花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    【短編】「花」

    ふわり……


    風に乗り
    何処からか
    迷いこんだ

    光に透ける
    桜の花弁

    淡い薄紅色に染まる
    花を見て
    君を思いだした。

    なんだか急に
    会いたくなったら
    居てもたってもいられない。

    花枝を
    ポキンと、手折り…

    花を片手に
    後宮へと足が向いていた。

    君の花の笑顔を見る為に……
    スポンサーサイト

    【短編】「陽だまりの場所」



    暖かな日差しが降り注ぐ

    ……桜の四阿
    キラキラと薄紅の光が、舞い踊る

    ――――君と共に至福の時。



    cimg_2014032701580422c.jpg 

    (2014.03.27.イラスト絵師ダリ子様)

    君が幸せに、微笑むから……
    僕もつられて笑うんだ。

    ふるふると……
    薄紅色の彩る雨が、舞い踊る

    君と私に、降り止まない祝福の花びら
    ――――君が居るから、ここは僕の陽のあたる場所。

    心の奥底で、永遠の眠りについてたはずの
    我侭な、もう一人の自分が目覚めた。

    かつて見た
    夢の続きを見ているよう……

    願うことさえも、許されなかった
    温かな僕の居場所

    望んでも手に入れられず
    欲しくても、諦めることしかできなくて… …
    泣き疲れて、心の奥でうずくまっていた、あの頃

    もう一人の僕は、望むものを忘れることで
    穏やかな眠りについたはずだった。

    望んでは、いけないもの。
    僕は王にならなくてはならなくて 甘えることや弱さは許されなかった。

    王は、王でなくてはならない。
    そのためには……
    国を統べることのできる、強さを僕は選びとり
    もう一人の僕は眠りについた。

    歯向かう敵を、噛み殺す強靭な牙を持つ、私となった。

    君という光を知らなかった頃の私。

    狼陛下という畏怖の名で呼ばれた私。






    君と出会えた奇跡。
    君との出会いが世界を変えた。

    いつの間にか、君を好きになっていたんだ。

    僕の瞳に映る世界が、キラキラと輝きだした。

    君が居る……それこそが、僕の確かな光。

    天と地に降りそそぐ 薄紅の彩りの雨

    君という光が、絶え間なく僕に降り注ぐ

    君の居る場所は、僕の陽だまり。

    ねぇ、夕鈴。
    知ってる?

