花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    【狼の優しさ】

    真っ赤な月が夜空に耀く魔物の夜
    10年に一度の大運動会が開かれた。

    走る走る金茶の兎
    網を潜り抜け
    平均台も軽々と……
    足に自信のある兎は、皆を置いて一番に飛び出した。

    ……ところが、とあるところで立ち止まる。
    兎の頭上には、ぷらんぷらんと丸いもの。
    障害物競走のラスト○○くい競争。

    兎の獲物は、定番のあんぱん。

    それぞれ皆は、好きなものをぶら下げていた。
    肉に、きゅうりに、瓶詰めの生き血に……
    このままでは、他の魔物たちに追い抜かれてしまう。

    せっかくここまで一番だったのに、
    ぴょんぴょんと飛び跳ねても、どうしてもあと少しで届かない。
    空しくぷらぷらとゆれるあんぱんが恨めしい。
    そのうち涙が滲んできた。

    「……どうしよう。」

    ーーーーーーーこのままだと、ゴールできない。
    呟いたその時。

    ん  きゃああっっっ!!!??

    ふわりと兎の身体が後ろから持ち上がった。

    『見ていられない。これなら、届くだろう?夕鈴』

    「黎翔さんっ!!!」

    冷たくてとても怖いと評判の狼さん。
    夕鈴には、とても優しい。

    『ホラ早く』

    「はっ・・・はいっっ!!!ありがとうございますっ!!」

    ぱくっっっ小さな口を大きく開けて、
    ようやく兎はあんぱんを手に入れた。

    『しっかり、つかまっていてね』

    ・・・・!?!!!

    え!?

    このまま???

    ンキャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!


    早い早い。
    狼は兎を抱えたまま走り抜けた。

    兎を追い抜いた他の仲間たちをあっという間に追い越して、
    一番にゴールテープを切った。 

    無題 
     
      (コミュから転載 2013.11.01.挿絵・ダリ子様)

    狼の用意した肉がコースに残されて
    狼は失格になったけれど。

    気にする様子も無く、兎を抱えたままゴールに佇んでいた。

    「ごめんなさい。私のせいで失格になっちゃいました」

    『気にすること無いよ。君の役にたてたのだもの。それに・・・』

    『一番好物の食べたいものを用意するルールでしょ?』

    『まさか君があんぱんとは予想もしなかったけど。』

    『僕の一番好きなものは、ちゃんとルールに従い持ってきたよ』

    そう言って狼は、兎の頬をペロリと一舐めするのだった。






    変なの降ってきたなぁ・・・・お粗末さまでした。
    一発書き即興なので許してね。



    11/1  昨日、無茶ぶりリクエストでイラストを描いてくれたダリ子さん。
    強奪・転載許可が下りましたのでお披露目いたします。
    ありがとうございました。


