夕鈴、寒くないよね……」
    少し、照れを隠して
    ぶっきらぼうに話す横顔が赤いのは
    きっと夕陽のせいじゃない。

    私は、黎翔さんの優しさも温もりも嬉しくて
    頬を染めて微笑んだ。
     
    選んだ人は、間違いじゃなかった。
    些細な幸せに心が、綻んでいく。

    いつの間にか、夕暮れ時の一番星。
    眩しく輝く宵の明星。

    昨年までは、この坂を登ったら、それぞれの家路に別れて行ったけれど……
    今年は、同じ家路へと急ぐ二人。

    暮れなずむ群青色した空に、深みを増した銀杏の黄色。

    「夕鈴、寒くないかい?」

    優しく気遣う黎翔さんの言葉。

    「黎翔さんが、ずっと温めてくれてるから寒くないですよ!」

    どこまでも、心配性な夫に私は微笑む。
    もう少しで、我が家に着く。

    「早くおうちに帰ろうね」

    あなたの家族となることが、こんなに嬉しいものだったなんて……
    小さな幸せに私は、ほわんと心が温かくなった。

    「はい。黎翔さん!!」

    私は、幸せいっぱいの耀く笑顔と共に
    黎翔さんのポケットの中で、
    繋いだ大きな手をキュッと握り返して合図を送った。

    SNSのパラレル・コミュで、昨日から9日間限定で
    「11/22、いい夫婦の日」で限定とぴしています。
    そこにUPした、書き下ろしを手直ししたもの。
    だいぶ加筆したから、雰囲気変わっていますね。

    坂道は、捏造。
    夏に遊びに行った、函館山のイメージです。
    坂道は、登れない・・・・
    きつぅ・・・・
    冬は、きっと海風で寒いんだろうな。
    そんなイメージで作りました。
    この二人は、どこまでもしあわせいっぱいなんでしょうね。









    週末体調・精神どん底だったので・・・・ちと浮上。
    とにかく元気でいるフリをするのも疲れてました。
    お詫び
    すいません。・・・・・また死にかけてました。
    すごーーく気を使って、昏々と寝てたのに、何で???
    週末だったから、病院間に合うかなとマジ変な心配してました。
    本気で、土日ブログ畳むかと考えてました。
    畳まなくてよかった。

    関連記事
    スポンサーサイト
    1406:管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2013.11.16 09:50 # [EDIT] 返信
    1408:らっこさん 2013.11.14.拍手コメントありがとうございます。

    見ましたの印v-22

    メールもありがとうございました。
    ご心配おかけしました。

    ご利益ありますように!!!
    なむなむ・・・

    2013.11.17 11:31 さくらぱん #- URL[EDIT] 返信

    管理者にだけ表示を許可する