花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    【短編】現代パラレル『六月の花嫁ーはじまりの扉3ー』

    【短編】現代パラレル『六月の花嫁ーはじまりの扉2ー』の続き

    おまけのおまけ。 続きを読む
    スポンサーサイト

    【短編】現代パラレル『六月の花嫁ーはじまりの扉2ー』

    ガラガラと空き缶が鳴り止まない白いオープンカーに乗って…

    式場を後にした黎翔と夕鈴。
    白いタキシード姿の黎翔が運転し、隣にはウェディングドレス姿の夕鈴が座る。
    一目で結婚したばかりと分かるいでたち 



     
    GIFダリ子さんの花嫁-義父 
    (イラスト☆絵師ダリ子様)



    信号待ちで止まるたびに、否応なく通行人の注目を浴びているのは、気のせいではないよね…。

    人々の注目を浴びたまま…
    空き缶を、ガラガラ…と引きづったオープンカーは、進む。

    時折、知らない通行人から
    「おめでとう!」
    の声がして…

    嬉しさと恥ずかしさで身を染めた花嫁を愛しそうに見つめる花婿・黎翔。

    そんなことを繰り返しているうちに、閑静な住宅街に二人の車は進んで行った。

    夕鈴は、黎翔が いつも住んでいるホテルのペントハウスに向かうものと思っていたので、郊外の閑静な住宅地に入っていくのを驚き、ビックリして目を丸くする。

    見知らぬ景色。見知らぬ道。

    「あの…黎翔さん、どこに向かっているの?」
    『…着いたらわかるよ。もうすぐ着くよ。』

    そう言った黎翔さんの言葉どうり、車はほどなくある家の前で止まった。

    青々とした緑の芝生
    可愛らしい赤い屋根の白いお家。
    庭には、大きな林檎の木が風にそよいで揺れていた。

    『ようこそ!僕らの新居へ!』

    家を見ていた夕鈴は、その言葉に黎翔さんを振り向いた。

    夕鈴は、びっくりしすぎで言葉もでない。
    はしばみ色した瞳が更に大きく丸くなる。

    『赤い屋根の可愛いいお家に住みたいって言ってたよね。』
    『奥さま、お気に召した?』

    イタズラが成功したかのような、子供のような黎翔の笑顔。

    (…たった一度、話しただけの夢をあなたは覚えていてくれたの?)

