花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    【詩文】『朝靄に二人』



    地上に低くかかる朝靄は
    ゆったりと裳裾をひく

    夜が明けたばかりの
    幻想的な爽やかな風景

    微かに吹く風にそよぐ藤花。

    今を盛りに咲き誇る紫色の
    匂いたつような美しさ

    昨夜降った雨に洗われ輝いている

    房重なるその姿
    幽玄なる世界に二人

    朝靄に閉ざされた世界は

    この世界に二人しかいないような錯覚をおこさせる

    君さえいれば…それでいい。

    花の甘い香りに包まれた

    夢と現(うつつ)の世界で
    繋いだ君の指先に
    愛を込めて口付ける

    今日も明日も明後日も…

    この地上の楽園で
    『おはよう』の言葉と共に…



    2013年
    05月16日
    06:36
    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する