    優しくてあったかい。
    君の居る場所は、どんな時でも居心地がいいんだ。

    君が、僕を満たしてくれる
    凍えた僕を、すぐに温めてくれる

    「……陛下。」

    君が僕を呼んでくれるだけで、
    僕の心が、こんなにも喜びに沸き立つ。

    君が・・・笑うだけで、僕は幸せになれる。

    ――――好きだよ。夕鈴。

    愛することを教えてくれたのは
    君一人しかいない。


    光り輝く世界への扉の鍵は、ただ一つ。
    夕鈴、君自身なんだ。

    僕の愛は
    たった一人。

    ――――愛する君(女性)、一人だけに。



    ************



    ――――――桜の四阿


    あたり一面、まるで薄紅の花の絨毯を敷き詰めたかのよう。


    見上げれば、輝く太陽。
    抜けるような青空を背に
    あなたが、桜の花びら舞い散る景色の中に佇んでいる。

    降り注ぐ陽差しよりも眩しい。
    私だけに向けられる陛下の温かな微笑み。

    美しい空から、幾つもの彩りの雨が私たちに降り注ぐ

    祝福の薄紅の花びら

    ふるり……舞い踊り、

    ふるら……光煌めく

    … 幸せの光の軌跡。

    光輪を受けて輝く、漆黒のあなたの髪にも、祝福の花びらが舞い降りた。

    私の指先が、あなたの前髪に触れる。

    真っ直ぐな視線とかちあった。
    吸い込まれそうな美しい紅い瞳。

    陛下の瞳に魅入られたように、私は動けない。

    私の高鳴る胸の動悸は、速まるばかりで……

    誰にも、気づかれないでと願いつつ……

    「こんなところにも……」

    何気なさを装って、薄紅に頬を染めて、あなたの髪に手を伸ばした。

    サラリと流れた黒髪から
    たおやかに摘んだ繊細な桜の花びら

    ゆっくりと流れる時間に身を委ね、自分の高鳴る心音を聞く……

    少しだけ乱れた心拍数は、確かな温かさで私の耳を打つ。

    「夕鈴。」

    名を呼ばれて、気づけばいつの間にかあなたの腕の中。

    小鳥のように、胸をトキメかせながら、あなたの手に梳かれた髪に
    感じた大きな手のひらの感触に酔いしれる

    あなたの胸の中で、あなたの心音を聞く……

    ドキドキと高鳴る力強い鼓動に
    緊張しているのは自分だけでないと安心するの。

    力強い愛の鼓動に、私の心は、溶かされていく




    お願い…………このまま
    薄紅色した至福の時に浸らせて。

    あなたの腕の中で、私は幸せな小鳥になるの。

    【日記】「3月は別れの季節です。」

    小学校の離任式の準備で、今朝はお花屋さんに花束の注文をしてきました。

    校長先生の引退を含め、三人移動します。

    下の娘カピバラのクラスは2クラス。

    花束も消費税が上がる前とはいえ、路地物の花の少ないこの時期。
    高いですね。それにラッピング・リボン代か?
    それを考えると安いのかしら?

    毎年、少しずつ値上げされている気がします。
    今回は、゜一束2本ぐらいで200円×44人分を作ってもらいます。

    この時期のお花屋さんは、大変大忙しです。
    今朝、久しぶりにお店へ行くと店の中は、春の香り
    特にスイートピーの甘い香りがしていました。

    いい香りで、帰りたくないなぁ・・・・
    そう思いつつ・・・

    目に留まった花を買ってきました。

    カーネーションばかりですが、バリエがあって面白い。

    DSCN0821-20.jpg
    定番の大輪の白いカーネーション

    DSCN0822-20.jpg 
    少し絞りのスプレーカーネーション。
    下部、後ろは、柔らかなピンクフリルのスイートピー


    DSCN0825-20.jpg
    星タイプの色水吸い上げの紫のカーネーション

    当日は、小学校が終わったら、中学校に行かなきゃ・・・

    長女が大変お世話になった担任の先生と、教頭先生が離任するので・・・お別れしてこようと思います。


    何を贈ろうかな。
    今日中に用意しないと。

    だいたい決めてるんですけどね。
    いつも塗り箸贈っています。


    いいものが、見つかるといいな。。。

    【楽し器】 「最近のお気に入り」

    有田焼 賞美堂 其泉(きせん)C&Sを手に入れました。
    複雑な、まるで菊の花のような形です。

    古風でありながら、すっきりしたデザイン。

    どことなく品のあるデザインに魅かれて・・・・

    気がつくと、これにばかり珈琲を淹れて飲んでいる。


    今朝は、チョコレートを添えて・・・
    朝のひと時
    あぁ・・・癒されます←

    DSCN0819-20.jpg

    DSCN0820-20.jpg


    器が好きなので、たとえ小さくとも、陶器市やってると覗きたくなります。
    お気に入りほど、頻繁に使うから割れやすい。

    宿命ですね。

    【日記】「○○観測」

    昨日、東京でも桜の開花宣言がされたというニュースを車のラジオで聞きました。

    よく聞くのは

    桜前線

    紅葉前線

    他に何か観測しているのかしら?