    夕鈴は、嬉しさで涙が零れる。
    そんな夕鈴を優しく抱き寄せて、黎翔は夕鈴の唇にkissをした。

    オープンカーから降りた黎翔は、回りこみ助手席の夕鈴のドアを開ける。
    片手を差し出し、エスコートする黎翔。
     
    その手に手を重ね、車から降りた夕鈴を黎翔が引き寄せた。

    『さぁ、可愛い奥さま、僕らの家に早速行こうか!!』
    「・・・・はい。黎翔さん」

    ちゅっ・・・
    そう言った花嫁に苦笑しながら口付ける花婿

    『違うよ、夕鈴。』
    『僕らは、もうちゃんとした夫婦なんだから。アナタって呼んでよ。』

    「ぁ・・あ~・・・//////アナタ。」

    『よくできました、奥さま。』
    『ご褒美をあげなきゃね。』
    「・・・・・ぁ。」

    チュッ・・・

    真っ赤になった花嫁に、愛おしくてたまらない蕩ける笑顔を向けた黎翔。
    柔らかな花嫁の唇を食み、イタズラなkissを交わす。

    『この続きは、家に入ってからね。』
     
    ボフッ・・・

    その言葉に、kissされたばかりの花嫁は花婿の腕の中で爆発した。


    「……もぅ……もぅ……れいしょうさんのいじわるっ!!!」

    どんなに、花嫁が暴れていても気にしない。

    この指に光る誓いの指輪。 
    愛しい人を手に入れた誓いの指輪が黎翔に自信を与える。

    「んきゃ!!!」

    余裕と意味深の微笑で花嫁を抱きかかえあげた。
    バランスを崩し、花婿の首にしがみ付く花嫁。
    そのことが、とても嬉しくて黎翔は、笑み零れた。

    『さぁ、今度こそ、僕らの愛の巣へ行こうか。』

    『夕鈴、古いジンクスを知ってる?』
    『花嫁は、最初に家に入る時、花婿に抱きかかえられて入るんだよ。』
    『ずっとずっと、花嫁が幸せになるように。』

    『僕も君を抱いて家に入るよ。』
    『ずっとずっと、君が幸せになるように。』
    『夕鈴、君を一生大事にするよ。』

    『愛しているよ、夕鈴。』

    「私も、愛しています、アナタ。」
     
    恥ずかしげに、だけどしっかりと応えた花嫁に、黎翔は微笑む。

    一歩づつ近づく、二人の新しい家の扉。

    二人の新しい生活。

    はじまりの扉は目の前に。

    コツコツと音をたてる石畳に鳴る黎翔の靴音を
    夕鈴は幸せを嚙みしめるように聞いているのだった。


    はじまりの扉の前で、夕鈴は、再び黎翔に誓う。

    「二人で、温かな幸せな家庭を築きましょう」と

    それに応えた黎翔は、とても嬉しそうに応えた。

    『君に誓おう!!!』
    『二人で、築きあげよう。』と


    黎翔は結婚して、大きな大事なものを二つ手に入れた。
    愛しい愛する妻と未来の幸せな家庭。
    どちらも黎翔が、欲しくで待ち望んでいたもの。

    温かな花嫁のぬくもりを抱きしめて
    はじまりの扉をくぐる

    黎翔は、一生このぬくもりを決して離したりはしないと密かに胸に誓いながら・・・


    ー完ー




    2013年
    06月17日
    16:43


    新婚の甘さは、蕩ける生クリーム。
    甘すぎます。虫も食わない。

    【詩文】大人味『咲誇る華』※展覧会の絵

    狂おしく愛しく想う

    大切にしたい君だから…

    すべてを暴き…
    すべてを知りたい…
    そう思うことは、自然なこと。

    『愛し足りない…』

    君に囁き繰り返す。
    愛の言葉。
    愛の行為。 


     
    ダリ子肩チュー      
      (2013.07.29.挿絵ダリ子・転載許可済み)  イラストをWクリックすると全体が見れます。  
     

    恥ずかしがるその涙も…

    抵抗になっていない君の抗いも…

    すべて僕の劣情を煽るだけの行為にしかならないということを、君は知らない。

    その肌に鮮やかな愛の徴を刻もう…

    純白の肌に、鮮やかに咲き誇る深紅の華を…

    君をとかす、極上の愛の口付けで…

    【短編】現代パラレル『六月の花嫁ーはじまりの扉ー』

    ●6/17
     慎さんが、六月の花嫁描いてくれました。可愛い。
     可愛いすぎて、黎翔さんじゃないけどどこかへ攫いたくなるなー。コレ。
     ブログでは、慎さんの夕鈴が、対となります。
     ありがとうございました。ぺこり。

    ●6/16

    パラレル・コミュ『展覧会の絵』投下品

    お題
    ◆六月の花嫁・幼な妻(黎翔31歳&夕鈴17歳たぶん)



    SNSでは、素敵イラスト・六月の花嫁のダリ子さんの花嫁夕鈴が、対です。
    おそくなりましたが、ようやく花婿到着ですよー。
    ダリ子さんの絵で、高月慧ネンさんもSSを書いています。
    近日、ブログUPするかと思います。





    気持ちリセット☆浄化中

                                          さくらぱん

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆





       IMG_1423.jpg       IMG_1424.jpg     6月の花嫁
                                             (夕鈴挿絵麻杉慎様)


    『……夕鈴』

    私の愛しい人の名を呼べば
    振り向き、真っ直ぐに見つめてくれる
    はしばみ色の美しい瞳


    降りそそぐ聖なる光りに包まれた
    もうすぐ私の妻になる君

    その姿は、眩い光の化身。
    無垢で、純粋な愛しい女神。

    「……黎翔さん」

    優しく微笑む、君に手を差し伸べる

    迷いなく重ねた小さな手を取り、
    指先にKISSをした。

    『綺麗だよ、夕鈴。』
    『今すぐ君の唇にKISSしたい……。』
    『だけど、残念だ。……もうすぐ、式の時間なのか。』

    「あと少しでお式の時間です。我慢してください。」

    柱時計の鐘が鳴る。
    甘い恋人時間が終わりを告ぐ

    『では、式で濃厚な誓いのKISSをすることにしよう。』
    『ゲスト(ライバル達)に見せ付けるようにな。』

    ニヤリと笑った黎翔さん。時々、とても意地悪だ。

    「……なっ!!!」
    「……ん……もぅ……れいしょうさんのばかっ。」

    真っ赤に染まったもうすぐ妻になる愛しい人。
    黎翔は、その花嫁の可愛らしさに、今すぐ何処かへ連れ去りたい衝動を抑えた。

    『今は、コレで我慢することにしよう。』
    再び指先に口付けた黎翔の唇は、先ほどのKISSよりも長くて・・・・
    しばらくしてようやく名残惜しげに離れた。

