花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    【微エロ&お馬鹿SS】 誰も予想もつかない失態 について

    某SNS パラレルとぴ 【期間限定】いい夫婦の日 final にて、何故か「おぱんつ祭」勃発
    サイズの合わない褌(ふんどし) をテーマに、さくらぱんが書いたものです。

    「そこに●●があるから……」

    ナニがしたかったかは、最後のページで明かされます…
    お馬鹿なお話ですが、お付き合いください。

    さくらぱん





    続きを読む
    スポンサーサイト

    現パラ【長編】 誰も予想もつかない失態  1

    「嬉しいですわ。
    お姉さま。
    家にお泊りになるなんて……」

    「ゴメンナサイね。
    急にお邪魔して、泊まらせてくれだなんて……
    でも、本当に行くところなくて……」

    「頼っていただけて嬉しいです。
    お姉さまなら、何日でも泊まってくださっても大歓迎ですわ!」

    あまりにも恥ずかしい黎翔さんの演技に
    とっさに珀家を飛び出した。

    そのまま下町の自宅に帰りたかったが……
    妻として貸し与えられたブランドの衣装のままで、私は飛び出してきてしまった。
    珀グループの若き会長の妻として、
    名の知られてきた夕鈴は下町に帰り
    珀グループに泥を塗るわけには行かない。
    ましてや、偽者夫婦とバレる訳にいかず……

    困った私は、最近たまたま大学で知り合った
    氾財閥のご令嬢“氾紅珠”に、連絡して今に至る。
    まさか、超高層ビルの高層階
    1フロア全部が、紅珠の家だとは思わなかったけど……

    文字通り、着のみ、着のまま転がり込んだ夕鈴は、
    次々と“氾紅珠”カルチャーショックの洗礼にあっていた。

    最たるものは、おぱんつ事件だった。

    「お姉さま、湯上りのお着替えをお持ちしました。
    着替え方が分らない時、呼んでくださいね」

    「?
    ありがとう、紅珠さん」

    バスルームを使い終わった夕鈴は、普段見慣れないハンカチみたいなものと
    着替えを見て戸惑った。

    「下着用意してくれるって聞いたのに……何処にも無いわ」

    「紅珠さんーーー?」

    夕鈴は、バスルームの外の紅珠を呼ぶのだった。



    ……続く

    現パラ【長編】 誰も予想もつかない失態  2

    下着は、ちゃんと用意されていた。
    最先端のハイファッションに敏感な紅珠の趣味で……

    綺麗に畳まれたハンカチのようなもの。
    それが今夜の夕鈴の下着だった。

    今、密かに流行中
    の女性用「褌ーふんどしー」。

    付け方が分らない夕鈴は、紅珠に教えてもらって着けてみたが……
    スカスカすぎて、心もとない。
    何も穿いてないような気がしてくる。

    慣れない感覚に、先ほど紅珠と交わした会話をちょっぴり後悔していた。

    「ごめんなさい。
    今、ゲスト用の中間サイズを切らしていて……かなり大きなサイズしかないんです。
    サイズが合わなければ、早急にご用意させますから申し付けてください」

    大きな黒曜石の瞳をウルウルさせて、申し訳なさそうに謝罪する紅珠。
    深夜にも係わらず、転がり込んできた自分を快く受けいれてくれた。
    「ぱんつ」が合わないぐらいで、買いに走らせて迷惑かける訳にはいかない。

    「大丈夫よ!
    大は小を兼ねるというし、穿けると思うわ「…でも」」

    「ありがとう、紅珠さん。
    とりあえず身につけてみるわね。」

    ……実際に身につけてみると、やっぱりとても大きくて。
    初めて身につけた褌は、ゆるゆるのがばがばで
    リラックスどころか、開放感ありすぎて……
    とても大は小を兼ねるという代物でなかった。



    ……続く

    現パラ【長編】 誰も予想もつかない失態  3

    「お姉さま…ご用意した部屋着がぴったりですわね。
    良くお似合いですわ」

    ふわふわの白のワンピース
    柔らかな肌触りの良い生地が心地良い。

    少し長めのAラインのスカート丈は、サイズの合わない大きな下着でも
    人前でも恥ずかしさが薄れた。

    バスルームから出てきた私に、紅珠は温かな飲み物を勧めてくれたが、
    今日はいろいろなことがありすぎて、すごく眠かった。
    早くベッドで休みたい。

    私が疲れているのを察した紅珠は、嫌な顔一つせず……
    珀家を家出してきた理由をも、なに一つ聞かずに……
    夜景が綺麗に見える素敵なゲストルームに案内してくれた。

    自分が珀家で寝ているベッドより、大きいゲストベッドに入り込むなり
    私は日中の疲れがどっと出たのか、泥のように眠りに落ちていった。












    ……
    …………
    ……………………

    ところが、その真夜中。
    私は紅珠の声で、目が覚めた。







    「もう何時だとお思いですか?
    非常識にも、程があります!

