花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    2013年04月 の記事一覧

    2013.04月の更新履歴

    こちらにて、2013年04月の更新履歴が辿れます。



    続きを読む
    スポンサーサイト

    久しぶりの緋色の衣の更新です。+楼蘭



    こんにちは
    さくらぱんです。

    お久しぶりの緋色の衣の更新です。
    しばらく楼蘭をしていましたので、自分でもストーリーを忘れていました。
    すみません。。。

    緋色の衣
    蒼月期
    楼蘭
    3本長編同時進行は、混乱しますね。
    どれか、さっさと早く終わらせたい。

    さて、楼蘭の将軍と武帝の名前で躓いてます。
    練っていますので、楼蘭しばらくお待ちください。
    中国皇帝図を使っていますが、なかなか決まらないです。

    武帝は、歴史上の実在人物。
    確かに、本来の名もあります。
    調べましたので、分かっています。
    架空の物語に、実名そのままは、抵抗があります。
    楼蘭、名前を練っていますので、少々お待ちください。

    さくらぱん

    2013年
    04月29日
    22:46

    SNS日記の祭典【春祭り】さくら餡投稿作品


    2013.04.01.に、白陽国SNS地区で、行なわれました。
    日記の祭典【春祭り】に投稿した作品です。
    この日一日だけ、 《甘味処・白陽》店主・さくら餡 として
    作品を投稿しました。 

          さくら餡プロフ       IMG_0629.jpg

    【春祭り・前夜祭】


     【春祭り】前夜祭・イラスト館『女童・黎翔』

    【春祭り】
     2013.04.01. 【短編】大人味『たまごゲームと兎』
      【中編】黒龍・大人味『桜の天蓋3』
     【短編】微大人味『嘘つきの愛』
     【春祭り】王の花『不意打ち・口付けー1秒前ー』

    【春祭り・後夜祭】
    【春祭り・後夜祭】イラスト館・現代パラレル『春の訪れ』

    【春祭り・後夜祭】【短編】IF設定・黎&夕『早春譜-名残雪-』

    更新滞っています



    数日悩んでも・・・出てこない。

    『楼蘭』の将軍の名前と武帝の名前・・・ホントの正式本名にしたら、つまらない。

    どうしよ。どうしよ・・・・で更新滞っています。

    人の名前は難しいです。

    ましてや、中国系ともなると・・・・

    どんな人物にしよう・・・・今後重要な位置になるキャラの名前。

    考えているうちに、日付が過ぎていきます。

    ああ・・・・最初に決めておくべきだった。くすん。

    まだ決まってない。

    もう少し、練るか・・・・・・。

    その間に

    緋色の衣書こう。

    【短編】『空中散歩』※現代パラレル






    ※「空の日」企画

    雲一つ無い真っ青の空に抱かれて

    わずか90分の空中散歩。

    地上の街並みは、精巧なジオラマのように眼下に広がり

    高層ビルは、マッチ箱より小さい。

    遥か地平線が、彎曲(わんきょく)し、改めて地球が丸かったことを知る。

    飛行船の高度からの眺めは、
    いつもの地上からの眺めとは、あまりも違う

    飛行機や、ヘリコプターとも違う、音の無い…静かで優雅な空中散歩。


    あまりにも静かで、安定感があるので、自分が何処にいて、何に乗っているのか
    ともすれば忘れてしまいそう…

    そんな事を、テーブル越しで、ワイングラスを傾ける黎翔さんに話したら、

    『夕鈴は、可愛らしいことを言う…』

    クスリと楽しそうに笑われてしまった。


    2012年
    09月20日
    08:16 続きを読む

    高校生の娘の毎日弁当ダイアリー4/29

    自分にカツを入れるため、毎日作ったお弁当をパチリとしました。
    3年間頑張れ!!!自分。  早く自分で作ってほしいなぁ。

    四月ランダム・ピックアップ

    IMG_1028-1.jpg IMG_1029-1.jpg IMG_1036-1.jpg




    お弁当箱のお友達
    IMG_1037-1.jpg保冷剤ですね。可愛いのが多くて嬉しいです。



    最近、ウチ評価の高い極めて狭いランキング・リピの冷凍食品
    お世話になってます。

    IMG_1038-1.jpg甘めのつくねタレがおかずにぴったり☆


    IMG_1040-1.jpg子供が友達ランチで覚えてきた冷凍食品・いちいちラップするのがめんどくさい。


    IMG_1041-1.jpgご当地冷凍食品なのかなーー?美味しいです。リピ率高いです。


    IMG_1045-1.jpg
    連れの弁当。
    下の娘の弁当と同じ日。違いすぎるというのでUP。たらこパスタの上のから揚げ分多いよ。
    むしろ品数は多いのにね。盛り付けが悪いのか???
    この日は、ごはんの間に丸美屋の牛そぼろ山椒のっけふりかけ挟みました。白ご飯に見えるのでゴマを少々。
    高校生には、山椒が多すぎて不評。肉より山椒だらけだったって・・・・あれれれ?



