花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    【短編】西の国シリーズ「老師の甘い罠2」

    ……続き

    「夕鈴、ただいま!」
     
    「お帰りなさいませ、陛下!」

    私は、陛下の上着を受け取りながら、
    満面の笑みで出迎えた。

    「今日は、ずっと陛下を待っていたんですよ!」

    「嬉しい言葉だな、夕鈴。」

    「今日は、何の日か知っていますか?」

    「……?
    君の誕生日じゃないし、私のでもないよね?
    分からないな……」

    「ポッキーの日なんですって!」

    「陛下!
    私とポッキーゲームをやりませんか?」

    「夕鈴、ポッキーゲームって
    …………意味、分かってる?」

    「はい!
    教えていただきましたから!」

    「大丈夫?
    夕鈴、わざと負けるの嫌いでしょ!?
    ルール分かる?」

    「大丈夫です!
    私が、勝ちますから!」

    「……それとも私とポッキーゲームをするのは、
     嫌ですか?」

    大きな瞳を潤ませて、僕を見つめる夕鈴。
    こんな時の君は、
    僕を惑わす悪女なんじゃないかと、僕は思う。

    「君がそんなに言うのなら……
     一回だけ。」

    「ありがとうございます!
     では、勝負!」

    キツく目を瞑り、真っ赤な顔をしてポッキーをくわえる夕鈴。
    プルプル震えるポッキーの反対側を僕はくわえた。

    (コレが、宴会の余興と知ったら夕鈴、怒るんだろうな……)

    少しずつ近づく君との距離に、僕は悩む。

    ――――ワザと負ければ君は怒るだろうし。
    君と唇が触れても、泣かれるかもしれない……

    僕の中の悪魔と天使の天秤が激しく揺らめく。

    顔を真っ赤にしながら、必死に真剣になって
    ポッキーゲームをしている夕鈴が、可愛い……

    ……とても可愛い。

    悪魔が囁く。
    このままkissしちゃえ!!

    天使が諭す。
    kissはマズいよ。
    ワザと負けようよ!

    君と僕との真剣勝負。

    僕の苦悩は、ますます深まっていく。
    11月11日は、ポッキーの日。

    悩める青年が元気になれる(はず…)の日。





    ポッキーは、どんどん短くなっていく。
    真剣勝負のゲームの行方は、神のみぞ知る。

    おしまい



    2014.11.11.改定
    2013.11.11.初稿
    スポンサーサイト

    【短編】西の国シリーズ「老師の甘い罠1」

    本日、ポッキーの日。


    白友とんとんさんのお誕生日に遅ればせながら、メッセ書下ろしで贈ったものです。
    こちらにUPの際、少し手直ししました。
    とんとんさん、お誕生日おめでとうございます。
    喜んで頂いて嬉しいです。       2013.11.11.さくらぱん
















    「掃除娘! 
     いいものが、手に入ったぞ!」

    私が、後宮・立ち入り禁止地区の掃除していた時、
    満面の笑顔で、老師が話しかけてきた。

    片手にお菓子らしきものを、
    持っているのに、珍しく食べている様子がない。
    それどころか、私にお菓子を差し出してきた。

    「張老師、どうしたんですか?
    お腹でも壊しましたか?」

    びっくりした私は、
    老師から、お菓子を受け取るとそう言った……

    「ばかもん!
    コレは西の国に伝わる

    “悩める青年が元気になる”

    お菓子なんじゃ!」

    「この日に合わせ、
    陛下の為に、苦労して手に入れた品じゃぞ!」

    「えっ?
    このお菓子がですか?
    普通のお菓子に見えますが……」

    私は手の中のお菓子を、しげしげと見つめた……

    「そのお菓子はポッキーと言って、
    今日11月11日に、特別に食べるもんなんじゃ…」

    「悩める青年…コホン。
    陛下の悩みを少しでも軽くするのが、妃の務め。

    例え、臨時花嫁であっても、
    陛下をお慰めする仕事には変わらないはずじゃ!」

    「このお菓子には、食べ方があってな。
    普通に食べては、悩める青年の苦悩は軽くならん!」

    「陛下を癒やして差し上げたいという
    強い意志が必要じゃ……どうじゃやるか?」

    「へぇ~~
    陛下を癒やせるお菓子なんですね。
    だったら、陛下の為にやります!
    強い意志なら任せてください!

    ……でも、どうすればいいんですか?」

    「やる気になったか!
    苦労してコレを手に入れた甲斐がある! 」

    「やり方は、簡単じゃ!!!
    掃除娘、耳をかせ!」

    私は、張老師から
    ポッキーの食べ方を伝授してもらった。

    悩める青年が、元気になれる
    「ポッキーゲーム」
    なるべく人の多いところで、やると効くらしい。

    内容が内容だけに、恥ずかしいけれど、
    私は、陛下が癒やされるのならと覚悟を決めた。

    もう時間は夕方。
    政務室での務めは終わった。

    「ポッキー」の効力は、今日限定らしい。

    私は「ポッキー」を抱えて、自室へと帰って行った。

    「Good luck 健闘を祈る!」
    そう言って見送ってくれた、
    老師のニヤリとした笑顔を、私は知らなかった。





    …続く 


     


                    011.gif

    【愚痴】……うわぁぁぁんっっっ

    やばいもの、モロ見てしまいました。
    交通事故の後処理の現場。
    続きを読む

    【詩文】家族

    salvia2_L.jpg
    (素材提供☆季節の写真)


    僕の小指を“ぎゅっ”と、小さな手で握り締めて
    たくさんの「初めて」を、僕にくれたね。

    君と家族になった―― あの日。

    生まれたての
    小さな手の温もり に触れ

    春の陽だまりの中にいるような錯覚

    壊れそうな甘い
    優しさと温かさに触れて

    こみあげてくる
    小さな戸惑いと大きな喜び

    初めての感情






    いったい
    これを何と呼べばいい?