    スポンサーサイト

    2013年10月のご訪問御礼

    ご訪問の御礼をこちらにて、お返ししたいと思います

    続きを読む

    【宝物殿】2013年度10月の頂き物

       皆様から頂いた素敵なプレゼント・自慢しちゃいます!!!
    続きを読む

    2013.10月の更新履歴

    こちらにて、2013年10月の更新履歴が辿れます。

    続きを読む

    【イラスト館】『日頃の感謝を込めて』

    最近、こちらの更新が無くてスミマセン。

    日記でもお伝えしましたが、本日めでたく33333hitのゲスト様をお迎えいたしました。

    ありがとうございます。

    たくさんのゲスト様にご訪問していただいて大変嬉しいです。

    皆様、ありがとうございます。

    体調は順調に回復しております。

    これからも花の四阿を宜しくお願い致します。ぺこり。


    2013.10.30.さくらぱん



    IMG_1792.jpg


     IMG_1795.jpg IMG_1789.jpg IMG_1791.jpg

    祝!! 33333hit  ありがとうございます

    今見ましたら、33333hitでした。

    偶然っ、すごーーーい。

    ゲストの皆様ありがとうございます。

    花の四阿・分館『秘密の味は蜜の味』へのご案内

    この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
    パスワード入力

    ちょっとブログ工事中

    【誰も知らない物語】PC・スマホ限定でカテゴリ読みでききるようになりました。

    ・・・・設定・カテゴリの古い順番になっています。

    日付を改ざんしていますので、逆になりますね。

    ページごとですと、逆辿りです。

    直しますのでお待ちください。゜

    しばらく工事は続きます。

    お待ちください。

    お久しぶりですー

    追い込み?
    ふふっシナリオ追い込みです。

    ぷチッ・・・と壊れてます。←

    コミュでハロウィンパーティしています。

    なかなかそちらで遊べない。

    みんな放置でゴメン。

    会場作っただけのずさんな管理。

    一日一枚イラストどうした。くすん。





    いつの間にか、33000人のゲスト様をお迎えしていました。

    皆様ありがとうございました。





    先日撮影した朝の空

    空の色がとても綺麗でした。


    DSCN0548.jpg   




    『誰も知らない物語12』 はこべらさん作

    (――それにしても。)

    少女が出て行った方角を見つめながら、青年は思った。

    (見れば見るほど、あの時の少女に似ている。)

    それは姿形だけでなく。
    人の為にその感情を揺り動かす様が酷似しているのだ。

    「―――。」

    青年は小さくため息をついた。


    **
    「お待たせいたしました!」

    盆に粥の入った椀と薬湯を載せ、少女が戻ってきた。
    少女は青年のいる寝台近くの椅子に腰掛け、卓の上に盆を置く。
    そして粥の入った椀を持つと、匙でひとすくい粥を掬って青年の口元へと運んだ。

    「どうぞ。お口に合えば良いのですが…。どうかなさいましたか?」

    目を見開いて、差し出された匙と少女と交互に見つめる青年の様子に、少女は少し首を傾げる。

    「いや…。自分で食べられる。」

    そう言うと青年は少女から匙を受け取ろうと、体を起こして手を動かした。

    「っっ。」

    動かしたと同時に体に走る痛みに青年が顔をしかめる。

    「無理をなさってはいけません。私に出来ることはさせていただきますから、あなた様はお体を治すことだけ考えてくださいませ。」

    少し哀しげな表情を浮かべながら少女が言う。その少女の様子に青年はしばし押し黙ったが、

    「――君には世話になりっぱなしだな。…では、頼む。」

    と言うと、少女が差し出した粥を口に含んだ。


    **
    少女の献身的な世話の甲斐もあり、数日後には青年は寝台から自力で起き上がれるようになっていた。





    とりあえず、青年が動けるようになりました(^_^;)
    個人的目標達成です

    『誰も知らない物語11』 はこべらさん作

    何とか今月中に青年を寝台から動かしたい…!
    と、自分の中で妙な方向に火がついてしまったので続きを書かせてもらいました。

    **
    遠くから小鳥のさえずりが聞こえる。

    柔らかな日の光を感じた青年は、ゆっくりと覚醒した。

    「―――。」

    「お早うございます。」

    声のする方に首を傾けると、椅子に腰掛けている少女と目が合った。少女は青年の顔色を見た後で、にこりと微笑む。

    「昨日よりもお顔の色が良くなられたようで何よりですわ。
    出来たら粥と薬を召し上がっていただきたいのですが――っ、
    何をなさっているのですか!」

    寝台から無理に起き上がろうとして顔をしかめる青年を、少女は慌てて制止した。

    「何故そのようなお体で動こうとなさるのですか!
    …あなた様は、命に関わるほどの状態だったのですよ!?
    今だって、傷が酷く痛むはずです。
    まだ横になっていてくださいませ!!」

    「…もう大丈夫だ。」

    青年は少女の制止を緩やかに押し返し、再び寝台から起き上がろうとする。

    「―――っっ。」

    少し体を動かすだけでも、激しい痛みが青年の体を貫く。
    痛みに顔を歪める青年を見た少女は青ざめ、必死になって青年に懇願した。

    「お願いです。無理なさらないでください!
    …お願い、ですから…。」

    少女の双眸からぽろぽろと涙が溢れだす。
    それを見た青年の動きが止まった。

    「―――。」

    「…あなた様にとって、この場所はお体を休めるのに不本意かもしれません。
    ですが、もうちょっとだけ、せめてお体の痛みが十分に退くまではこちらでお休みくださいませ。」