    IMG_1047-1.jpg
    娘の弁当・連れとおなじ物なのに、むしろ品数少ないのに美味しそうに見えるから、不思議。スリムは詰めやすい。
    卵焼きは、理想に焼けた。こんなに綺麗だと、一日happy。
    この日のソーセージは、アルトバイエルン。帰宅してから、お高めソーセージでしょと聞かれた。
    冷めると味は歴然。たまに、ご褒美で入れようかな。ライバル高校の定期戦の応援とかに。
    ベーコン無くてアスパラは茹でたままに・・・・ぽいっ。
    蔵王高原いちごが甘くて美味しかったとのこと。何処で買ったっけ?また探そうっと!!!



    IMG_1048-1.jpg
    アァ・・・・本日、寝坊しました。15分で間に合った手抜き弁当。
    冷凍食品多し。卵焼き入れられなかった。彩り悪いね。
    くっっっ・・・・・あと10分早起きしてればぁっっ・・・悔しい。
    そんな日もあるさ。自分に喝!!!

    祝!!12345hitキリ番越えね皆様ありがとうございます。


    皆様、ご愛読いつもありがとうございます。

    本日、午前中、無事12345hitを越えました。

    たくさんの拍手・コメント・ご訪問ありがとうございます。

    これからも、精一杯頑張りたいと思います。

    さくらぱん

    キリ番12345hitを踏まれた方へ

    キリ番12345hitを踏まれたゲスト様、おめでとうございます。

    さくらぱんから、いつもご愛読のお礼がしたいので

    メールフォームか、こちらのコメント・もしくは拍手コメントで御連絡ください。

    その際、詩文・短編・イラストから一つリクエストをお選びください。

    イラストは、夕鈴、黎翔、夕鈴&黎翔のみで御願いいたします。

    好きなシチュエーション、お好きなタネをどうぞ。

    その際、現代パラレルか否かを明確に教えてください。

    精一杯あなたの為に、お作りします。

    出来次第こちらに発表と言うことで、ご紹介させていただきます。



                              さくらぱん

    【詩文】『宵あかり』





    分厚い雲越しに、輪郭のぼやけた月を望む

    足元は、微かな月明かり…
    滲む影も見えない墨流しの景色
    闇が濃くて分からない。

    私が、何処を歩いて
    何処へ向かうのか分からない。
    未来は、闇にとざされたまま
    行く先を見失ったままだ。

    宵闇の月
    ぼやけた景色

    どろりとした闇に包まれて
    迷い子のように月を眺めた。

    ぽとりと一滴
    雨が頬に伝う。

    まるで、宵月夜が泣き笑いしてるようだった。
    私は、頬の雫を拭いもせず
    月を見上げる。

    「君も泣きたい気分なのかい?」
    「雲の内側で、思う存分泣くがいい」
    「そしたら、また素敵な君を見せておくれ・・・」

    想いを込めて、見上げた空に
    頬に伝う新たな雫
    温かな それは、頬を伝い流れて落ちた。


    2013年
    04月26日
    22:15

    高校生の娘の毎日弁当ダイアリー

    自分にカツを入れるため、毎日作ったお弁当をパチリとしました。

    3年間頑張れ!!!自分。  早く自分で作ってほしいなぁ。

    四月ランダム・ピックアップ

    IMG_0840-1.jpg   IMG_0941-1.jpg   IMG_0979-1.jpg  IMG_0978-1.jpg


    IMG_0974-1.jpg  IMG_0857-1.jpg
    IMG_1031-1.jpg     IMG_1033-1.jpg     IMG_0964-1.jpg    IMG_1030-1.jpg
      
    IMG_0976-1.jpg  白いご飯に見えますが、中は照り焼き肉が挟まっています。



    おばあちゃん自家製の梅干しは欠かせません。
    無いと、食欲が落ちるらしい。

    ようやくお弁当作りも上達して、ごはんをふんわりと入れることが出来るようになりました。
    (何年掛かったろう・・・・・←笑)

    生息地が宮城県のさくらぱん
    卵焼きは、甘いです。お菓子のように甘くしてます。こちらは、甘いのが主流。
    ですから、昔は失敗ばかりでした。黙って、失敗を食べてくれていた連れに感謝。
    『最近、上達したよね。昔は・・・・・。』←そんなに、マスかったのかい。当時、言ってくれたらよかったのに!!!

