花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    【長編】『楼蘭』―再会編―46  ※要注意!古代パラレル

    楼蘭





    流れる裳裾が、わずかな風に翻る 。

    ここは楼蘭王宮の夕鈴の自室。
    懐かしさよりも見知らぬ場所に迷い込んだような違和感に
    夕鈴は苦笑した。

    それだけ離宮で過ごした時間のほうが、長かったのだとということ。
    ただ単に、そう言うことなのだが……


     少しは懐かしさを感じるのは、やはり生まれ故郷だからなのだろうか?

    ロブ=ノール湖からの旅支度を解き、砂漠の砂埃を湯浴みで落とし、
    父王への帰城の挨拶をする為、準備を整えている夕鈴。

    この城には油断ならない漢の武帝の使者もいるという。
    きっと気の抜けない父王への挨拶となろう。
    謁見の間には、その使者も自分を待ち構えているに違いない。

    表情を読み取れ難くするため、幾重にも重ねたベールを夕鈴は女官に指示した。
    私が、本当は漢帝国へと嫁ぎたくないなとど、武帝の使者に気取られてはならない。
    変な噂を、武帝の耳に入れたくない。
    この婚約は破棄してはならないのだから。

    幸い私は、武帝の婚約者。
    主君の婚約者を、マジマジと直視する者も居ないだろう。

    婚約者のいる年頃の娘が、
    他所の男の目から顔を隠すのは普通のことだった。
    夕鈴が幾重にも重ねたベールで、顔を隠すのは使者に対して失礼ではないはずだ。

    蜻蛉の薄羽根のような薄紅色のベールを、幾つも重ねて夕鈴は豊かな表情を隠した。
    夕鈴からは良く見えるが、使者からは、これで夕鈴の表情を窺がい知ることは出来ないはず。

    少女だった頃と違う、女性らしいたおやかさと、優雅さを強調する衣装。
    少女から婚期の女性として成長した姿。
    武帝の婚約者として、楼蘭王国の王女としての存在感を、
    夕鈴は謁見の間に居る者、皆にアピールせねばならなかった。

    それが王宮へ帰城した最初の彼女の役割であり、仕事だった。

    “楼蘭の王女は、武帝との約束を忘れてはいない。
    楼蘭は、帝国との約束を破らない。
    夕鈴姫は漢帝国へ嫁ぐ意思があり”
    との意を夕鈴は、見える形で示さねばならない。

    儀式めいた【帰城の挨拶】
    そんなものは早く終わらせて、早く父と二人きりで話がしたかった。
    気兼ねなく話せるのは、深夜になってからなのだろうか?

    長椅子に座り、漢風の絹仕立ての小さな靴を女官に履かせてもらいながら、
    夕鈴はベールの内側で、そっと気重な溜め息をついた。

    窓から見える、涼やかな木陰も今の彼女を和ませない。
    はしばみ色の大きな瞳は暗く憂いた。
     
    ピリリと……総毛立つような嫌な緊張感が、夕鈴を妙に高ぶらせていた。


    ……再会編・47へ 続く





    2016.03.18.改訂
    2013.04.23.初稿


    忘れていますよね。
    【楼蘭】再会しますが・・・短期再開です。
    今回も短い。続きが気になっていた方、のんびりとお付き合いくださいませ。 さくらぱん

    関連記事
    スポンサーサイト
    2022:

    忘れていませんよ(^^)
    再開嬉しいです。ゆっくりでも待ってますから♪

    2016.03.18 18:38 まるねこ #- URL[EDIT] 返信
    2036:まるねこさんへ

    見ましたの印v-22

    今晩は
    いつも温かなコメントをありがとうございます。
    返信、遅くなりました。←平謝

    > 忘れていませんよ(^^)
    ありがとうございます。
    甘えました。
    > 再開嬉しいです。ゆっくりでも待ってますから♪
    途切れ途切れですみません。
    再開しました。
    またよろしくお願いいたしますね。

    コメントをありがとうございました。

    さくらぱん

    2016.04.22 21:29 さくらぱん #H6hNXAII URL[EDIT] 返信

    管理者にだけ表示を許可する