花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    【短編】『水盤』 ifもしも夕鈴が投獄されたら

    重い空気が身体に絡みつく

    身動きさえ取れない
    蒸し暑い夏の午後

    緊張感から冷たい汗が背中に流れる
    貴方の一挙手・一動に私は目が離せない。

    重い掛け金がガチャンと掛けられ
    王を謀った罪で投獄された

    確かに貴方に雇われたはずなのに
    身に覚えの無い濡れ衣で
    陽の射さぬ地下牢に閉じ込めたのは何故?


    私は、貴方を信じて協力していただけなのに・・・・



    水盤に、水滴が落ちる
    小さな漣の波紋が出来る


    どうして・・・・と口に出せずに
    未だに「愛している・・・」と愚かにも思うのは何故なの?


    辛そうに私から紅の視線が反らされる
    真っ直ぐに、もう私を見つめてくれないの?
    それがこんなにも哀しい。


    いっそこの身から
    貴方へと脈打つ心臓を取り出して
    私の時を早く止めてよ。


    投獄された時のままの妃の衣が物悲しい

    水盤に私の涙が零れ落ちる
    簡単に歪む 水面
    重苦しい時が流れる


    身分も何もかも偽りがばれた私に
    王である貴方は情けは掛けられない

    冷酷非情な狼陛下
    ここに貴方が来たということは

    王としての役割を果たすため
    貴方、自らが私の時を止めに来たの?

    擦れた声が呟いた言葉

    「・・・・・・へ・いか。」

    ……好きです。

    ……信じてる。

    伝え切れない気持ちを飲み込み






    ただ一度だけ貴方の名を呼ぶ。
     
    最初で最後であろう貴方の名を。

    「……黎翔さま」

    ……愛しています。

    秘めた想いを込めた貴方の名前。

    ほろりとはしばみ色の大きな瞳から涙が一滴頬を伝い、流れ落ちた。







    人払いがなされた。

    陛下と私の他には誰も居ない。
    誰も居なくなった地下牢に何処からか水滴の音だけが響く……。





    「夕鈴……すまない。」


    ひざまづく陛下は私を抱きしめる。


    「ここから、逃げてくれ!!!」
    「私の為と思うなら、夕鈴ここから逃げてくれ!!」


    「このままでは、君を殺めなくてはならない。」
    「私は君を殺めたくない。」


    「皆に、準備を整えてもらった。」
    「白陽国から出るんだ」

    辛そうに震える陛下の声
    抱きしめられてその顔が見えない。


    「夕鈴……守ってやれなくてごめん。」

    「……生きろ!!!」


    王でない黎翔としての悲痛な叫び。


    「……浩大。」
    「任せたぞ!!!」

    陛下から引き剥がされて
    ふらつきながら地下牢から連れ出された。

    一度だけ振り向き、最後に私が見たものは
    地下牢に一人佇む……孤高の狼陛下。

    私の守りたかった王
    厳しくて国を思うばかりに偽りの仮面を被る
    とても優しくて淋しがりやの私の愛した王さま


    ――――もう二度と逢えない。
    私の愛した貴方をこの目に焼き付けようとしたけれど……
    溢れる涙で、像が滲む。

    私の愛した王を想い、王の望む未来へと足を踏み出す。
    連れ添う浩大に袖をひかれ……共に隠し扉から闇に消えた。




     



    地下牢にたった一人佇む狼陛下。


    かつての妃に言葉にならない言葉で呟いた言葉は
    「……愛している」

    唯一心から望んだ娘に伝えたかった言葉は
    彼女に届くことはなく……静寂の空間に飲み込まれ融けて消えた。

    愛した娘の消えた方向を
    彼はいつまでも何時までも見つめていたという。


    ◆◆◆

    荒いです。
    思いつくままの一発書き。
    後で直そう。
    関連記事
    スポンサーサイト
    1141:ドキドキ

    あわわ(汗) どうなってしまうの?

    王様がらみの悲恋物では、最悪バッドエンドと私が思ってる『ファラオの墓』の蛇王とナイルの件にならないかと、ドキドキしました~(>_<)

    『ファラオの墓』なんて、ご存知ですか?←メッチヤ古い話なんでもけど(汗)

    2013.08.19 17:34 Fullむんっ #- URL[EDIT] 返信
    1142:Fullむんっさん 8/19 コメントありがとうございました

    見ましたの印v-344

    ごめんなさい。続きは考えて居ないんです。
    ふ・・・と、市井とばれたらどんな言い訳も通じず
    貴族・大臣達の餌食にあうのだろうなと。

    降ってきたタネのままに書いてみました。

    水盤→重い空気→牢獄→地下牢・・・・と。
    途中、牢でピンクな手篭めも想像して、慌てて軌道修正。
    悲恋のすれ違いで纏めました。

    『ファラオの墓』ですか・・・・ストーリーは知らないんです。
    読んだのかもしれないけど、覚えていない。
    絵は特徴的で儚げなので覚えているのですがね。
    Fullむんっさん こんな程度でゴメンね。悲恋なのね。

