花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    【長編】『楼蘭―風の行方―』 52  ※要注意!古代パラレル

    楼蘭



    ストゥーパの長い影が、楼蘭の水源の湖にかかる。
    砂漠を渡る風は湖で冷やされ、夕鈴の髪を優しく乱した。

    はしばみ色の大きな瞳は、わずかな光を残して消えようとしている
    砂漠の太陽を見詰める。

    物心ついたころの一番古い記憶と何一つ変わらない夕暮れ
    悠久の時の流れを感じる楼蘭の街並み。

    墨流しの空に、美しい一番星が光り輝く。
    過去と変わらぬ星の光。

    日中の謁見の緊張感も今は、ほぐれ……
    穏やかな暮れなずむ空を、ただ…静かに見守る夕鈴姫。

    かけひき上手な漢の将軍。
    ロブ=ノールで別れ、きちんと約束を守ってくれた黎翔国王。

    真昼の強烈な残像が夕陽と共に静かに消えていく。

    ほぅ……

    思わず零れた夕鈴姫の安堵の溜め息は、風にかき消され儚く消えた。











    最後の一条が砂漠の向こうに消えた頃。

    夕鈴姫は、ふと気がついた。
    どこからか聞こえる馬頭琴の寂しげな音色…

    物悲しく心震わす琴(きん)の音色は、間違いない。
    父…比龍王のもの。

    母を想い、奏でられる馬頭琴に誘われるように、
    夕鈴姫は自ら王宮の湖へと、せり出した四阿の方へ
    吸い寄せられていくように自室を抜け出した。


    馬頭琴の音色が流れる四阿に居たのは、やはり父・比龍王だった…

    自分と同じ金茶の髪を、しっとりとした夜風に靡かせて、琴を奏でている。

    謁見では、親子としての対面を、あまり実感出来なかった夕鈴姫。
    四阿の入り口で改めて、父王を見つめた。

    髪に白いものが混じり…
    王としての激務からか、その顔に深い皺が刻み込まれていた。

    年老いた父。

    幼き頃、武帝から隠し
    王宮から逃げるように立ち去った楼蘭。

    その間、夕鈴姫は父王とは、ほとんど会えなかった。

    父と会えない分だけ、武帝から身を隠せた。
    知らぬ間に父から自由を貰った。

    年老いた父を見つめる夕鈴姫。

    会えなかった日々。
    淋しかった離宮での想い出。

    私以上に妻も子も居なかった父は、どのような日々を一人王宮で過ごしていたのだろうか?

    こんな風に馬頭琴をかき鳴らして
    淋しさを紛らわせていたのだろうか?

    いつの間にか夕鈴姫の両頬を静かな涙が濡らしていた。


    四阿の入り口で近づくことさえ出来ない夕鈴は、
    父王を見つめて、ただ一人涙するのだった。


    ……53へ 続く



    2017年 02月21日改訂
    2013年 09月26日初稿


    長らくお待たせしました。
    新章スタートします。

    少し古いお話ですが、自分にしか書けない物語があるよねという話題を白友さんとしていました。

    私にとって、楼蘭がそれに当たります。

    私が書かなければ、誰も書けない。
    それは、読みたいから困るというような会話だったと思います。

    刻んでもいいから続けて欲しい。
    そんな会話で終りました。
    そんなやりとりを思い出して、浮かんだところまで書けたらいいなと思っています。

    自分でも内容を忘れてしまったので、纏めてみました。
    復習後に、新章を読むことをオススメします。



    それでは、楼蘭の世界をお楽しみください。

                        さくらぱん
    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する