    卵3個  砂糖15グラム目分量 塩隠し味 牛乳少々  ほらね。甘いでしょう←笑。
    イメージに近いのは、御寿司屋さんの卵焼き

    お弁当の甘い卵焼きに、ほっこり癒されるのだそうで・・・・失敗できないです。

    切り方一つで華やかに。
    目からウロコのソーセージ・かまぼこ
    斜め切りを組み合わせるとハートに、当時小学4年生だった次女に教わりました。
    子供のほうが、お弁当通で詳しいです。
    同級生のお弁当を見慣れているので覚えてくるようです。

    パスタで止めてましたが、やり方が悪いのかはずれるので、いつもご飯に埋めています。
    それでも、文句言われない上に、お友達からも可愛いと評判もいい。
    らくちん ちょいかわ弁当ですね。
    手間も少ないし私が楽です。←笑

    【こみゅ】限定とぴ『夜の日課  』※晒しもの・お馬鹿の実

    パラレルコミュ・いい夫婦の日限定とぴの晒し物・激しく勘違いしてほしい。





    続きを読む

    【日記】『めちゃめちゃうれしいです。』



    昨日、ご訪問してくれたゲスト様。

    どなたか知りませんが、60件近い拍手ありがとうございます。

    嬉しくて、思わず舞い上がっておりました。

    すごくやる気が出てきました。

    【楼蘭】も昨日、再開しましたし・・・・

    これからもさくらぱん頑張りますね。

    楽しいお話を書きたいと思います。

    本当に、ありがとうございました。

    過去のご訪問御礼

     

    2014年09月のご訪問御礼
    2014年08月のご訪問御礼
    2014年07月のご訪問御礼
    2014年06月のご訪問御礼
    2014年05月のご訪問御礼
    2014年04月のご訪問御礼
    2014年03月のご訪問御礼
    2014年02月のご訪問御礼
    2014年01月のご訪問御礼

    2013年12月のご訪問御礼
    2013年11月のご訪問御礼
    2013年10月のご訪問御礼
    2013年09月のご訪問御礼
    2013年08月のご訪問御礼
    2013年07月のご訪問御礼
    2013年06月のご訪問御礼
    2013年05月のご訪問御礼



    皆様、ありがとうございました


    0116.jpg 

    【短編】本誌設定『Cameoーカメオー』


    本誌設定・黎翔&夕鈴+α紅珠



    今日は、白陽国の夫婦円満の日だそうだ。

    昔から、お互いの愛の証に、贈り物を贈りあう習慣がある。

    特に、婚約や結婚の証として尊ばれたのがCameoーカメオーであった。

    宝石に色の違った層を利用して浮き彫りをした宝飾品で、その材質は瑪瑙(めのう)や貝殻などを使い時間をかけて丁寧に自分の姿を彫ったものを恋人に贈る習慣。
    精緻なものほど、高価な値のつく職人の芸術品だった。

    ある日のこと、紅珠が夕鈴のCameoーカメオーの話題に触れた。

    『陛下がお妃様に贈られた、Cameoーカメオーが見とうございます。』
    『陛下に愛されてますお妃様の カメオ さぞかし、素敵な品ですよね。』
    『陛下は、どのような カメオ をお妃様ににお贈りになられたのですか?』
    『参考までに、見せていただけませんか?』

    夕鈴は、焦りだす。
    偽の演技夫婦。もちろんそのようなものを贈りあう間柄でなく、もちろん贈ったことも贈られたことも無い。
    どのように、断わろうかと思案していると、ふいに・・・・

    『妃が困っている。そんなに、見たければ、私が妃から貰ったものを見せてやろう。』

    夕鈴の背後から、狼陛下(黎翔)の声。

    「陛下、いつこちらへ」

    振り向いた夕鈴の肩を、優しく抱きとめて

    『たった今だ。君の顔がみたくてな・・・・・。』

    そう言って、紅珠の目の前で掠めるように頬に口付けた。
    口付けられた頬を押さえて、顔が真っ赤に染まる夕鈴。

    その可愛らしさに、黎翔は、微笑むと
    自分の胸元から金鎖のカメオをとりだした。

    貝を精緻に彫り上げて金細工の枠を施したカメオ。
    地色のスモークピンクの空に、夕鈴の微笑む横顔が彫られてある。
    髪飾りの花びら、髪の一筋さえも生き生きと彫られたカメオに

    紅珠は、

    ほおっ・・・・

    とため息をついた。

    『さすがは、お妃様が陛下に贈られたカメオ。』
    『素晴らしいお品ですわね。』
    『思いがけず、よいものを拝見いたしました。』
    『陛下、ありがとうございます。』

    うっとりとして、黎翔の手の中のカメオに見入る紅珠に対し
    贈った覚えのないカメオの存在に、びっくりする夕鈴。
    はしばみ色の瞳を丸くして、カメオを見つめた。