    「だが―…。」

    「…どうか、私の我が儘を聞き届けてください…!」

    「―――。」

    瞳いっぱいに涙を湛えた少女の懇願に、青年は無言で頷いた。


    ***
    「では、粥と薬を用意して参りますね!」

    すぐに戻りますから、と言うと金茶の髪をたなびかせながら少女は部屋から出て行った。

    『誰も知らない物語10』 はこべらさん作

    書いて良いのかな~、雰囲気壊さないかなーとドキドキしつつも
    紅珠先生の世界の放つ魅力には逆らえないので、僭越ながら続きをポチポチしちゃいます(^_^;)

    ***
    少女に支えられて床に横たわった後、青年は再び口を開いた。

    「君は――。」

    昔かの地の梅林を訪れたことはないか。
    …あのときの少女なのではないかと言いかけて、青年は口をつぐむ。

    (――聞いてどうするというのだ、私は。)

    仮に目の前の少女が『梅林の少女』だとしても―…。





    「どうかなさいましたか?
    …傷が、痛みますか…?」

    言葉を途切れさせて押し黙った青年を心配した少女が声をかける。

    「いや…。」

    青年の返答に少女は安堵したようで、ほっと息をついた。

    「それならば良いのですが…。無理はいけませんわ。もう少しお休みになってくださいませ。
    次にお目覚めになられたときには粥を用意しておきますね。」


    少女は微笑んで、出来るだけ青年の傷に障らないようにふんわりと上掛けをかけた。

    【近況報告】やっと・・・です。

    やっとシナリオの下書きを完成しました。
    構想から3ヶ月。
    これから完成に向けて更に頑張ります。

    昨日、パラレル・コミュの『はろうぃん・パーティ』限定トピックを作りました。
    『魔女のお菓子』こちらでも公開しています。
    久しぶりの限定とぴ。

    たくさんの皆さんが遊びに来てくれる事を願っています。

    「魔女のお菓子」

    キャラメル★アップル
    パンプキン★パイ♪

    ハロウィーンの甘い魔法

    あなたの為の甘いお菓子

    甘酸っぱいフルーティなお菓子を召し上がれ♪ 



    IMG_1785-1.jpg 

     

    可愛い魔女の君が言う「trick or treatお菓子をくれないといたずらするよ 」

    僕は困ったふりして彼女にポケットの裏を見せる。

    「君にあげるお菓子は無いよ。どうぞ悪戯をしていいよ。」

    困った魔女は、戸惑いを隠せない。


    目の前の可愛い魔女に僕は言う「trick or treatお菓子をくれないといたずらするよ 」

    今にも泣き出しそうなはしばみ色の瞳。

    「……ごめんなさい。あなたにあげるお菓子は無いの。」

    僕は困っている可愛い魔女を引き寄せて彼女を捕まえた。

    「trick or treatお菓子が無いならいたずらするよ 」

    ますます泣き出しそうな可愛い魔女

    しょせん狼男には、かなわないんだよ。

    君の唇を優しく食べた。

    キャラメル★アップル
    パンプキン★パイ♪

    ハロウィーンの甘い魔法

    僕の為の甘いお菓子

    甘酸っぱいフルーティなお菓子を食べようよ♪

    僕のお菓子は、甘い君。

    ハロウィーンの時期だけの甘いお菓子。

    「……ぁ。」

    真っ赤な顔で口付けを受ける君は知らない。

    君が僕にとって、どんなに甘いお菓子なのかを。

    caramelみたいなKissを召し上がれ♪

    2013年度★ Hallowe'en party  期間限定トピック

    SNSでの限定トピックのままです。
    当時の雰囲気をお楽しみください。


    IMG_1785-1.jpg 

    もうすぐ Hallowe'en ですね。
    楽しいHallowe'en week の始まりです。
    トピックをご用意しました。

    Hallowe'enにまつわる黎翔と夕鈴のお話とイラストを募集致します。

    久しぶりの限定トピック★
    昨年度の日記の祭典『あおまつり』代わり

    【あお祭り】『出品作品目次』

    今年の企画は Hallowe'en party

    期間は、本日から10/31までの9日間となります。
    皆様が参加しやすいようにparty week を長く取りました。

    皆様奮ってご参加ください!!!