    ふと、疑問に思い…
    答えてくれそうな身近な先生に答えてもらいました。

    まあ…旦那なんですけどね…

    今は、部課がちがいますが…気象台に勤めております。

    動植物の観測は、いろいろやっているそうで…

    タンポポが咲いた日

    黄葉前線(銀杏とか…)

    ツバメを初めて見た日

    トンボを初めて見た日

    黄砂を初めて観測した日

    すっかりお馴染みになった…杉花粉を初めて観測した日

    など、いろいろ観測してるそうで…

    中でも、蝉に関しては、特別らしく

    ミンミン蝉が初めて鳴いた日

    ひぐらしが鳴いた日

    など…結構、面白い。

    (そういえば、関西の蝉は、やたらと大きく鳴くらしいと聞いたことがありますけど、聞き比べたことないのでホントは、どうなんだろ…)

    近年、観測している動植物も個体数が少なくなってきているので、観測が難しいとも聞きました。

    蛇やカエルやテントウムシや蝶々もありそうだなぁ…

    ますます疑問は増えるばかりでした。


    だから、何だと言われれば、それだけのことなんですけど…

    日本列島南北に長い
    自然豊かな日本。

    十年後の未来。

    地球温暖化の影響がじわりじわり……

    観測してる動植物の種類が変わらないことを祈りたいです。

    【写真&詩文】「雲雀・・・・」

    DSCN0813-20.jpg 

    パステルブルーを
    刷毛で掃いたような
    輪郭の曖昧な空


    DSCN0815-20.jpg 

    ようやく暖かくなった風をまとい
    雲雀達が
    春の歌声を披露する

    DSCN0816-20.jpg 

    澄み切った
    晴れやかな空を喜ぶのは
    何も雲雀だけではない。

    私の心も、晴れやかに
    春を喜び、弾みだすのだ。

    【日記】「昨夜から・・・」

    いやいいんですけど・・・

    他家のリンクタグが気になってしょうがなく、検索、不具合解析してました。

    結果、ぷしゅゅゅゅう。

    リンクテスト

    この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
    パスワード入力

    【写真館】「どことなく春めいて2」

    雲ひとつない空は、とても綺麗です。

    DSCN0797-20.jpg 

    青い絨毯のこの花の色は、大好きです。
    DSCN0795-20.jpg 


    いがぐりですが、ヤマアラシみたいです。

    DSCN0807-20.jpg 


    コミュの件

    FC2の詩文コミュ“言葉のチカラ 詩のチカラ ”に、昨年作った「地上の星」を置いてきました。
    テーマは「宝物」

    あなたの宝物は、なんですか

    改めて考えると 1つに絞ることが難しいテーマですね。

    20日に、もう一つFC2のコミュに入ってみました。

    「とにかく空が好き」

    空好きー の為のファンコミュです♪

    特に何をやるわけでないですが、登録してみました。

    あとは……
    SNSで新コミュを立ち上げました。

    “marble-color”

    物語バトン・リレー・コミュです♪

    たくさんの仲間が増えればいいなと思います。

    某SNSの国民の方は、お気軽にお越しください。

    お休み処 双月の店長が、美味しいお茶とお菓子で、もてなしてくれますよ。

    【写真館】「どことなく春めいて」

    おひさしぶりです。
    さくらぱんです。
    某コミュに潜りっぱなしでした。
    楽しくて・・・・

    春を待ち侘びているのですが・・・
    なかなか暖かくならなくて、少し残念です。
    それでも毎日、春を探してしまいます。



    空の色も柔らかな色になったかな?  左端に月が出ていたの気づきませんでした。
    DSCN0783-20_2014032407010810b.jpg 


    梅の花もさきはじめましたが・・・まだまだですね。
    DSCN0786-20.jpg 


    山紅葉も、枝先が色づき始めましたホンとは、。スモーキー・コーラルピンク。もっと赤いんです。色でない。

    DSCN0784-1.jpg



    【日記】春眠、暁をおぼえず…

    とは、よく聞きますが…気づけば、昏々と寝ています。

    コレデハ、マズイ……コエフトル

    そう思うのに昏々と寝てる日々。

    最近は、またコミュニティーが楽しくて仕方ないです♪

    自分で立ち上げたmarbleーcolor“物語バトン・リレー・コミュ”