    至近距離で、見つめられる夕鈴。
    黎翔の吸い込まれそうに綺麗な二つの赤い宝玉の瞳。
    幸せに笑う夕鈴が、その瞳に映る。
    いつも、黎翔の優しさは夕鈴を包んでくれる

    ……もうすぐ私の旦那様になる人。




    …………
    ………… …………






    『時間だ、夕鈴。』
    『…………式場で待っているから。』


    「はい、黎翔さん、待っていてください。」


    どちらともなく、微笑み返す
    その笑顔を合図に黎翔は、踵を返して式場へと足を向けた。
    未来の妻となる愛しい人を待つために・・・・




    …………
    ……………………



    ドキドキと高鳴る胸の鼓動。
    父さんにエスコートされてチャペルの扉に立つ。

    扉越しに、聞こえる祝福のパイプオルガンの調べ
    聖歌隊の美しい歌声。

    少しづつ開かれていくはじまりの扉の向こうに。

    夕鈴のヴェール越しに
    荘厳な雰囲気と神聖な光に包まれた
    夕鈴を待つ愛しい未来の夫の姿を見つけた。

    はじまりの一歩を踏み出す夕鈴。

    黎翔さん、
    今 愛するあなたの妻にになります。

    夕鈴を待つ新しい世界は、この扉の中から始まる。

    その先に待つ
    幸せの具現の姿に、夕鈴の心は躍りだす。

    …………溢れる愛と幸せと共に。





    二人の未来に幸あれ!!!


    ー完ー








    《おまけ》


    式の最後のブーケトスは、独身の女性達に・・・

    すっと、黎翔が膝まづいて、花嫁の脚から抜いたもの。
    サムシングブルーのガーターベルト。

    花嫁が祝福の口付けをしたガーターベルトトス。
    式の最後のガーターベルトトスは、独身の男性達に・・・


    次の幸せを願って、投げたそれは、
    綺麗な青空に放物線を描いて飛んだ。


    ・・・・・・・・・受け取ったのは。







                                     花婿。





    「ん・・・もう・何で黎翔さんが拾っちゃうんですか!!!」

    頬を膨らませた花嫁に黎翔さんは囁く。

    『君の全ては、僕のものなのに・・・』
    『君は、僕の奥さんでしょ』

    夕鈴に怒られて、拗ね始めた黎翔さん。
    花嫁より、頬を膨らませてそっぽを向いた。

    『君の身につけたものは、一つも他の男に渡したくない!!!』
    『ガータートスなんてダメって言ったのに・・・』
    『君は、納得しなかったし・・・』

    『結局・・・・・・・こうするしかないでしょ?』

    「……れいしょうさんのばかっ。ばかっ。」

    ぽかぽかと花婿の胸を叩く真っ赤な顔の花嫁
    その花婿の指には、花嫁とおそろいのリングと
    幸せのサムシングブルーのガーターベルトがしっかりと握られていた。




    ―完-




    おばか。
    結婚しても、ばかっぷる。



    2013年
    06月16日
    17:01



    花嫁いなーいっ!!!

    木の葉を隠すなら森の中・兎を隠すには?

    ハイビスカスの花影にユラユラ揺れるバニィの耳

    かくれんぼしてるのに

    可愛いお耳が見えてます。

    ほらほら…

    早くお耳を隠さなきゃ…

    狼さんに食べられちゃうよ!

    木の葉を隠すなら森の中

    では、兎を隠すには…

    早く隠せ!

    お耳を隠せ!

    狼さんに見つかる前に!


    2013年
    06月22日
    17:28 続きを読む

    【短編】展覧会の絵『黎翔の思惑と夕鈴の憂鬱』

    こちらは、完全にお遊びのコミュ投下品です。

    現代パラレル・氷解シリーズの黎&夕

    原作のイメージを壊したくない方は、読まないで下さい。

    ものすごく壊れています。




    それでもかまわない方だけどぞ。

    続きを読む

    ちゃきちゃき江戸っ娘夕鈴

    最初にイラストありき。
    イメージ崩壊要注意です。


    ダリ子 浴衣
    (イラスト☆絵師ダリ子様)

    続きを読む