花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    9.『砂糖菓子のキミ 』





    砂糖菓子のキミ

    マシュマロみたいなほっぺをパクッ…
    チェリーみたいな唇をパクッ…

    生クリームよりも、鮮度が命

    はしばみ色の瞳を潤ませて
    僕を甘さで満たしてよ…


    壊れてしまわないように
    僕が美味しく食べてあげる
    砂糖菓子のキミを…

    2013年
    03月14日
    07:00 続きを読む
    スポンサーサイト

    10.『君のいないホワイトデー 』






    甘くトロけるスイートな1日。

    そんな黎翔の夢は、儚くも砕け散る。
    昨晩から、夕鈴が手作りしていたスイーツが一つも無かった。
    生キャラメルの一粒さえない。

    そして…
    すべてを持って、こつ然と消えた夕鈴。

    手がかりは、テーブルの上に乗った。
    ピンクのハートのメモが一枚

    《今日は、ホワイトデーなので、明玉のところへお返しに行ってきます 》

    ホワイトデー
    友ちょこお返し
    友優先


    どんまい☆黎翔さん



    2013年
    03月14日
    08:27 続きを読む

    11.『キャラメル』




    『夕鈴。僕からのホワイトデーのお返しを受け取ってくれる !?』


    唇で、受け止める。
    黎翔の生キャラメル

    二人の絡める舌先で溶ける生キャラメルは、甘い甘ぁ~い恋の味。

    2013年
    03月14日
    08:49
    続きを読む

    12.『花束1』





    キミに感謝の言葉を伝える代わりに、
    花を贈ろう

    一年間で、何本になるのかな!?

    きっと一万本で足りないね。

    抱えきれない感謝を花に込めて、今・君に贈ろう。
    僕の気持ちを…。



    2013年
    03月14日
    09:29
    続きを読む

    13.『君に・・・』





    春の日差しは、うららかに…
    湖面に銀のさざ波をたてて…煌めく

    まだ風は冷たく
    木々の芽は固い

    強い風が吹く
    僕らに春一番が吹き付ける

    陽に透ける君の髪が、僕に絡みつく…
    君の香りが、絡みあう…

    指先を絡めて引き寄せた髪に、口付けを

    愛しの君に出逢えた喜びに感謝を




    2013年
    03月14日
    13:06 続きを読む

    14.『せめて・・・』




    ふぁさり…

    肩から滑り落ちた絹から白磁の肌が、湯に沈む

    揺らめき煌めく水面は、どこまでも透明でありながら…

    トロリとした輝きで神秘に包まれた。

    …パチャ…
    手のひらからこぼれ落ちた湯が、細い手首を伝う…

    一つに纏め結い上げたうなじから、遅れ毛が首筋に張り付く…

    はんなりと薄紅(うすくれない)に染まった肌。
    湯に、汗ばむ肌も色っぽいその背中。

    『…夕鈴!』

    手を伸ばして、振り向かせようと黎翔が彼女の肩に手を置いた時…

    パチン☆と弾けて

    現実に引き戻された。
    身体に走る痛み。

    …ここは…床。


    (…しまった。夢ならば、振り向かせてから目覚めればよかった。)

    痛む身体は、ベッドサイドの床。

    現実にしたい目覚めたくない夢ほど儚い。

    もう一度と…願うも叶わない。
    夢だから…

    頑張れ!!
    黎翔さん!!

    夢オチ。山無し、谷無し。


    2013年
    03月14日
    14:21 続きを読む

    15.『君に焦がれる!?』




    肌を焦がす紅の瞳

    漆黒の髪が、汗で額に貼りつく…

    首筋から流れ落ちる汗

    その汗の流れるゆっくりとした動きを目を離すことができず…夕鈴は行き先を視線で辿る…

    ガッシリとした男らしい肩
    太く力強い腕が夕鈴を引き寄せた…

    揺らめき、煌めく波の光。
    太く長い骨ばる指先が、夕鈴の顎(おとがい)を捕らえる。

    近づく危険な光を宿す紅の瞳

    漆黒の睫が影を作り
    夕鈴を魅了する。

    艶めかしい赤い舌先が垣間見える黎翔の唇が近づく…

    恥ずかしさと期待と既視感に苛まれる夕鈴。
    口付けされそう…

    目を開けられなくて
    恥ずかしさから、瞳を閉じた。

    途端に、パチン☆

    夢から覚めた夕鈴。

    (…な…なんて夢を見たのよお(///_///) )

    枕に顔を押し付けて身悶える。
    ほどなく夕鈴は、爆発した。


    夢は、願望の現れ?夕鈴、欲求不満気味


    くすっ…( ̄∀ ̄) 

    またもや、懲りずに夢オチですわ

    2013年
    03月14日
    15:05 続きを読む

    16.『情熱の行方』






    情熱の炎が肌を焼く

    チリリ…

    と、炙られた視線の先は…

    彼女のつま先。

    カリリ…

    と甘噛みされる。
    …痺れる電流。

    今宵のステージは、何処に!?


    2013年
    03月14日
    16:37 続きを読む

    17.『君に届け!!』




    指先が覚えてる
    彼の番号

    ケンカした日も

    逢えなくなった日も

    《ゴメン。》

    の三文字に、たくさんの私の愛を込めて送る。

    送信ボタン。

    早く、キミに届け!!

    2013年
    03月14日
    17:02 続きを読む

    18.『男の子だって・・・』






    男の子だって…気にしてる。

    …手のひらの中のプレゼント。

    気に入ってくれるかな!?

    受け取ってくれるかな!?