    みんなの色が楽しいです♪
    遊んで貰って楽しい
    (≧∇≦)

    毎朝、何かしら変わって楽しみです♪

    メンバーの皆さんありがとうございます

    なんでこんなに眠いのかな……

    下手すると数時間しか起きてない生活。

    それなのに、ご訪問ありがとうございます

    【写真】「一日の終わり」

    DSCN0745-20.jpg

    はじめまして
    ふと気づくと、暁ばかり撮影している気がします。
    素人なので、腕はないです。カメラ任せ。。。。
    毎日見ていても同じ色がないのが面白いですね。

    撮影もブログも初心者です。
    二次小説中心ですが、空の写真も少しだけ置いています。
    皆様、よろしくお願いいたします。

    【イラスト】線落書き 黎&夕

    DSCN0762-20.jpg

    【写真・詩文】「一日の終わり」

     


    DSCN0745-20.jpg 

    ゆっくりと沈む太陽を見つめ
    眩しさに目を細める

    幸せに終わる 一日を振り返る

    ほんの少しだけ 眩しい空は
    一日の最後の名残の光で私を射る

    オレンジの暖かな光

    なにもかもを優しく染めあげる
    美しい光

    穏やかな影をつくり
    心を癒していく・・・

    明日は、どんな一日なのだろう・・・
    まだ来ぬ  明日。
    沈む夕陽に問いかける

    ひとつだけ太陽が教えてくれた。
    明日もとっても、いい天気。
    静かに輝き、教えてくれた。

    【写真】「3/17のおはな」

    久しぶりに、居酒屋ランチしてきました。
    お目当ての炊き込みご飯つきの四季膳は、ありませんでしたが日替わりランチはありました。
    ランチタイムぎりぎりだったし。
    半個室のようなテーブル席で一人でも、ゆっくりと楽しむことができました。

    日替わりおはな
    DSCN0749-20_2014031907062808f.jpg


    小指の先ほどの蛍烏賊のお刺身  かわいい♪
    DSCN0750-20_201403190706299b4.jpg


    豆腐の揚げ出し  肉味噌あんかけ

    DSCN0751-20_20140319070631b7f.jpg 


    デザートまでついてます。

    DSCN0752-20_201403190706321b5.jpg 

    パンナコッタとチョコレートケーキ♪  飲み物はアイスコーヒーにしました。

    DSCN0753-20_20140319070632627.jpg 
    一口サイズでも、甘いものあると嬉しい♪
    デザート・飲み物までついて1050円は、お得感いっぱいです。

    おはなは、こちらからどうぞ♪ ぐるなびへ 仙臺居酒屋 おはな

    【イラスト】春一番

    DSCN0759-20.jpg  
     

    【イラスト】「かなめさんへの誕プレ」


    DSCN0767-20.jpg 


    DSCN0768-20.jpg

    *地上の星*


    地上の星 
    (イラスト☆絵師・麻杉慎様)





    私の手の中には、宝物がある

    それは、数え切れないほどの清い心

    それぞれが、
    それぞれに、
    綺麗な耀きを放つ
    私を守る地上星

    ほんのちょっとのことで、
    零れてしまうこの星を

    大事に抱え
    手のひらの中で
    星たちの声を聞く

    “悲しい過去を振り返らないで……
    未来を見つめて”

    “ひとりで頑張らないで……
     一人じゃないよ。
    私は、ここにいるよ。”

    “頑張って、大丈夫だよ。
    ……あなたをずっと応援しています。”

    “あなたを必要としている手が、
    あなたには見えませんか?

