花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    『幼な妻ーおさなづまー』祭6

    煌めく水の影

    プールサイドには、白い水着姿の愛しい君。

    木陰にまどろむ  かの人は

    健やかな寝息をたてて、穏やかに微笑む

    乾き始めた水着。

    きらきらと零れる水滴が肌を弾く。

    長い四肢を、無防備に投げ出す若い妻の

    目の覚めるような鮮やかな赤

    水際で濡れた足先に

    花弁のようなぺディキュアの華

    ビーチサイドにまどろむ  僕の妻に口付ける

    花弁の華に口付ける

    君の足先を手に取り口付ける。

    ビーチサイドのパラソルの下で・・・




    ????いきなり、南国??

    きゅーーーー???
    意味不明です。


    2013年
    05月21日
    15:47
    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する