    「・・・・・・・・・・。」

    じゅうぶん二人が満足した頃合を見計らうと、黎翔はカメオを懐に戻す。

    『君からの贈り物、いつも君が傍にいるようで、毎日身に着けている。』

    そう言って黎翔は、夕鈴に微笑んだ。

    『私が贈ったカメオを今度、見せてあげなさい。』

    そう言うと黎翔は、夕鈴に再び口付けて政務へと戻っていった。
    紅珠は喜んで、次回夕鈴がカメオを身に着ける約束をして、後宮を辞した。

    当然、困ったのは、夕鈴で・・・・・

    夜の黎翔のお訪いを今か今かと待っていた。
    ようやく政務を終えた黎翔が夕鈴の自室に来ると
    その手には、手のひらより大きい箱を持っていた。

    『夕鈴、遅れたが・・・・君への贈り物だ。』

    『君と出逢って一年、贈り物らしい贈り物は、受け取ってもらえなかった。』

    『コレだけは、受け取ってくれないか?』

    『君と出逢ったこの日にあわせ、君の為に造らせた。今後、きっと君の為になるだろう。』

    『夕鈴、開けてごらん。』

    出逢った日を覚えていてくれたことを夕鈴は、素直に喜び黎翔から箱を受け取った。

    そこには、黎翔の姿を彫った精緻な赤瑪瑙のカメオのネックレスが・・・・
    金枠に紅玉で飾られた大降りのカメオ。
    彫り込まれた黎翔の顔は、凛々しくもあり優しかった。
    いつも、夕鈴に対して向けられる甘い狼陛下の顔。
    真珠を6つ連ねたネックレスに仕立ててあったカメオ。
    真珠のアクセントに所々に紅玉も連ねているとても高価なネックレス。

    「・・・・・・・っ。」

    一目で、高価な品だと素人目で分かる品物。
    ・・・・・なのに、受け取れないと陛下に言えない。

    夕鈴の為に作られたカメオには、陛下の想いが込められている。
    躊躇している夕鈴に、黎翔は、優しく声をかけた。

    『首にかけてあげるよ。』

    黎翔からの贈り物は、ずっしりとして重かった。

    『思ったとおり、よく似合う。』

    『今度、紅珠と会う時は、それを身につけると良い。』

    『君に出会えて感謝しているんだ。』

    『こんなものでも、まだ足りない。』

    『私だと、思って身につけてくれ。』

    そこまで言われれば、夕鈴は受け取らざるを得ない。

    「陛下、ありがとうございます。」

    (演技とはいえ、夫婦。カメオの一つくらいは君に贈りたい。)
    (いつか本物の夫婦として、私の愛をその身に受けて欲しいな。)

    頬を染めてカメオを受け取ってくれた夕鈴を見つめて微笑む黎翔。
    その願いは、夕鈴への贈り物・赤瑪瑙のカメオに込められた。

    後日、後宮に遊びに来た紅珠を、天女さながらのカメオを身に着けた夕鈴が出迎えた。

    ーーーーーむろん、紅珠が喜んだのは、言うまでも無い。


    2013年
    04月22日
    01:31 続きを読む

    【日記】『しまった…雪だ』




    どうしよう…
    雪降ってます…現在進行系。
    3センチは積もった
    まだ積もりそう…
    積もる予感に不安も積もる。

    先日のタイヤパンク事件から、ノーマルなのに…

    チェーンも無い。
    雪止んでくれないかな~


    春のどか雪は、宮城らしい…
    だけど、ものすごく困ってます。

    あとで、写真を載せましょう。

    花桃満開だったのに…

    …花冷えです。
    かわいそう。

    2013年
    04月21日
    09:13

    【日記】『考え過ぎ…!?』



    他意は無いと思いますが、偶然にしてはちょっと多くて…
    後味の悪い思いをしています。

    FC2の最新小説部門の更新情報を読んでいてふと気付いたことが…

    作品自体の転載は無いと思うのですが、題が酷似してる作品がなんかここのところ多くて気になります。

    コラボ品は、よゆままの朱の空と同じは当たり前なのですが。
    猫cafe
    ネコカフェ

    ハッピーハロウィン
    ハッピーハロウィン

    甘やかな毒
    甘やかな罠

    etc.
    多すぎて、記憶できず…(-"-;)

    偶然なのか…
    ホントに

    狼陛下で無いサイトですし、中身も違うので、いいのですけど。

    何か違和感。

    卵が先か鶏が先か…

    なんとなく後味の悪い想いを見つけるたびにしております。


    2013年
    04月21日
    13:33

    【詩文】『山躑躅―やまつつじ―』




    山裾に炎が踊る

    鮮やかな朱の花木

    春の野山に

    山肌を這う

    目に鮮やかな山躑躅―やまつつじ―

    新緑の萌ゆる若葉に鮮やかな紅(くれない)

