花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    イラスト 夕鈴のつもり

    コミュニティにあげた一枚

    DSCN1238-20150427.jpg
    スポンサーサイト

    黒龍【長編】果樹の杜 3

    DSCN0532-20150423.jpg
    林檎の花・2015.04.23.撮影


    少し初夏めいた陽気に、黒龍が作りだす風が心地よい。

    荒々しさを増した馬上で、
    私は陛下にしがみつく理由ができて嬉しかった。

    果樹の木々と春の光が織りなす光と影。
    輝く春の景色は、飛ぶように後ろへと流れていく。
    ちょっぴりスリリングな黒龍のスピードは、軍馬ならではの速さで……
    やがて、あっという間に小高い丘の頂上に着いた。

    落馬しないように、しがみつくのに夢中だった私は、
    黒龍の足が止まり、丘の上の目的地に着いたことをしらなかった。

    「夕鈴、着いたよ。
    顔を見せて……」

    優しく声をかける陛下の声に、ハッとして見上げると……
    青空を背に、至近距離で見つめる陛下と目があった。

    「……さっきは、ゴメン。
    君を怖がらせてしまった」

    少し悲しそうな小犬陛下の顔。

    どうしてそんな顔をするの?
    落馬しかけた私が悪いのに……

    「私のほうこそゴメンナサイ。
    陛下と二人っきりで遠乗りなんて
    久しぶりで……一人で、はしゃいじゃって」

    「陛下を怖がってなんかいません。
    陛下に怒られるようなことをしたのは、私ですから」

    「呆れて、
    私を嫌いになりましたか?……」

    私は、心臓が凍るほど冷たい陛下の言葉を覚悟しながら
    「嫌いにならないで…」の願いと共に、陛下をギュッと抱き締めた。

    「嫌いになんか、なるものか。
    ……夕鈴。
    君が好きだよ。」

    壊れ物を扱うかのように優しく抱き締め返された陛下の腕の中で、
    啄ばむような優しい口付けを陛下と交わした。



    嫌われてない。
    陛下が、私を好きって言ってくれるのが
    こんなにも、くすぐったくて…嬉しい。

    私は、心に溢れてくる嬉しさを言い表せなくて
    陛下の優しい口付けに、私も口づけで返した。



    私から陛下に、口付けなんて、王宮では恥ずかしくて出来ないけど。
    ここには、侍女も老師も居ない。
    二人っきりだから……
    少し大胆になれた。

    私からの口付けに、嬉しそうな陛下の顔。
    甘くて拙い口付けの雨に、二人酔いしれていた。

    「陛下……好きです「ああ、私もだ、夕鈴」」

    私たちは、それ以上の言葉は要らなかった。
    お互いの唇の温もりで、互いの愛を確かめあえたから。

    ……続く

    黒龍【長編】果樹の杜 2

    DSCN0528-20150423.jpg
    林檎の花・2015.04.23.撮影

    ……怖がらせてしまったか?

    黎翔の腕の中で小さく震える彼女を、
    彼は切ない想いで見つめた。

    こんなはずじゃなかったのに……
    ただ……彼女と楽しく時を過ごせたらと思っただけなんだ。

    彼女の扱いに、どうしてこうも自分は不器用なんだろうか?

    ようやく心を通わせ、気持ちが通じ合っても尚、
    彼女の気持ちのすべては理解できない。

    思うようには、いかないもどかしさ。
    こんな風にすれ違ってしまうと不安になってしまう自分の心。

    僕らは、ようやく愛を確かめて、
    不器用な愛を育みはじめたばかり。

    些細なほころびが、不安を招く。

    君に笑って欲しくて……
    君を喜ばせたくて。

    彼女に見せたい景色があるんだ。
    願う思い。

    愛しさと優しさと切なさと
    怖がらせたかったわけじゃない。



    ただ、本当に危なかったから。
    君を失ってしまうと思ったから……


    君を失えば
    僕の世界は闇に閉ざされることだろう。
    君は、僕の唯一無二の光なのだから。

    ふと気付くと、太陽は
    もう、あんなに高い位置にある。
    このままじゃ王宮に帰るのが、遅くなってしまう。

    それでは彼女が、怒られる。
    優秀すぎる自分の側近の顔が、チラリと浮かんだ。

    黎翔は、チラッと腕の中の夕鈴を盗み見ると
    小さい両手が、自分の袂を握り締めていた。

    怒らせて……
    怖がらせて……
    嫌われた?

