花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    【詩文】『望まぬ未来』

    高校時代の古いノートの切れ端が出てきました。
    うわ゛っ・・・というほど、設定が分かりません。
    自分のことなのに、忘れております。

    暗い内容です。
    私、女子高だったのですけど・・・

    暗い恋愛に憧れていたのでしょうか?←

    それでもよければ、続きからどうぞ






    『好きです』と言ったところで
    貴方は私に振り向いてくれるのかしら!?


    言葉にしてしまえば それで終わり The END

    だからこのままの関係。このままの状態。
    友達以上恋人未満。
    このままの関係が私達には、似合ってる


    私に笑いかけるその笑顔が好き
    我侭な願いも叶えてくれる貴方


    私のいつまでも片思い
    私だけの内緒の想い人

    だからこそ、この関係を壊したくない
    私の想いは貴方に告げない


    もし、私の想いを貴方が受け止めてくれるとしても
    それは、この関係の終わりの言葉

    きっとこのままの関係じゃいられない
    それは私の望まぬ明日

    だから、私の想いが貴方に伝わる日はこない


    友達以上恋人未満。
    他の娘たちより、ちょっとだけ特別な関係。

    このままの状態が、一番好きだから
    私さえ黙っていれば
    楽しい幸せな日々は続くのだから・・・・








    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する