    紅蓮の炎の花に
    目を奪われ

    心踊る春が来る

    燃える思いで
    身を焦がす

    君と寄り添う
    春が来る


    2013年
    04月21日
    16:51

    【詩文】『花凍える』




    春とは名ばかりの名残雪

    ようやく満開の桜は
    雪を冠して寒そうにしている。

    冷たい白に薄紅(うすくれない)の花びら

    柔らかな綻び始めたばかりの蕾は寒さに凍えて、俯く

    重たげな春の雪
    枝折れそうな桜の姿

    一夜だけの花凍る桜

    時期はずれのあわ雪に春の兆し。

    春はもうすぐ…
    長い冬がようやく終わる

    季節便り―

    じっと耐えて春を待つ。



    2013年
    04月21日
    16:08

    最新のご訪問御礼

    ご訪問の御礼をこちらにて、お返ししたいと思います

    閲覧のみのゲスト様、拍手のみのゲスト様へ
    連日ありがとうございます。
    たくさんの拍手を頂き、励みになります。
    ご訪問&閲覧ありがとうございました。  
           




    【ご訪問御礼】 ↓old

    皆様、本当にご訪問ありがとうございます。
    再訪問を確認できず、失礼している方スミマセン。
    確認できる範囲で申し訳ありません。
    まとめて失礼致します。


    10/17
    高月慧ネン様 ご訪問ありがとうございました。再訪問大変嬉しいです。

    10/16
    よゆまま様 ご連絡ありがとうございました。
    ゆり0162様 ご訪問ありがとうございました。連日のご訪問大変嬉しいです。
    よゆまま様 ご訪問ありがとうございました。再訪問大変嬉しいです。
    ともぞう様 ご訪問ありがとうございました。連日のご訪問大変嬉しいです。
    takeshifarm様 ご訪問ありがとうございました。再訪問大変嬉しいです。
    とも様 ご訪問ありがとうございました。

    10/15
    さくら様 ご訪問ありがとうございました。
    ゆり0162様 ご訪問ありがとうございました。連日のご訪問大変嬉しいです。
    葵月 美翔 (きづき みしょう)様 ご訪問ありがとうございました。再訪問大変嬉しいです。
    Y-F様 ご訪問ありがとうございました。再訪問大変嬉しいです。
    ともぞう様 ご訪問ありがとうございました。連日のご訪問大変嬉しいです。
    spring210様 ご訪問ありがとうございました。再訪問大変嬉しいです。
    高月慧ネン様 ご訪問ありがとうございました。再訪問大変嬉しいです。

    10/14
    麻杉慎様メッセありがとうございました。
    麻杉慎様メールありがとうございました。コメントでお返ししました。
    ゆり0162様 ご訪問ありがとうございました。再訪問大変嬉しいです。
    ともぞう様 ご訪問ありがとうございました。連日のご訪問大変嬉しいです。

    10/13
    てにをは様 ご訪問ありがとうございました。こちらにもご訪問大変嬉しいです。
    Z.A.N様 ご訪問ありがとうございました。
    ともぞう様 ご訪問ありがとうございました。

    10/12
    mazuya様 たくさんのメールありがとうございました。UPしました。
    Yumikoit 様 メッセありがとうございました。 大変だ。あとで連絡しますね。←わがまましてゴメンよ
    saki様 ご訪問ありがとうございました。再訪問大変嬉しいです。
    和様 ご訪問ありがとうございました。再訪問大変嬉しいです。

    10/11
    俊樹様 ご訪問ありがとうございました。連日のご訪問大変嬉しいです。
    宇佐美 様 ご訪問ありがとうございました。再訪問大変嬉しいです。
    あさ様 ご訪問ありがとうございました。再訪問大変嬉しいです。
    yumebito86864様 ご訪問ありがとうございました。再訪問大変嬉しいです。
    高月慧ネン様 ご訪問ありがとうございました。再訪問大変嬉しいです。


    10/10
    mazuya様 たくさんのメッセージありがとうございました。返信しました。
    俊樹様 ご訪問ありがとうございました。再訪問大変嬉しいです。
    ゆり0162様 ご訪問ありがとうございました。再訪問大変嬉しいです。
    葵月 美翔 (きづき みしょう)様 ご訪問ありがとうございました。連日のご訪問大変嬉しいです。
    takeshifarm様 ご訪問ありがとうございました。再訪問大変嬉しいです。


    10/9
    mazuya様 メッセージありがとうございました。返信しました。

    10/7
    さき様 ご訪問ありがとうございました。再訪問大変嬉しいです。
    葵月 美翔 (きづき みしょう)様 ご訪問ありがとうございました。連日のご訪問大変嬉しいです。
    バヤール様 ご訪問ありがとうございました。
    mazuya 軌跡様 ご訪問ありがとうございました。連日のご訪問大変嬉しいです。

    10/6
    ぱぱにい様 ご訪問ありがとうございました。
    rakuken様 ご訪問ありがとうございました。再訪問大変嬉しいです。
    葵月 美翔 (きづき みしょう)様 ご訪問ありがとうございました。連日のご訪問大変嬉しいです。
    ゆり0162様 ご訪問ありがとうございました。
    ひげやまろろ様 ご訪問ありがとうございました。再訪問大変嬉しいです。
    瑠璃 様 ご訪問ありがとうございました。
    mazuya 軌跡様 ご訪問ありがとうございました。連日のご訪問大変嬉しいです。
    yumebito86864様 ご訪問ありがとうございました。
    JAPAN2014 ジャパン様 ご訪問ありがとうございました。

