花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    【詩文】「心の空」 ※狼陛下関係なし

    悲しくもないのに
    涙が零れた

    嬉しくもないのに
    笑いが零れた

    なんだかなぁ…
    もう疲れたな。

    空回りだけの自分。
    何もかもがイヤになる。

    何のための涙だろう
    何のための笑顔だろう

    あなたの気を惹く偽りだったら、こんなのいらない。

    心に天気があるのなら
    きっと土砂降り前の鉛色

    心の中の
    小さな私が呟いた

    今にも降り出しそう鉛色の空に呟いた。

    明日は綺麗な空が見れるかな?
    関連記事
    スポンサーサイト
    1395:管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2013.10.14 15:17 # [EDIT] 返信
    1396:慎さん 2013.10.14. コメントありがとうございます。

    見ましたの印v-344

    慎さん
    お久しぶりです。
    お返事遅くなってごめんなさい。

    分館作っていました。
    息苦しい時や曇り空ってありますよね。

    誰にもあるのだし、青空も必ず訪れる
    綺麗な虹が慎さんも見られますように。

    某所某方から聞きました。
    またまた新作を練っているそうですね。
    楽しみにしています。
    頑張ってください。

    2013.10.18 11:39 さくらぱん #- URL[EDIT] 返信
    1397:管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2013.10.18 12:41 # [EDIT] 返信
    1398:Fullむんっさん 拍手コメントありがとうございました。

    見ましたの印v-344

    Fullむんっさん 
    お久しぶりです。
    お返事遅くなってごめんなさい。

    分厚い雲の上は澄み切った空と太陽ですよね。
    きっとFullむんっさんが虹を連れて来てくれるはず。

    煮詰まってます。
    アレで・・・・
    突破するまでのもやもや・・・筆止まってます。
    あともう少し
    頑張ります。 

    2013.10.18 12:47 さくらぱん #- URL[EDIT] 返信

    管理者にだけ表示を許可する