花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    『桜の刻印6』・幕間・(失態・黎翔さんVer.)

    今度は黎翔さん目線でどうぞ!


     ・幕間・(失態・黎翔さんVer.)

    夕鈴さんが通り魔に切り付けられた。
    それを見た瞬間、私の目の前は真っ赤に染まったんだ。

    ・・・そのあとのことはよく覚えていない。
    気が付いたら通り魔をねじ伏せている自分がいた。


    夕鈴さんの傷は結構深くて、全治1か月、
    そのあともリハビリが待っているらしい。

    夕鈴さん、一人暮らしなのに
    利き手使えないんじゃ大変だよな・・・

    それに、いつも無茶はしないでくださいってお願いしているのに。
    ・・・約束を破ったんだからお仕置きしなくては、ね。


    へんなこと?
    へんなことはしないさ。
    エッチなわけでもない。

    ただ、愛しているんだ。
    あなたを愛する行為は変な行為でもエッチなわけでもないだろう?
    愛しているんだから自然な行為。
    まぁ、お仕置きを兼ねているけれど、ね。

    さぁ、覚悟してね。
    いくら信頼してるからって狼の巣に乗り込むのが
    どれほど危険なことか、その身に一月かけて教え込んであげるからね。


    ふふふ。
    さぁ、楽しい一月の始まりだ。


    はっち作
    関連記事
    スポンサーサイト
    1354:ごめんなさい(汗)

    ここ暫く、読み逃げ状態でした。
    いえ、元気ですよ(^^)b 色々有りましたけど、
    通常範囲内でしたし。

    でも、ごめんなさい!
    サブタイトルの 【失】を【変】と読み違えました!
    いや、ホントにごめんなさいm(_ _)m

    久々のコメントがこんなんで(汗)
    疲れてる… のかな?
    そんな訳無い、ハズだけどな。

    失礼しましたm(_ _)m

    2013.10.04 16:20 Fullむんっ #- URL[EDIT] 返信

    管理者にだけ表示を許可する