    10/5
    mazuya様 メッセージありがとうございました。返信しました。
    mazuya様 コメントありがとうございました。 続き
    葵月 美翔 (きづき みしょう)様 ご訪問ありがとうございました。連日のご訪問大変嬉しいです。
    mazuya 軌跡様 ご訪問ありがとうございました。再訪問大変嬉しいです。
    Y-F様 ご訪問ありがとうございました。再訪問大変嬉しいです。
    華織(KAORU)様 ご訪問ありがとうございました。


    10/4
    mazuya様 メッセージありがとうございました。返信しました。
    葵月 美翔 (きづき みしょう)様 ご訪問ありがとうございました。連日のご訪問大変嬉しいです。
    takeshifarm様 ご訪問ありがとうございました。再訪問大変嬉しいです。

    10/3
    mazuya様 メッセージありがとうございました。返信しました。
    葵月 美翔 (きづき みしょう)様 ご訪問ありがとうございました。連日のご訪問大変嬉しいです。
    高月慧ネン様 ご訪問ありがとうございました。再訪問大変嬉しいです。

    10/2
    mazuya様 メッセージありがとうございました。返信しました。
    葵月 美翔 (きづき みしょう)様 ご訪問ありがとうございました。再訪問大変嬉しいです。

    10/1
    ろぼたん様 ご訪問ありがとうございました。
    かすみ様 ご訪問ありがとうございました。
    saki様 ご訪問ありがとうございました。再訪問大変嬉しいです。


    《過去御礼》
    これより古い御礼は、カテゴリのご訪問・御礼によりご確認ください。


    月別の過去のご訪問御礼は、こちら

    【日記】『じりじり・・・・』

    いまだ、新生活に身体が馴染まない4月。

    長編も少しずつ終わらせて、順調かとおもいきや。

    なんと、詩文・短編・//現代パラレル・詩文・短編まだまだ丸ごとのころつているでは、ありませんか!!!

    まだまだ終わらないお引越し地獄。

    ちびちびと地道に頑張ります。

    【書庫】Yコラボ6『老師のどきどきわくわく大作戦☆』

    第六弾『老師のどきどきわくわく大作戦☆』  2012.04.20.last.up.

    粗筋

    なかなかくっつかない二人に、腹黒老師が考えたドッキリ大作戦とは!?



    2013.04.04. 【Yコラボ6】if設定 『老師のどきどきわくわく大作戦☆Ⅰ』
    2013.04.05.【Yコラボ6】if設定 『老師のどきどきわくわく大作戦☆Ⅱ』
    2013.04.12.【Yコラボ6】if設定 『老師のどきどきわくわく大作戦☆Ⅲ』
    2013.04.12.【Yコラボ6】if設定 『老師のどきどきわくわく大作戦☆Ⅳ』
    2013.04.14.【Yコラボ6】if設定 『老師のどきどきわくわく大作戦☆Ⅴ』
    2013.04.14.【Yコラボ6】if設定 『老師のどきどきわくわく大作戦☆Ⅵ』
    2013.04.17.【Yコラボ6】if設定 『老師のどきどきわくわく大作戦☆Ⅶ』
    2013.04.17.【Yコラボ6】if設定 『老師のどきどきわくわく大作戦☆Ⅷ』
    2013.04.17.【Yコラボ6】if設定 『老師のどきどきわくわく大作戦☆Ⅸ』
    2013.04.20.完【Yコラボ6】if設定 『老師のどきどきわくわく大作戦☆Ⅹ』