    ドキドキで渡すプレゼント。

    気になる彼女ならなおのこと…

    自然に…自然に…
    さり気なく…

    素っ気ない素振りで渡す男心。

    手のひらの上の愛を君にあげる。

    僕の精一杯のホワイトデー((((((>_<)。


    2013年
    03月14日
    17:17 続きを読む

    19.『彼女の覚悟』






    ・・・・眉を顰めて、夕鈴は、指先に摘んだ物体を見る。

    その向こうに満面の笑顔の子犬の彼

    幻の尻尾が盛大に振られ

    全身で褒めて 褒めてと訴えていた。

    夕鈴は・・・・ごくん

    覚悟を決める!!!

    一口サイズのなぞの物体。

    ○△■※●□※▲にがぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーーい!!!

    焦がしたチョコは、もそもそで苦い。

    精一杯の作り笑いで、夕鈴は、飲み込みましたとさ。


    がんばれ夕鈴!!!


    2013年
    03月14日
    21:24 続きを読む

    20.『偽りない永遠』





    千の夢が零れ落ちる

    千夜一夜のものがたり

    裏切られた愛に傷付いた王は、慈悲深い優しい王妃の手により癒される

    永遠の偽りのない愛により

    王の枯れた愛は再び潤う

    新たな愛の泉が溢れ出した。

    千夜一夜のものがたり



    2013年
    03月14日
    21:33 続きを読む

    21.『水の色』





    水の中で、屈折し耀く水中花

    揺らめく水の耀きは、愛に似て・・・

    一つではない色の奔流

    君も同じ

    多彩な愛を持つ君は、

    水と同じ

    なくてはならない存在。

    僕を癒す無限のうるおい


    2013年
    03月14日
    22:08 続きを読む

    22.『この手の中に』







    「あ…あの…黎翔さん。この手を離してくれませんか!?」

    真っ赤になった頬で、黎翔を上目使いで見つめる。

    『…ん~嫌♪』

    大きな手のひらで、小さな手の夕鈴を包み込む黎翔。

    始終ニコニコの満面の笑顔で、柔らかな手を握り締める。

    「なんで~?」

    眉をへの字にして、心底困った顔をする。
    その肌は、耳まで真っ赤だった…

    黎翔は、そんな夕鈴が可愛いくて仕方ない。
    黎翔の手のひらの中のぬくもりに、心の底から、ありがとうと感謝の言葉を送る。

    『君に出逢えた奇跡に感謝!!』

    『そして、夕鈴いつも傍にいてくれて、ありがとう!!』


    2013年
    03月14日
    23:05 続きを読む

    23.『ボンボニエール』






    んっ…

    夕鈴の口に、黎翔が舌先で押し込んだ…
    ボンボニエール。

    口付けの甘さはそのままに…
    焼け付くような苦さが口に広がる。

    喉を焼く強烈なお酒の味


    イチコロで酔わされた夕鈴の運命はいかに…


    ゴメン☆
    続かなかった(T_T)




    2013年
    03月14日
    23:40 続きを読む

    24.25.『ラスト一行詩文』







    甘い君の何処を食べても甘いんだよ。  黎翔さんの一言。
    2013年
    03月14日
    23:58





    駆け抜けたら・・・・君をすり抜けた。失敗!!!!! 黎翔さんの一言。
    2013年
    03月14日
    23:59 続きを読む

    後夜祭『花束2』





    キミに感謝の言葉を伝える代わりに、
    花を贈ろう

    一年間で、何本になるのかな

    きっと一万本で足りないね。

    抱えきれない感謝を花に込めて、今 君に花を贈ろう。
    気高い百合と共に 僕の気持ちをこめて・・・・


    2013年
    03月14日
    09:29

    続きを読む

    3/14一日限定トピック 『キミに会いに走れ!!!』投稿作品一覧

    3/14 一日限定トピック 『キミに会いに走れ!!!』投稿作品 

    【長編】黒龍『キミに会いに行くよ!』1 
    【長編】黒龍『キミに会いに行くよ!』2 
    【長編】黒龍『キミに会いに行くよ!』3 
    【長編】黒龍『キミに会いに行くよ!』4 
    【長編】黒龍『キミに会いに行くよ!』5 
    【長編】黒龍『キミに会いに行くよ!』6 
    【長編】黒龍『キミに会いに行くよ!』7
    7で、2人を逢わせないと夕鈴を私が攫うからと呟かれた瀬津音さんに捧げます。
    【長編】黒龍『キミに会いに行くよ!』8


    投稿作品9
    9.『砂糖菓子のキミ 』
    投稿作品10
    10.『君のいないホワイトデー 』
    投稿作品11
    11.『キャラメル』
    投稿作品12
    12.『花束1』
    投稿作品13
    13.『君に・・・』
    投稿作品14
    14.『せめて・・・』
    投稿作品15
    15.『君に焦がれる!?』
    投稿作品16
    16.『情熱の行方』
    投稿作品17
    17.『君に届け!!』
    投稿作品18
    18.『男の子だって・・・』
    投稿作品19
    19.『彼女の覚悟』
    投稿作品20
    20.『偽りない永遠』
    投稿作品21
    21.『水の色』
    投稿作品22
    22.『この手の中に』
    投稿作品23
    23.『ボンボニエール』
    投稿作品24.25..
    24.25.『ラスト一行詩文』


    後夜祭 一日限定トピック 『キミに会いに走れ!!!』..
    後夜祭『花束2』

    完【書庫】『君を忘れない』      last up 2013.03.28.


    2013.03.22【中編】黒龍『君に花束を!!!』Ⅰ
    2013.03.22【中編】黒龍『君に花束を!!!』Ⅱ