    2013.08.19 19:51 さくらぱん #- URL[EDIT] 返信
    1145:管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2013.08.20 06:26 # [EDIT] 返信
    1146:生原稿: 【短編】『水盤』一発書き

    重い空気が身体に絡みつく

    身動きさえ取れない
    蒸し暑い夏の午後

    緊張感から、冷たい汗が背中に流れる
    あなたの一挙手・一動に目が離せない。

    重い掛け金がガチャンと掛けられ
    王を謀った罪で投獄された

    貴方に確かに雇われたはずなのに
    身に覚えの無い濡れ衣で
    陽の射さぬ地下牢に閉じ込めたのは何故?


    私は、貴方を信じて協力していただけなのに・・・・



    水盤に、水滴が落ちる
    小さな漣の波紋が出来る


    どうして・・・・と
    口に出せずに
    未だに愛している・・・と
    愚かにも思うのは何故なの?


    辛そうに、紅の視線が反らされる
    真っ直ぐに、もう見つめてくれないの?
    それがこんなにも哀しい。


    いっそこの身から
    貴方へと脈打つ心臓を取り出して
    私の時を早く止めてよ。


    投獄されたままの
    妃の衣が物悲しい

    水盤に私の涙が零れ落ちる
    重苦しい時が流れる


    身分も何もかも偽りがばれた私に
    王である貴方は情けは掛けられない

    冷酷非情な狼陛下
    ここに貴方が来たということは

    王としての役割を果たすため
    貴方、自らが私の時を止めに来たの?

    擦れた声が呟いた言葉

    「・・・・・・へ・いか。」

    ……信じてる。……愛してる。…・・・好きです。伝え切れない気持ちを飲み込み
    ただ貴方の名を一度だけ呼ぶ。

    「黎翔さま……」

    最後の時にひとつだけ、「愛しています。」秘めた想いを込めた名を。

    ほろりとはしばみ色の瞳から、涙が一滴頬を伝った。


    人払いがなされた
    陛下と私の他には誰も居ない。

    人の居なくなった地下牢に、何処からか水滴の音だけが響く……。


    「夕鈴……すまない。」

    跪く陛下は、私を抱きしめた。

    「ここから、逃げてくれ!!!」
    「私の為と思うなら、夕鈴ここから逃げてくれ!!」

    「このままでは、君を殺めなくてはならない。」
    「私は君を殺めたくない。」

    「皆に、準備を整えてもらった。」
    「白陽国から出るんだ」

    辛そうに震える陛下の声
    抱きしめられてその顔が見えない。

    「夕鈴……守ってやれなくてごめん。」
    「……生きろ!!!」


    「……浩大。」
    「任せたぞ!!!」

    ふらつきながら引き剥がされて
    連れて行かれた最後に私が見たものは
    地下牢に一人佇む孤高の狼陛下

    その王が
    かつての妃に呟いた言葉は

    「……愛している」

    彼が唯一愛した娘に伝えなかった言葉は
    静寂の空間に溶けて消えた。

    愛した娘の消えた角を
    何時までもいつまでも見つめていたという。


    ◆◆◆

    荒いです。
    思いつくままの一発書き。
    後で直そう。

    2013.08.20 08:59 さくらぱん #- URL[EDIT] 返信
    1147:ちょっとだけ

    「ファラオの墓」本筋は、○○国戦記 戦記物… で良いのかな?
     軍事大国の王(蛇王)と、その王の気まぐれで滅ぼされた小国の、生き残った第二王子(主人公)のお話。
     蛇王の恋物語は、そのほんの一部です。滅ぼした側の王と、主人公の妹王女の恋と来れば、自ずと結末は知れますよね?
     だから悲恋と言うか、悲劇?ラストは壮絶… とも。 何て言うか、さすが竹宮恵子先生、容赦無しです。色々と(笑)
     でも、全編通して一番印象的な所でしたよ。だって、ストーリーは殆ど覚えているけど、名前覚えているのスネフェル(蛇王)とナイルキア(王女)だけなんだもの!←酷い!
     

    2013.08.21 00:19 Fullむんっ #- URL[EDIT] 返信
    1148:Fullむんっさん 8/21 コメントありがとうございます。

    見ましたの印v-344

    ほうほう・・・・そうだったのですね。
    主軸でなかったのですか!!!びっくり!!!
    読んでみたいなー
    Fullむんっさん 追加情報ありがとうございます。

    2013.08.21 10:12 さくらぱん #- URL[EDIT] 返信

    管理者にだけ表示を許可する