    【詩文】『闇―あん―』 ※狼陛下関係なし




    月明かり
    星明かりの無い夜

    風のかそけき囁きに耳を研ぎ澄ます

    遠くから
    聞こえてくる
    フクロウの呼ぶ声

    淋しく
    人恋しさで
    番を求める呼ぶ声のような…

    闇に響いて
    私の心を捕らえる

    闇の夜に
    フクロウの声が
    琴線に触れる…

    その鳴き声が、忘れられない
    耳から離れない

    ホウホウ…と鳴く

    フクロウの呼ぶ声が夜に響く

    …星の無い
    優しい夜の闇に溶ける



    2013年
    04月20日
    01:47

    完【長編】本誌設定『甘やかな毒9』※30000hit達成記念

    ・・・続きです。

    陛下が明かした衝撃の事実に呆然とする夕鈴。

    「・・・・・・・・・っっっ。」

    『・・・・・・・・・・夕鈴っ!!!!』

    ずるずると、陛下の衣を掴みながら・・・・・床にへたり込む。
    その身体を陛下が支えた。

    「あの蛇が・・・・む・・・どく。・・・・・・無毒。」

    『夕鈴、大丈夫!?』

    呆然自失の夕鈴は、はしばみ色の瞳で、陛下の顔を見つめたまま
    信じられないという顔をしていた。

    「では、どうして陛下は倒れたのですか・・・」

    ぽつりと呟く夕鈴に、黎翔は決まり悪そうに答えた。

    『君が蛇に咬まれそうになって、とっさに庇った時に
    足元が滑り頭を打った。  脳震盪を起こしていたんだね。』

    「では、蛇の毒ではないんですね。」

    『先ほどから、そうだと言っているんだが・・・・』

    黎翔は、苦笑してそう答えた。
    その言葉がきっかけだったように、緊張の糸がぶつりと切れた夕鈴は、
    子供のように泣きじゃくり始めた。

    泣きながら、黎翔に訴える。

    「・・・陛下が私を庇って、死んでしまうのかと思いました。」
    「本当に、心配したんです。」

    溢れる涙を止められず、夕鈴はぽろぽろと大粒の涙を零す。
    しゃくりあげる声が声にならない。
    顔を真っ赤にしてそう答えた。

    『李順や武官・侍女達、皆から聞いた。
    ・・・・夕鈴が必死で僕のことを助けようとしていたことを。』

    『夕鈴・・・ありがとう。』

    「てっきり、私は蛇の毒で陛下が倒れられたのかと・・・・」
    「だから、助けようと・・・・」

    「必死だったんです。」

    『うん。・・・・分かっている。夕鈴、ありがとう。』

    泣きじゃくる夕鈴を柔らかく抱きしめて、嬉しさを隠しきれない黎翔。
    ニコニコと笑顔が零れた。

    きっと、この王宮で、王を心配する人々の中、
    たった一人 夕鈴だけが、黎翔という個人を心配してくれていた。

    その事が黎翔は、とても嬉しかった。

    侍医が来て、この傷を初めて見たときの黎翔の驚き。
    腕を縛っていた彼女の衣。
    傷口に残った彼女の口紅の色。
    床に残った血だまり。
    李順の証言。

    そのどれもが、黎翔を助けようとした彼女の行動の痕。
    黎翔を心から救おうとした夕鈴の真心が嬉しかった。

    泣きじゃくる彼女が、愛おしい。
    抱きしめながら、こみ上げてくる嬉しさを隠し切れない黎翔。
    この腕の中のぬくもりが愛おしかった。

    そのうちに、少し落ち着いてきたのか、泣きじゃくっていた夕鈴が
    今度は、青ざめ始めた。

    「どうしよう・・・・知らずに、妃の衣を汚して、袖を破いてしまいました。」
    「・・・・また、借金が追加されちゃう・・・・。」

    今度は、別な涙を零し始める夕鈴。

    『大丈夫だよ。今回は、僕を助ける為だったのだもの。』
    『僕から、李順に話しておくよ。』

    借金の追加を本気で心配している夕鈴は、本当に顔色が悪かった。

    「そもそも・・・衣を破る原因を作ったのは、陛下です。」

    夕鈴は、今度は怒り出す!!!
    怒ったことで、少し元気が出たのかはしばみ色の瞳に力がこもる。

    「あのまま・・・私が蛇に咬まれていたらこんな事態にならなかったんです。」
    「陛下は、この国の王なのですから、バイトを庇う必要はないはずです!!!」

    『それは違うよ、 夕鈴。』
    『あれが、適切な判断だ。』
    『私は大抵の毒に、免疫があるし、君は毒に慣れていない。』
    『だから、アレがベストな選択だった。』

    「だからって・・・・だからって・・・・バイトを庇う理由になりません!!!」

    真っ赤な顔で怒る君が、愛しくて可愛い。
    怒っても、泣いても 君は、可愛い。

    怒る夕鈴の言葉を
    心から心配してくれた君の言葉が、ーーーーーーー嬉しかった。

    甘んじて怒られよう、君に。
    抱きしめながら、黎翔は夕鈴の言葉を喜びとして聞いていた。






    どれくらいそうしていたのだろうか。

    「・・・・もう、心配させないで下さい。」

    黙り込んだ夕鈴が、ポツリとそう呟いた。
    その言葉に、黎翔は夕鈴を見つめた。
    本気で心配しているはしばみ色の瞳が綺麗だった。

    『ごめんね。心配かけて・・・・』
    『助けてくれて、ありがとう、夕鈴。』

    「陛下が、無事で良かった。」

    ようやく笑顔を取り戻した夕鈴が、心からの笑顔で黎翔に応えた。

    大輪の花が開くような笑顔を向けられた黎翔。
    とても夕鈴が眩しく感じた。

    黎翔の心がドキンと大きく跳ねあがる。
    甘い微熱が止まらない。
     
    指先まで、身体が温かい。

    (君が好きだ。)