    私は、あなたを必要としています。”

    “癒してくれて……ありがとう”

    “楽しかったよ……ありがとう”

    “……ありがとう”

    “ありがとう”

    ともすれば掻き消されるほどの小さな声は、
    私の心を暖める。

    ――――まっすぐ支えてくれる。

    時に……叱咤激励し

    時に……温かく見守ってくれる

    導く……眩しく温かな心強い光

    ――――言葉に出来ない

    この想いが

    また私を暖める

    また私を強くする

    大切にしたい宝物。


    この世界が好きです

    皆さんが大好きです

    こちらこそ、感謝しています

    私こそ 感謝の言葉を伝えたい

    友であるあなたに

    “ありがとう”と感謝をこめて……





    お題は、「宝物」

    続きを読む

    【写真館】花見山4

    赤いボケの花が、綺麗に咲いていました。

    空気まで甘く薫るようです。



    IMG_6117-1.jpg


    IMG_6122-1.jpg


    IMG_6123-1.jpg

    【写真館】 花見山 3

    アルバムでは、うまくガラケーでは閲覧できないのですね。
    やはり、一つづつ記事として紹介しようかと思います。

    ぐんぐんと気温も春めいて
    電車の中吊り広告も、花見山のポスターが張り出される頃。
    花歩き、花散歩をしたくなる虫が騒ぎます。

    行きたいなぁ…と数日呟いて
    じゃあ、行くかと前日決まりました。

    日帰りのコース。

    どんよりと、震災で気分も塞ぎがちな地元を飛び出して

    南の他県「福島市花見山まで」

    車で片道一時間半のコース。

    震災の影響で、いつもより観光客が少ないという前情報を鵜呑みにして近くまで。

    住宅街を抜けて、ほんとにこの道であっているの?