    黎翔に、弱気な気持ちが、うまれる。
    怯える彼女に、なんて声をかけたらいいんだろうか?
    また怖がらせてしまうのが怖かった。

    夕鈴に、かけるべき言葉が見つからなかった。

    彼女には嫌われたくなかった。
    君に対しては、どうしてこんな気持ちになるのだろう?

    夕鈴の小さな震えが、黎翔に伝わるたびに
    彼の不安を煽る。
    小さな罪悪感が、じわじわと広がった。

    「夕鈴、
    このままじゃ目的地に着くのが遅くなる。
    黒龍のスピードを速めてもいいかな?」

    たずなをギュッと握り締めて、
    黎翔はコレ以上怖がらせないように……優しく夕鈴に囁いた。

    彼女は、小さくコクン…と頷いた。

    “是”と理解して、黎翔は、黒龍のわき腹を蹴り上げた。

    「夕鈴、
    振り落とされないように
    しっかり私に掴まっていて!」

    おずおず……と伸ばされた華奢な両腕が、
    黎翔の背中に回された。

    ギュッと抱きしめた彼女の温もりに、
    まだ嫌われていないことを悟ると希望が湧いてくる。

    ヒュッ…と、黒龍の背に鞭をふるうと
    黎翔は風を切って、猛スピードで走り出した。

    駆け抜ける風圧に夕鈴の髪が乱れても
    黒龍の足が早すぎて、夕鈴には、直す暇など無いほどに。

    必死にしがみ付いた陛下の腕の中で
    夕鈴の視界に映ったのは、濃い薄紅色の花々が……木々が……
    残像を残して、ぐんぐんと後ろへ流れていく景色。

    黒龍の力強い軍馬の蹄の高らかな音と共に
    キラキラと光となって流れる景色。

    麗らかな春の日差しを浴びて輝く果樹園の中

    確かに二人と一頭は、駆け抜ける一陣の風になり
    丘を目指して、一直線に駆け抜けていった。


    ……続く



    黒龍【長編】果樹の杜 1

    DSCN0426-20150423.jpg
    桃の花・2015.04.10.撮影




    麗らかな春の陽差し
    昨日までの雨が嘘のように晴れた
    とある日。

    私は、陛下の誘いで王都から離れた
    果樹園に来ていた。

    「夕鈴
    気をつけて」

    「……はい。
    陛下」

    来る途中、花盛りの中紅色の桃の林を抜け
    感嘆の声を零した。

    「……綺麗!」

    ふわりと風に香る
    季節花の芳しい香りを二人で楽しんだ。

    陽射しに透ける桃の花弁と
    澄んだ青空が心地良い。

    「綺麗ですね。
    桃の花を見せに、連れてきてくれたのですか?」

    「違うよ。
    夕鈴に見せたい景色は、あの丘のむこう……」

    「私に、見せたい景色って何ですか?」

    「んーーーー!?
    ……まだ内緒」

    楽しげに、イタズラっぽく笑う陛下は、
    いつもの王宮での狼陛下とも小犬陛下とも違う顔で笑う。

    新しい陛下の顔を知るたびに、私の心臓は“ドキン”と跳ね上がった。
    また貴方に恋をする。

    ( もう、どこまで好きにさせたら気が済むの? )
    照れ隠しで、理不尽な怒りが沸き起こった。

    「陛下。
    もう、そろそろ……
    目的地ぐらい教えてくれても、いいではないですか?」

    馬上ということも忘れ……
    ふくれっつらで怒る私は、陛下の胸をぐいっと押しやった。

    苦笑う陛下は、本当に楽しそうで……
    砕けた雰囲気に、二人の距離が縮んだ気がした。

    「夕鈴、あまり馬上で暴れると
    危ないよ!」

    「このくらい平気です。
    落ちやしません「アッ!」」

    「あぶないっ!!
    夕鈴っ」

    落ちかけた私を、
    陛下は、すばやく抱き止めてくれた。
    ゆっくりとした足並みとはいえ、高さのある馬の上。
    落ちたら只では済まされない。

    助かって、ほっとしたのもつかの間。