                    2013.10.23.さくらぱん

    【詩文】『叶わぬ夢』

    夢を見た

    今はまぼろしの

    幸せだった頃の夢

    抱かれ守られていた

    仲間達との記憶

    永遠は続くかと思ってた

    だけど、そうではなくて

    一人

    また一人と去って行った

    壊したのは自分

    変わったのは時代

    変わることを恐れた自分は、取り残された

    ……今は


    寂しい。


    凄く寂しい。


    未来の断ち切れようとしている今


    仲間と居たいと強く思う


    傍にいたい。


    夢を見ていたい。


    それさえもできなくなる日は、近く訪れる


    個が消滅し、名が消える


    終焉の時を、毎夜夢見て涙を零す。


    この世界を愛しています。


    2013年
    10月11日
    09:31

    【日記】『起きたら……』

    まだ日付が変わってなかった。

    夕方18時に寝たんです。
    もう今日は疲れてお腹にきたので、苦しくて…
    1日寒かったから。
    体育館で冷えたんですよね…。
    差し込みが
    最近、週末にキてますね。

    週末は子供の予定で12月までギッシリミッチリです。
    来週は土曜日は、小学校の学習発表会と吹奏楽部打ち上げ会。
    日曜日は、ちょっと遠い2つ離れた街までなつみかんを楽器講習会へ連れて行かねばっ
    週末にシナリオできないから、平日書きをしてますが、来週からは、子供の代休も多くて困ります。

    夜は、バッテリー切れて眠るし…

    今のうちに携帯に打ち込もう。

    2013年
    10月19日
    22:56

    【日記】『日記ばかりすみません。』

    またまた、御礼に書いてたら長くなりましたのでこちらにて

    ・・・今、シナリオ下書き中なんです。
    コミュのシナリオ書き手さんも、追い込みのように続々と書いています。

    皆さんの知っている方ですと、深見さんとかかなめさんとか・・・・あとは内緒です。
    自分のカラーを出せなくて苦戦です。
    もう一つ・・・・簡潔に書くのに慣れていなくて、苦戦です。

    ベースだけ書くと萌えポイントが少ないので、最後に自分のカラーが出せればいいなと悩みます。
    先輩書き手さんたちが凄く頑張っているので、私も頑張らねばという気持ちになります。

    それとコミュの裏方さんにサポートしていただいています。
    昨日もサポートしていただきました。

    たくさんの方々が関わっているゲーム・コミュ。

    良いものを提供したい。

    『花の四阿』『秘密の味は蜜の味』ブログおろそかで息抜きで更新しています。

    ムラの或る更新ですみません。

    来年の春、完成するゲームを皆さんに楽しんでもらいたい。

    しばらくこんな感じですが、皆様お許しください。

    2013.10.21.さくらぱん

    【日記】『結果・・・4往復』

    もう死んだ。

    もういやだ。

    自宅から中学校3往復完了。

    あとは、四時ごろお迎えだけ・・・・

    計4往復

    もう十分だよ。ぱたり。


    アンコールは、『フライングゲット』で盛り上がりました。

    睡蓮花でみんなタオル振り回してた。若い。

    6曲したよ。

    センチュリア

    オレンジ(オレンジレンジ)

    睡蓮花

    創世のアクエリオン

    フライングゲット

    アンコール フライングゲット
    DSCN0530-1.jpg

    もう時間?

    さて。一度往復してきますか。


    2013年
    10月19日
    15:16

    【日記】『そういえば…』

    今月始めの頃
    自転車のロードレースが地元で開催されました。

    さくらぱん宅の近くは風光明媚な場所ばかりなので、よくイベントルートに使われます。

    駅から、国定公園まで往復で歩くイベントとかね。

    地元は、ぞろぞろ歩かれるので、大変なのは内緒です。

    で…ロードレースは今年から開催され毎年行うそうです。

    イベントが重なり、一時大混乱でした。

    ●第1回ロードレース
    ●鮭マス漁協連主催の『漁業まつり』
    ●かかし祭り


    ロードレースの関係者が交通整理してましたけど、通過時はスピードが早くて怖かったです。

    車でしたけど…
    車でしたけど…
    車でしたけど…

    ずぅっと、通過を待ちました。

    高速ありんこ大群のようでした。

    事故は無かったけど、すでに開催されてるイベントの中を走行させるのは止めてほしい(T_T)

    初めてロードレースみたけど…

    怖かった。


    Sanaさんゴメン。

    本当に怖かった
    (≧ヘ≦)

    ぶつかったら相手は死ぬなと思い
    車でなかなか横断できなかったよ…

    2013年
    10月19日
    08:21

    【日記】『今朝は寒いですね!』

    皆様
    おはようございます
    さくらぱんです。

    今朝は、車の外気計が10度でした。
    最低気温はもっと低い?

