花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    【詩文】『秋雨―あきさめ―』

    ようやく咲いたばかりの
    秋桜(コスモス)の薄紅(うすべに)の花

    花芯も黄色く
    花弁も艶(つや)やかに咲いたのに……

    冷たい秋雨(しゅうう)にうなだれて…

    濡れた花弁から
    冷えた雫を光らせる

    しとしとと降りしきる雨
    いつ止むとも知れぬ鉛雲(なまりぐも)

    ひと雨毎に秋が近づく

    秋雨(しゅうう)に磨がれた彩りで
    野山が 華やかな錦に染まる

    冴える彩りの美しい季節の到来
    秋雨(しゅうう)に打たれた季節を愛でる

    刻々と変わりいく季節を感じる。


    2013.10.05.さくらぱん
    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する