    運転する連れを疑い、曲がりくねった住宅地を進みました。

    おかげで、すぐ目の前の駐車場に停めることができました。

    IMG_6111-1.jpg

    目の前は、菜の花畑です。
    道端に茶屋が軒を並べています。
     IMG_6112-1.jpg

    田んぼの水面に菜の花が映り、綺麗です。

    IMG_6114-1.jpg

    天気も良くて春霞ですね。絶好の行楽日和でした。

    【写真館】「ぽっかりの太陽」

    ほっかりと赤い太陽が昇りました。
    眩しくない太陽です。
    夕陽のように赤かったのに、うまく写せませんでした。

    DSCN0030-20.jpg


    DSCN0033-20.jpg


    DSCN0026-20.jpg


    DSCN0031-20.jpg

    【写真】「ホワイトデー」

    ホワイトデーに連れから、「花兄園」の黒ゴマぷりんをいただきました。

    桜の金箔が、かわいいです。




    DSCN0034-25.jpg


     DSCN0036-25.jpg


    DSCN0038-30.jpg 

    濃厚で美味しかったです。
    他のもあったけど、うたた寝してるうちに全部食べられた。


    仙台駅ステンドグラス前で行われている復興支援フェア
    で買ってきたとか。

    まだ月曜日には、フェアしてるよね。
    買ってこようかな~
    今度は、シフォンケーキ

    続きを読む

    【詩文】「卒業」

    卒業というイベントで、変わり始めた
    私たちの関係


    廻り
    ……廻る
    二人の運命は
    時の女神の悪戯


    幼いままでは
    終わらなくて……

    ずっと閉じ込めてきた感情を
    さらけ出した。


    「キミが好き……」

    「サヨナラしたくない」

    私の淡い初恋は
    キミの卒業で、変わった。
    もう幼いままでは、居られない。

    時の砂時計は、逆さまにならない

    重ねたはずの時は、
    足元から崩れた

    君は、どんどん大人になっていく。

    私は、……思い出にしがみつくばかり。

    まずは私が、変わらなきゃ…

    この恋は、始まらない。

    明日、遠くに引っ越す君に

    「ありがとう」と
    「好きです」を
    伝えなきゃ。

    ギリギリで伝えて、私達はどう変わるのかわからないけれど…

    この胸を熱くする衝動は、幼い頃から変わらない。
    もう、幼なじみじゃ嫌なの。

    「好き」だから……

    溢れる涙と共に
    初めから、私たちを、やり直しましょう。

    関係をリセット。
    君に、この想いを伝えたら…
    “幼なじみ”から
    今度は“   ”何になるのかしら? 続きを読む

    【詩文】「季節時計」

    時を違えず

    花は咲く
    季節時計は廻る

    柔らかな芽を出し
    固い蕾を膨らませ

    花々は今を盛りと
    美しさを誇り
    競い合う

    春は、桜
    はらはら…と
    こぼれ落ちた花弁が
    水面を薄紅色に染め上げた

    夏は、向日葵
    ギラギラと
    燃え盛る太陽と
    真っ青な空に真向かい
    輝く黄金の花弁を 上向く

    秋は、紅葉
    山燃える赤
    鮮やかな錦が、
    人々の目を楽しませ
    彩る季節の終わりを 告げる

    冬は雪
    頬凍る、風の冷たさ
    はらはらと降り注ぐ
    雪原に舞う純白の雪

    季節 織りなす
    にしき綾

    織りなす花弁は
    違えども

    時を知り 美しく咲き誇る

    どこかで 見知った
    記憶に 触れる

    どこかが 騒ぐ
    郷愁を 覚える

    時を 越えて 
    場所を 変えても
    変わらない

    くるくると 世界を変えて
    季節は 美しく廻る

    どんなに 年月を重ねても
    本質は 変わらない

    何億年も
    かわらず織り上げてきた
    世界の不思議

    色鮮やかな四季

    ただ一瞬の 時の狭間に
    垣間見えた 
    色鮮やかな季節に 立ち会う

    2014.03.04.麻杉慎さんへ


    見ましたの印
    続きを読む

    祝46000hitゲストの皆様ありがとうございます

    先ほど、白友であり、ブロ友であるよゆままさんが、46000hitを踏んでくれました。

    ありがとうございます。

    PCトラブルで、モバログだったにもかかわらず沢山のゲスト様に、ご訪問していただきました。
    ありがとうございます

    ふと気づけば、詩文や写真ばかり……
    それでもご愛読してくれるゲスト様のおかげで46000hitを迎えられました。
    記念に、アルバムのページをサイドバーにリンクしてみました。
    アルバムは、一つあたり200枚しか入らないそうで…
    すこし、細分化しないといけないようですね

    アルバムのページも充実させたいと思います。

    これからも、ご訪問・ご愛読していただけるよう、ご心配おかけしないように、のんびり「花の四阿」を更新したいと思っています。

    これからも宜しくお願いいたします



    さくらぱん

    【書庫】アルバム

    大量の写真・イラストが簡易に楽しめます。

    花見山の写真☆アルバム
    IMG_6132-1_20140312092045662.jpg
                 


    狼陛下の花嫁 イラスト☆アルバム 
    DSCN0470-1_20140310083645217.jpg



    2013北海道
    P1000869-1.jpg
     


    空・宙・ソラ☆アルバム
    DSCN1052-20.jpg

    【写真館】花見山2

    花見山は、桃源郷とも言われています。
    福島は、花の名所が多いですね。




    IMG_6168-1.jpg 続きを読む

    【日記】「とりあえず…ご報告」

    いろいろと、皆様にご心配をおかけしております。

    たくさん検査をしてきましたが、とりあえず今までどおり経過観察という結果に終わりました。

    眼圧も正常値。
    眼底検査も、レーザーの治療が、必要なものはとりあえずナシ。

    SNSに入国前と、治療方針は一緒という…
    拍子抜けする結果に…

    (-o-;)冷や汗が止まりません…

    何だったのでしょうか。
    この数週間(>_<)


    お騒がせいたしました。

    モニョモニョは、依然あるんですけど…
    放置っていうか…
    気にしなくて良いと言われました。

    モニョモニョは
    モニョモニョ……

    スッキリしなぁい


    心配は、いらないようです。

    ご心配をおかけしました。 続きを読む