花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    『誓いの口付け』

    本日、プロポーズの日



    初めのころと変わらない

    愛しさだけか込み上げる

    君との口付け

    見詰め合う瞳には、お互いしか見えない

    『ずっと・・・・僕の傍にいて』

    『結婚しよう。』

    滲む視界で貴方が滲む

    「私でいいの?」

    『君がいい・・・』

    『僕と結婚してください。夕鈴。』

    「はい、黎翔さん。」

    ぽろりと零れた大粒の涙。

    抱きあう二人。

    繋いだこの手を離さない。

    甘い口付け。

    誓いの言葉。

    この日、あった出来事を

    僕らは、ずっとずっと・・・・忘れなだろう。

    重ねあう唇。

    抱きしめた腕の中のぬくもりの中

    僕らの耳に、幸せのウェディング・ベルが響いた。



    2013年
    06月02日
    20:26
    関連記事
    スポンサーサイト
    714:管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2013.06.03 10:53 # [EDIT] 返信
    715:らっこさん 拍手コメントありがとうございます。

    コミュで、アイデアの無い頭を絞って絞って出来たものです。
    二人は幸せが、いいです。

    2013.06.03 10:55 さくらぱん #- URL[EDIT] 返信

    管理者にだけ表示を許可する