    右手がしばらく動けませんでした…
    こんな朝は冬が近づいたことをきづかされます。

    昨夜、コタツを設置しました。家族の要望で。
    蓄暖いつ入れようかな。
    …その上の物置状態をどうにかしないと
    入れられないや。
    (^_^;)

    先週隣町に行ったら
    街路樹の銀杏の実が路上に沢山落ちてました。

    蔵王は、藍と深い緑とくすんだ赤を含んだ複雑な色合いをしています。

    上のほうの紅葉は見頃を過ぎたと聞きました。

    近くの国定公園は、もう少しで見頃を迎えます。

    急に寒さが増したので、綺麗な渓谷の風景が楽しめるかなと思っています。

    今日は、なつみかんの文化祭。
    今さっき送ってきました。

    午前中は、合唱コンクール8時45分から開催です。

    今日は、本人を忘れませんでしたし

    連れが夜勤で昼に送らなきゃ

    二時半に吹奏楽部の発表!

    オオトリです。
    行かなきゃ…

    自宅と中学校往復の1日ですね。

    イロイロと楽しみです。

    2013年
    10月19日
    08:02

    【日記】『花の四阿☆32000hitを越えました。 』

    いつもご愛読・ご訪問ありがとうございます。
    先ほど32000人目のゲスト様を無事お迎えすることが出来ました。
    本当にありがとうございます。

    皆様にお見舞いコメント・メールを頂きました。
    ありがとうございます。
    順調に体調も回復しています。
    ご心配おかけして申し訳ありません。

    もう少しだけゆっくりしてていいですか?
    のんびりあちこちブログ工事しながら、あちらも頑張ります。←

    うん!!!
    ブログ工事楽しい。

    一昨日、蜜のテンプレ総崩れして、原本テンプレ壊して凹んだんだよね。

    蜜のパスも考えなきゃ・・・移設ガンバリマスね。

    【日記】ゲスト様へお礼

    ご訪問ページに書いていたら長くなったので、日記にお引越し。

    ここ数日、分館をいくつか作ってました。
    特に【秘密の味は蜜の味】
    ちょっとビックリする分館です。イラストの見開きにご注意ください。
    こちらで管理に困るものを分散させてみました。
    分散させることにより、より内部の書庫を軽くできればと思います。
    できれば0を目指したい。
    内部のメールも送受各2000通のやり取りとなってこちらも記録を残して消したいなと
    整理が下手で困ります。
    ほんとに皆様とは密なやり取りをさせていただいています。
    大切な宝物は静寂の四阿ーしじまのしあーにしまいたいと思います。
    コミュ・白友とのコラボ仕事部屋も静寂の四阿ーしじまのしあーへ

    他にも作りましたが、一般公開作品は、この二つ『花の四阿』と【秘密の味は蜜の味】だけです。
    皆様にお見せするものは入っておりませんので、お知らせだけしておきます。
    非公開ブログパスを請求されても教えません。
    完全なさくらぱんのプライベート倉庫なのでご了承ください。



    毎日ご訪問してくれるゲスト様、拍手のみの皆様ありがとうございます。
    もうご訪問のゲスト様のお名前見るたびに、拍手の数の多さに
    更新していないブログなのに申し訳なくて・・でも、とても嬉しいです。
    とても励みになります。
    ありがとうございます。



    新館【秘密の味は蜜の味】の新作更新は、『花の四阿』で行ないます。
    こちらでの最新日記を読んでから飛んでください。
    新館の都合上、作品とのリンクはしていませんので、ご理解ください。


