花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    【詩文】『山躑躅―やまつつじ―』




    山裾に炎が踊る

    鮮やかな朱の花木

    春の野山に

    山肌を這う

    目に鮮やかな山躑躅―やまつつじ―

    新緑の萌ゆる若葉に鮮やかな紅(くれない)

    紅蓮の炎の花に
    目を奪われ

    心踊る春が来る

    燃える思いで
    身を焦がす

    君と寄り添う
    春が来る


    2013年
    04月21日
    16:51
    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する