    陛下に、ぴったりと身体を抱き寄せられて、
    先ほどよりも、近付いたゼロの距離。

    陛下の腕の中は変わらないというのに……
    このいたたまれなさを、どうにかして欲しい。

    注意されたばかりで落ちそうになったことも拍車をかける。
    私は、とても恥ずかしくなった。

    「ほら、危ないと言ったばかりだ。
    ……ゆーりん
    君は、私の心臓を止めるつもりか?」

    陛下の怒気を孕んだ言葉。
    耳朶に囁かれて、知らず身体が震えた。

    ……怒られた?
    呆れた?

    確かめるのが怖くて、陛下の顔が見れない。
    ぎゅっと、陛下の袂を握り締めて、小さく呟いた。

    「陛下、ごめんなさい。
    ……助けてくれて
    ありがとうございます」

    美しい果樹の森に、私は目を奪われたフリもできない。
    ……だって陛下の腕の中に、深く囚われたから。

    意識しなくとも
    普段よりずっと近い距離。

    陛下の匂い
    陛下の体温を……私は意識せざるを得ない。

    片想いだった頃は、近すぎる距離を仕事と割り切れた
    でも、今は……いまでは

    近すぎる距離に緊張して
    ドキドキと耳を打つ心臓の鼓動が煩い。

    大好きな恋人の腕の中だから……
    意識しすぎて、平常心が保てない。

    陛下と触れた箇所から
    私のドキドキが伝わってしまうような気がして
    緊張感と恥ずかしさで消え入りたくなった。

    ううん、違う。
    この遠乗りが始まった頃からだわ。

    陛下と共に、黒龍の背に揺られ
    陛下に抱き締められて支えてもらった。
    陛下の逞しさを知る度に……
    私の身体が火照り、鼓動が激しくなった。

    わざと景色に意識を向けて
    はしゃいでいないと、この距離に耐えられなくて……

    はしゃぐ私を見つめる
    陛下の瞳に、心焦がされて

    あぁ……どうしよう。
    「好き!」が、溢れて止まらない。

    両想いになった今だから
    貴方に恋する私は「貴方が好き!」を隠せない。

    不器用な私の恋は、何年たっても苦労するのよ。
    だって好きになった人が、たまたまこの国の王様だったのだから…………


    ……続く

    【蜜詩文】宵一夜

    宵一夜
    photo by mazuya


    漆黒の夜空に浮かぶは
    朧月

    淡い月あかりに照らされた
    花の顔(かんばせ)

    夜に紛れぬ
    その色香

    甘く滴る 蜜の言葉を
    耳朶に囁けば……

    絹擦れる音と共に
    零れ落ちる花弁

    伏せられた睫が
    夜気に震えた

    俯き
    袖引いて

    ーー強請る夜

    音も無く
    衣は地に落ちて

    夜宴の蝶は
    君恋し……と、咽び啼く

    今宵も艶美に
    乱舞する 絹の海

    君が散らす
    一夜


    poem by さくらぱん
    2015.03.15..改定 写真添付
    2015.03.14..初稿





    【短編】春風に揺れる花のように……

    コミックス未収録、本誌ネタバレ含みます・・・なのかな。
    それでもよければ、どぞ。





    . 続きを読む

    0402 本日の呟き

    【お知らせ】

    昨日限定で公開した
    エイプリルフールのお話

    4/1限定【捏造短編R?】秘蜜ーひみつー

    分館「秘密の味は蜜の味」にて公開しています。

    読み逃した方は、そちらにどうぞ。

    さくらぱん


    4/1限定【捏造短編R?】秘蜜ーひみつー

    ちょっびりRなエイプリル妄想です。
    たいしたRじゃないですが。
    苦手な方は、ブラウザバックしてください。











    続きを読む