    シナリオ、やっと半分書きました。
    ようやくラストを残すまでとなりました。・・・・
    ほっとしすぎて、急停止。
    書けないーーー
    でも書かなきゃ・・・

    頑張ります。
    眠いけど。

    【日記】『画像トラブル』


    ガラケーユーザー様にはご迷惑をおかけしています。

    ここ数日、画像がエラーで見れないというトラブルになっております。

    PCには画像に異変が無いので、携帯のみのトラブルてす。

    気付くのが遅かったのですが分館でも同じなので全体のトラブルかと思います。

    原因をFC2に、問い合わせしておりますので、もうしばらくお待ちくださいね。

    さくらぱん

    続きを読む

    【日記とお知らせ】『大事な忘れ物』

    おはようございます。
    お久しぶりです。
    さくらぱんです。
    日常日記と四阿のお知らせです。

    朝からやってしまった。
    年に一回(?)のポカミスを・・・

    なつみかんを自宅に忘れて
    中学校に送りに行きました。

    ええ・・・当の本人を忘れたんです。
    最近、朝にPCで某キャラを見るのが彼女の楽しみでして
    その間に車用意しているんですけど・・・・

    送る本人忘れてどうするんでしょうか?
    幸い、途中で気付き引き返して無事遅刻せずに済んだのですが・・・


    ・・・・親子だなと思いました。
    過去に、ランドセルを忘れ小学校に行ったことのある娘達。
    三人とも、届けるまでランドセルを忘れたことに気付きませんでした。

    なつみかんに
    散々朝から『サイテー』を連発されました。


    『忘れ物なんかしているなぁ・・・』
    を考えながら運転してました。
    まさかこんなに大きくて大事なもの忘れてくるとは。

    今日は要注意日ということかしら。

    明日は、中学の文化祭です。
    吹奏楽部が活躍する日です。





    【ブログのお知らせ】

    『花の四阿』の分館
    『秘密の味は蜜の味』作りました。
    パスは『花の四阿』と今のところ同じです。
    いずれ変えます。たぶん。
    閲覧したい方は
    リンク欄★『秘密の味は蜜の味』★から飛んでください。
    いずれこの入り口も、移設後に秘密通路に隠します。

    蜜(R18)・闇(R12)・黎明(グレイ)と蜜(R18)頂き物が入る予定。
    移設してから、花の四阿の上記作品は、花の四阿で読めなくなります。

    まだ移設していないのに、外部ゲストが覗きに来るので(バレた。)
    パス同じだしな・・・
    こちらに新作・おばかな蜜(R18)SSを昨日置きました。
    目次等も試作です。
    使いやすければ、本宅でも作るつもりです。


    現在公開しているブログは、この二つとなります。
    お知らせでした。

    蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ マニュアル

    名前:蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可) 作者:美的ブログパーツ|An[anotheryounote] ▼ 他の作品
    最終更新日:13/01/10 ダウンロード数:1443 コメント数:311
    カラフルな花から花へ、ロイヤルブルーの蝶が舞います。さらに、Twitter の設定をした場合は、ブログ画面サイドに「 Follow Me 」のタブ(ボタン)が表示され、その近くを別の蝶が舞います。そのタブをクリックすると設定した Twitter ユーザID の画面が起動されます。このタブは、設定によりブログ画面の右または左サイドに設置することができます。

    また、ご覧になっているパソコンなどの日付によって、毎日、花の色とその組み合わせが変わります。毎日の花の色の変化もお楽しみください(花の位置がランダムに変わりますので、色の変化がわかりにくいときもありますが・・)。なお、ブログパーツ本体とブログ画面サイドのどちらの蝶も、とまっているときにマウスカーソルを近づけると逃げてしまいます。

    ※2012年10月および2013年3月より、Twitterのつぶやき取得に関する仕様が変更され、ブログパーツ本体の花の色を、Twitterのつぶやき更新によって、変えるという対応ができなくなりました。現在は、日付けによって花の色とその組み合わせを変える仕様としています。申し訳ございませんが、ご了承くださいませ。


    下記のプラグインの初期設定値欄では、以下の2つを設定できます。

    (1)TwitterのID
    プレビューのためのサンプルとして、当ショップのTwitterのIDが既に記入されています。このIDをご自分のIDに書き換えてご利用ください。Twitterをご利用でない場合は、このIDを削除して空欄にしてください(その場合、「 Follow Me 」のタブは表示されなくなります)。