    今日は、お引取りください。
    明日出直すなりしてくださいませ」

    「……
    …………」

    「もう、ぐっすりとお休みです。
    不法侵入で、警察に通報いたしますわよ。

    確かに、わたくしは他人で何ひとつ聞いてません。
    でも、あの方はわたくしを頼られたのです。
    お引取りを!」






    「…………」

    「いったいどなたが悪いかは明白ですわ。
    傷心のあの方をお慰めしたいだけですの.
    うちでしばらくお預かりしますわ」


    「…………」



    なにやら紅珠は、誰かと揉めているらしい。

    普段お淑やかな紅珠からは想像もつかない、
    切羽詰まった他人を非難する大きな声。
    だんだんと、揉める声はこちらのゲストルームへと近付いて来る。

    なにやら非常事態!?

    私は、眠気も吹き飛び、
    ベッドから飛び出して手近な武器を探した。

    枕?
    柔らかすぎる……武器にならない

    椅子?
    重すぎる……振り回せない

    棒状のフロア・ライト
    これなら!

    私は、身の危険を察して、部屋のドアに警戒するように
    フロアスタンドを構えた。

    ホントウ。
    今日は散々な一日だわ。

    そんな本音を言葉に漏らして。

    ……続く。


    現パラ【長編】 誰も予想もつかない失態  4

    “バンッッッッ!”

    ゲストルームのドアを蹴飛ばされ、私は一瞬ひるんだが、
    フロアライトを大きく振りかぶって入ってきた人物に襲い掛かった。

    ヤァ! ァァァァーー・・・「探したよ、ゆーりん」」

    振り下ろしたフロアライトを掴み、軽々と手で制してきた不法侵入者。

    その意外な人物に驚いた。
    家に残してきたはずの人。
    私は、ここにいるはずのない人物をマジマジと凝視した。

    それは、紛れも無く日中逃げてきたばかりの夫の姿だった。

    「なぜ、ココに居るの……」

    「そのセリフ、私が言いたい。
    何故、君がココに居るんだ!?」

    「マスコミが嗅ぎつけている。
    家に帰るぞ!
    ゆーりん」

    きゃあ☆

    攫うように黎翔さんに抱きかかえられて、
    紅珠の家から私は連れ去られた。

    黎翔さんの部下たちかしら?
    人に阻まれて、泣きじゃくる紅珠の顔が見えた。

    「やめてっっ!
    お姉さまを、連れて行かないでっっっっ!」

    悲痛な叫びがフロアに響いた。

    「お願いっ
    黎翔さん、キチンとさよならの挨拶をさせて!」

    「ダメだ。
    はやくココを離れないと……

    文句なら家で聞こう」

    聞く耳持たない黎翔さんは、紅珠にお別れの挨拶もさせてくれない。

    仕方なく黎翔さんの背中越しに、紅珠に謝罪とお礼とお別れを言った。

    私の気持ち
    紅珠に届いていると良いのだけれど……




    騒ぎを聞きつけて、他のフロアからの住人が
    マンションのエントランス。
    エレベーターホールに集まってきていた。

    黎翔さんは、すぐさま着いたばかりのエレベーターの扉を閉めて
    地下駐車場のフロアを押した。

    そのまま……車に乗り
    私たちは、ひと言も喋らず
    あっという間に夜の街を走り、珀家に着いた。

    私の家出では、一日も経たずに幕を閉じたのだった。


    ……続く

    現パラ【長編】 誰も予想もつかない失態  5

    車から降りた黎翔は、まだ夕鈴を拉致したままだった。

    お互いに、気まずいムード。
    私は、残してきた紅珠が気の毒で、素直に謝れなくなっていた。
    黎翔も黎翔で、ひと言も口を利かない。

    終始無言は、二人の間に重い空気を作り出していた。

    「もう、そろそろ下ろしてくれませんか?」

    玄関ホールに入った頃に、夕鈴が冷たく呟いた。
    大人しくこのまま自室まで抱かれて行くのは、嫌だった。
    親切にしてくれた紅珠への仕打ちもある。

    非難をする瞳で、黎翔さんを見ていたら、彼が譲歩してくれた。

    「君が私の何を気に入らなくて、
    家出したのか分らない」



    「今日は、もう遅い。

    今日の件は、明日時間を作るから、キチンと話し合おう。
    今日は、もうお休み。
    ゆーりん」

    床に下ろされた私が、
    二階の自室に行こうと階段を上り始めたら……

    「……ゆーりん」

    黎翔さんに呼び止められた。

    「スカートに変な紐がくっついてる……
    とってあげる」

    Σ!?

    え!?

    あっ!

    きゃあ!


    紐に気づいた黎翔さんの手を止めるのが、一歩遅かった。

    はらり……解けた紐は太腿を滑り
    階段に落ちた……


    「Σ!?「ぇ????」」

    呆然と、私たちは、階段の私の足元に落ちた小さなピンクの布を見つめた。

    吹き抜ける冷たい外気が、私のおまたを吹き抜けた。

    かぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーーーーーーーーーっと
    身体が熱くなる。

    紅珠から貰った褌が落ちて、文字通り、私はノーパンだった。

    私は黎翔さんを涙目で睨みつけると…

    「黎翔さんのムッツリスケベ!」
    ゴン☆

    気づいたら、私はグーで黎翔さんの顔を殴って、全力で自室に閉じこもった。

    しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。しんじらんない。



    すべては、サイズの合わなかったおぱんつのせい。






























    誰も居なくなった階段に残された小さな布。
    黎翔は、いまだ夕鈴の温もりが残るソレをそっとポケットにしまったのだった。


    おしまい。