花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    【短編】現代パラレル『2013・蛍』※からあげ様のイラストつき

    「蛍……、綺麗ですね。」

    「ああ、綺麗だ」

    「幻想的で……素敵だね。
    君と二人で、見れて良かった。」

    「だけど・・・蛍より、君の方が綺麗だ。」
    夕鈴の耳朶に囁く、低音の声。

    チュッ・・・
    私は、耳朶に口付けされて固まってしまう。

    腰砕けそうなその声に、かろうじて耐え
    私は、団扇で真っ赤な顔を隠した。
     




     からあげさん 蛍 



    黎翔さんは、私の耳元で楽しそうに笑う。
    後ろから、ぎゅぎゅっっと抱きしめられて
    私は、ますます頬を染めたのだった。

    ここは、暗いとはいえ蛍の名所。
    あちらこちらに、人が居る。


    (ううっ・・・恥ずかしい。)
    (黎翔さんったら・・・・・もう、人の気も知らないで!!!)



    甘い蛍の夜・・・腕の中の微熱はさらにあがるばかり・・・・。

    ◆◆◆


    パラレル・コミュの『展覧会の絵』で『蛍Ⅰ、Ⅱ』を出品しました。
    『蛍Ⅱ』のインスピレーションで三次イラストを、からあげさんから頂きました。

    すでに『蛍Ⅱ』にはダリ子さんからのイラストを封入、蛍の居ない『蛍Ⅰ』には、からあげさんのイラストはもったいないので、急遽SSSを作りました。

    即興ですので、ライブ感をお楽しみください。

    黎翔さんのこの嬉しそうな顔
    幸せいっぱいですね。


    からあげさんありがとうございました。

    2013.07.29.さくらぱん
    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する