    (2)タブの表示位置(半角英字の right または left)
     right :「 Follow Me 」のタブをブログ画面右サイドに表示します(標準設定値)。
     left :タブをブログ画面左サイドに表示したい場合は、下記設定欄をleftに書き換えてください。


    ※ブログ画面右サイドに、本ブログパーツ以外にも他の同様なブログパーツを設置されている場合で、ブログパーツをご覧になるブラウザがInternetExplorer以外の場合(Firefox、Chromeなど)、どちらかのブログパーツがマウスクリックできなくなる場合がございます。予めご了承ください。

    このほかにも「美的・癒し」を目指したブログパーツを公開しております。お気軽にご利用くださいませ。 → http://anotheryounote.blog.fc2.com/

    なお、ブログパーツのご利用にあたりましては、ご注意事項(ご利用をご遠慮いただきたいサイト<18禁・アダルト・風俗系、アフィリエイト・情報商材系のサイト>などの記載)がございます。お手数でございますが、こちらの「初めてお越しいただいた方へ|ご注意事項など」の記事から、お越しいただき、ご一読くださいませ。 → http://anotheryounote.blog.fc2.com/blog-entry-4.html

    【イラスト館】大人風味『朝露を集めて初花を愛でる』

    お久しぶりです。
    さくらぱんです。

    先ほど仕上げたばかりのイラストです。
    いつもお世話なっている大事な方への贈答品です。
    気に入ってくれるといいのですけど・・・

    同じものを2つ置きます。
    フルサイズで置くとガラケーでは開封できないのですね。
    知りませんでした。
    順次直していこうと思います。


    IMG_1777-隠し隠し


     IMG_1777-隠し隠し   IMG_1776-50.jpg   IMG_1779-1.jpg


    10/26に贈った柊かなめさん宅が更新。お飾りしていましたので、名前を公開。
    ええっッッ!!!挫折したと言い切った膝枕を待つとぉぉぉぉ!!!!
    再トライします。←泣


    分館でも挿絵として使いまわしました。ごめんなさい。
    「籠絡の花」

    【短編】本誌設定・ぴゅあの実『恋に落ちて』

    ほんとうの貴方を知った時
    貴方の優しさに触れた時
    私はあなたに恋に落ちました。

    気づけば戻れないぐらいに
    いつの間にか好きになっていました。


    身分違いの叶わぬ恋
    そんなことは、はじめから分かっていたことなのに

    戸惑う私を
    あなたはいとも容易く壁を乗り越え
    心を奪ってしまった。

    恋に落ちて気付いたの。
    変わってしまった私に

    恋する自分に

    心を占める人はあなただけ…
    恋の甘さを知ってしまったから。

    あなたが心から想う大事な人は誰ですか?

    他の誰かでなく、あなたが想う大事な人は私でありたい…
    そんなことは現実にはありえない。

    夢のまた夢なのに
    どうしても甘い夢を見てしまう。

    ねぇ……神さま。
    夢を見ることぐらいは許されるのでしょう?

    私は恋に落ちました。

    あなたが大好きです。








    続きを読む

    【書庫】はっちさんのお部屋


    SNSのパラレル・コミュニティで
    一緒にパラレルトピックを廻しているはっちさんのお部屋です。
    元気いっぱいな爽やかな二人の現代パラレル作品を書く
    はっちさんの世界をお楽しみください。  



     DSCF5499-1.jpg 
      



      目次はこちらから 続きを読む

    【詩文】「心の空」 ※狼陛下関係なし

    悲しくもないのに
    涙が零れた

    嬉しくもないのに
    笑いが零れた

    なんだかなぁ…
    もう疲れたな。

    空回りだけの自分。
    何もかもがイヤになる。

    何のための涙だろう
    何のための笑顔だろう

    あなたの気を惹く偽りだったら、こんなのいらない。

    心に天気があるのなら
    きっと土砂降り前の鉛色

    心の中の
    小さな私が呟いた

    今にも降り出しそう鉛色の空に呟いた。

    明日は綺麗な空が見れるかな?