    この胸に湧き上がる
    ……君への熱く強い想い

    「愛しい」だけじゃもの足りない。

    ―― dear.君へ。






    なんとなく呟いてみる。

    「はじめまして。
    僕が、君の父親です」

    くすぐったくて温かい感情に満たされた。
    思わず、笑みが零れた。

    だけど、僕の両腕が支える君の重みに、
    不安と重責が混ざり合う。

    こみ上げてきた様々な不安を
    君の泣き声が、打ち消してくれた。

    小さな身体に秘められた、
    とても元気で力強い
    輝かしい未来への希望の声。

    賑やかで
    明るい未来が曙る

    君と父になろう。



    今のこの感情を、ずっと忘れなければ
    どんなことでも乗り越えていける!
    温かな楽しい思い出を、君といっぱい作ろう!
    きっと僕らのこれからの支えとなるだろう!

    たくさん泣いて、怒って
    最後には、笑ってくれないか。
    君の明るい笑顔がずっと見たいよ。
    そんな未来を楽しみにしてるから

    僕らは、時には間違い
    迷うことも
    あるかもしれないけど……

    それはそれで、いいじゃない。
    一緒に悩むつもりたよ。
    君は、僕らの家族だから。

    一つだけ消えない
    揺るがない想い。

    「ありがとう!
    君が生まれてくれて、心から良かった!」

    この感情は、君がくれたもの
    初めてづくしの思い出を重ね
    幸せな家族になろう。

    dear.君へ






    2014.11.10.写真館から転載
    2014.11.08.改定
    2014.11.07.粗書き初稿



     サルビアの花言葉は、「家族愛」 「良い家庭」

    私の震災体験 3  sinyaさんの手記より

    さくらぱんが個人的にお願いして、震災体験のブロ友さんの手記をお預かりしました。
    内容を確認した上で、ご本人様のご好意で、了承を得て手記を公開しています。

    ご本人様の心の整理の為に徒然に書いている実話です。
    問い合わせ・苦情は一切受け付けません。
                                        
    尚、本人のご希望により、地名・ハンネは変更していますが、
    手記の雰囲気を壊さないよう、手は極力加えていません。
    ご了承ください。
                                            2014.06.30. さくらぱん

    登場人物ご紹介

     …心也さん -sinyaさん-手記を書いた本人   sinyaさんの想い
                    震災当日は、出張中で関西に居ました。
                    震災当時、今の奥様との結婚式を間近に控えた20代の会社員                
                    三陸の故郷を愛し、震災で変わってしまった故郷に
                    心を痛めている。
                    それでも変わらないものを探し続けています。
                    未だ 復興にむけて歩む故郷を、少しでも応援したい。
                    当時の体験を、後の世に伝えていかねばならないと考えて
                    手記を「花の四阿」に寄せてくれました。
                    
    彼女…心也さんの今の奥様。当時は婚約者。
                    震災当日は、三陸の故郷に居ました。 

    父親…心也さんのお父さん
                    震災当日は、仕事の関係で東京に居ました。 

    あとは、説明無くても読めるかと思います。

    続きを読む

    【告知】 狼陛下の花嫁・現パラアンソロジー企画

    花の四阿のゲストの皆様へ

    お久しぶりです。
    さくらぱんです。

    新たなBIG企画に乗ることが決まりました。

    来年開催される「白陽国の休日」プチオンリーに
    急遽、アンソロジー本で参加することが、決定しました。

    発案者は、「陛下の花園」おりざさん

    豪華執筆人に驚いております。
    詳しくは、こちらへ
    banner011-thumbnail2.png

    現在、入手アンケートを行っています。
    おりざさんの発案ですから、通販予定の関係かもですね。
    アンケートに協力してくださると嬉しいです。

    「陛下の花園」おりざさんの告知
    heikanohanazono-a1_130519.gif 
    現パラ・アンソロジー、3月15日発刊予定 

     
    banner-1_20141106095530589.png
    白陽国の休日については、こちらから


    尚、現時点で、私が何を寄稿するのか決まっていません。
    本が出来てからのお楽しみです。

    隙間風

    木の葉が舞い散るように……

    剥がれ落ちてゆく想い

    心に空いた隙間を
    乾いた風が吹き抜ける

    寂しくて
    寂しい
    狂おしい想い

    忘れることが、できるというなら、
    今すぐに消し去るのに。

    忘れられるわけないよ……

    鮮やかなseason

    駆け抜けた思い出が、蘇る。

    もう戻れない……
    あの頃に。





    続きを読む