花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    【詩文】『愛の力』※狼陛下関係なし

    自ら、砂金の光を身に纏い
    夜空に月が昇り行く

    すべてを暴き
    全てを晒す
    昼間の陽光と違い

    あまねく地上に
    癒しの光を届ける
    あの月は

    夜は夜のままに
    地上に等しく
    安らぎの影を作り出す。

    見つめられない
    眩しい太陽と違い

    魅せられたように
    見続けることのできる
    夜空の月は

    その光りで私の心に愛を届ける
    柔らかく耀くその光

    この上ない慈愛という
    癒しの光。

    傷つき疲れた心を唯一癒すことの出来るその光

    その光りを守りたい。
    穏やかに耀き、楚々と佇み隠し切れない優しい心で
    皆に、等しく微笑む美しい月よ。

    永遠に絶えることなく耀いて欲しい。

    あの月のような
    私の地上の月よ

    その魅力で私を惹きつけてやまぬ
    愛しの君よ

    永遠に絶えることなく私の傍で耀いて欲しい。
    降りそそぐ月光のような愛の光で
    生涯、私を抱きしめていてくれ。


    2013年
    06月25日
    15:23
    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する