    黎翔の心に、恋の熱が燈る。



    床にへたり込んだままでは、二人とも身体に悪い。

    『夕鈴、とりあえず長椅子にすわろうか・・・・』
    黎翔が先に立ち上がり、夕鈴に手を差し伸べる。

    ところが・・・・夕鈴は、その手を取らない。
    眉をへの字にして、黎翔に涙目で訴える。

    「陛下・・・・今頃、腰が抜けました・・・・・立ち上がれません。」

    情けない声でそう告げた。
    破顔する黎翔。

    「陛下、笑わないで下さい!!!!」

    腰の抜けた夕鈴を抱えあげて、長椅子に向かう黎翔。
    明るい笑い声が響く。

    いつもの日常が戻り、事件は終わりを告げた。





    ーーーーーーーーーーーーーーーーだけど。





    君がくれた真心。

    僕を巡るこの微熱はきっと消えない。

    僕の心臓に消えない熱を残した夕鈴。

    僕を包む温かな愛。

    心を溶かす 

    【甘やかな恋】 として…


    ―【甘やかな毒】完―

    2013年
    04月18日
    13:54

    【日記】ありがとうございます!!!

    たまたま更新するつもりで、サイトへ来たら、カウンターが11111Hitでした。
    14:22に、11111Hitに来てくれたゲスト様ありがとうございます。
    いいもの見れた。
    ウキウキです。

    【長編】本誌設定『甘やかな毒8』※30000hit達成記念

    ・・・続きです。

    『夕鈴、待っていた。』

    窓辺に佇む陛下が、夕鈴に気付いた。
    柔らかな紅い双眸で、夕鈴を出迎えた。
    いつもの風景。いつもの陛下。

    心配していた陛下に駆け寄る夕鈴。
    そのはしばみ色の瞳は、心配しつつも喜びに溢れる
    涙で陛下の顔が見えない。

    心配していた陛下が、ここにこうしているのが夕鈴には、信じられなかった。
    疑問と共に、毒を受けた陛下を気遣う。

    「・・・・陛下、もう大丈夫なのですか??」
    「・・・・侍医は!?」

    『侍医は、下げさせた。』

    『大事無い。心配かけたな夕鈴。』

    ますますもって、陛下の言葉が分からない。
    状況が理解できず、重ねて夕鈴は質問した。

    「侍医を下げたって・・・・陛下、毒は?」

    陛下の咬まれた方の袖を掴み、腕を確認すると
    そこには白い包帯が巻かれていた。

    確かに、陛下は傷を負っているのに大丈夫とは
    いったいどういうことなのだろうか??
    まじまじと、陛下の包帯を凝視する夕鈴。

    その様子を、黎翔は、ニコニコとして見つめていた。
    次の瞬間、夕鈴は黎翔の言葉に耳を疑う。


    『夕鈴、あの蛇は毒性が無いんだよ。』

    『だから、咬まれても平気なんだ。』

    ・・・・・・・・・!!!!!!!



    大きなはしばみ色が驚きで、更に大きくなった。
    あんぐりとおおきく口が開く。
    夕鈴は、一瞬で理解できた。

    『あの蛇は、毒性の強い蛇を擬態した無毒の蛇なんだ。』

    『背中の模様が似ているから見分けが難しいのだけど。』

    『頭の形が違うんだ。すぐに、見分けがついたよ。』

    陛下の説明する声が、頭の中に入らない。
    遠くで話しかけられているようだった。

    ガンガンと耳鳴りがする。
    夕鈴の頭の中は、真っ白だった。


    ・・・・続く

    なかなか終わってくれないです。ジリジリします。
    文才が欲しい。

    2013年
    04月18日
    13:29

    【報告】『地震無事でした』







    警報音で、びっくりしました。
    久しぶりに、緊急地震速報の警報音を聞きました。

    陸地から、震源地が近くて良かったです。
    津波が無くてほんとよかった。
    &5弱でよかった。
    5強の津波なら、今からツレが、呼び出しですもの。
    (気象台・地震火山担当。)

    とにかく何事もなかったです。
    震度4でした。
    だけど、家の下は、岩盤の上なんで体感は、震度3以下かしら…
    びっくりするほど、揺れません。無事ですよ。

    今週(特に今日は)、とかく大きな地震が多い一日ですね。
    被害にあわれた方、お見舞い申し上げます。
    余震に気をつけてくださいね。

    ご報告まで…

    さくらぱん


    2013年
    04月17日
    21:22

    【日記】前置き?ぼやき?

    一晩たって、しまったと思いました。
    (>_<)
    私、なんで『桜の天蓋』終わらせてしまったのだろうかと…

    はい…
    常連さんは、お気づきでしたね。
    分かってなかったのは本人でした。

    純ピュアピュア作品を書く時…
    裏で激大人味書いてたんですねー(>_<)
    ピュア作品が書けない事態に陥ってます。

    で浩大&夕鈴が降ってきた。


    ということで、次から…。

    【短編】現代パラレル・浩大&夕鈴『俺とあの子と微妙な関係』

    2013年
    04月17日
    19:18