花の四阿

    Lala掲載の『狼陛下の花嫁』二次小説のブログです。某SNSで書き溜めた小説の他・イラスト・詩文・写真・徒然日記・一部鍵つきを掲載しています。

    はじめまして

    足跡スタンプ☆ぽん♪ぽん♪ぽん♪

    はじめまして
    さくらぱんと申します。

    さくらぱんの世界へ ようこそ!   

     目次  ←いまだ未完の目次です。よろしければお使いください。

    簡易目次 リピーター様用


    花の四阿エントランス  ←各館ご案内


    最新の更新履歴  本館「花の四阿」・「花の四阿・写真館」・分館「秘密の味は蜜の味」の最新情報は、こちらから どうぞ。

    最新ご訪問御礼
       コメント・拍手コメントの返信は、こちらから どうぞ。 

     足跡帳  ←フリーノートです。コメント欄をご自由にお使いください。尚、スパムはご遠慮ください。


                               
    白陽国SNS地区というところで、月刊誌LaLa掲載の『狼陛下の花嫁』の『二次小説』や趣味を書き綴っています。
    『二次小説』は、本誌設定と、現代パラレル、if パラレル等様々です。
    そちらでの書き溜めた二次小説等を中心に、更新しております。
    いろいろと初めててなので、至らない点がありますが、温かく見守ってください。
    遅々としたブログですが、よろしくお願い致します。  
                       
     
    クリックしてね。 

     FC2ブロガー限定・やおろずコミュニティ

    ~Share with you~

    さくらぱんが管理しています。
    ジャンルは問わないので、様々なジャンルが集っています。
    某SNSと変わらず、あいかわらずみんなで、わいわいがやがやしています。

    コミュの説明・遊びに来てね 


    白陽国SNS地区 同名コミュニティログ倉庫
    marble-color  
    みんなでワイワイやっています。


    白陽国SNS地区に興味のある方は、こちらからどうぞ。

    白陽国SNS地区                白陽国SNS地区
    ※携帯・スマホもOKです。

     狼と嫁倶楽部 入会してみました
     img.gif   img-1.gif


    img-1.png

     img.png

    ショップ2

    《注意書き》
    ※こちらは、『狼陛下の花嫁』の作者様・出版社様とは一切関係ありません。
    ブログに掲載されております作品の著作権は、ブログ管理者です。
    コラボ品・頂きものの著作権は、それぞれ製作者様にあります。
    こちらのブログからの無断コピー・無断転載を一切禁止しておりますので、ご理解ご協力ください。

    あなたの快適ネットライフのお手伝い。     『夕鈴愛で隊』←今頃ですけれど・
    に↓『狼陛下マナー講座』                  
    入会させていただきました。
     管理人【兎妃の日常】かなめ様                                            夕鈴愛で隊
    ※【花の四阿】をご利用前に、是非ご一読ください。   ※隊員NO.18番賜りました。
                                      有難うございます!!!!


    ↓ 【花の四阿】は『狼陛下と花嫁サーチ』に参加しています。    
    ookm-sb1_200.gif 
    ※皆様の素敵サイト様の検索にご利用ください。  

      

    【ゲストの皆様へのお願い】

    『花の四阿』は万人向けには、作られていないブログです。
    お好みに合わない方やご不快に思う方は、無理をしないで退出なさってください。
    尚、分館『秘密の味は蜜の味』同様、こちらでもマナーはお守りください。
    上記を理解した上で自己責任で閲覧をお楽しみくださいませ。

                                    2014.01.20.さくらぱん  

                              大事なお知らせ『花の四阿をお使いになるその前に!!!』

    『花の四阿』のランキング集計結果←2014年元旦にリセットしました。昨年度のご協力ありがとうございました。





                011.gif 


    . 続きを読む
    スポンサーサイト

    ◇花の四阿☆簡易もくじ◇ リピーター様用

    ※目次です。ただいま準備中。完成まで、お待ちください。  2014.02.03.現在 さくらぱん

     目次  ←いまだ未完の目次です。よろしければお使いください。

    最新の更新履歴  本館「花の四阿」・分館「秘密の味は蜜の味」の最新情報は、こちらから どうぞ。

    最新ご訪問御礼
       コメント・拍手コメントの返信は、こちらから どうぞ。


      

      

    こちらは、リピーター様向けの簡易書庫です。
     お好きな書庫で、お楽しみください。
     尚、大カテゴリ別目次と重複しています。ご了承ください。
     
     
     
    【詩文】花の四阿  

       花の四阿ーバラ白紙150

    【書庫】黒龍    
     
       黒龍

    【書庫】  臨時花嫁設定 黎翔&夕鈴  

       f臨時花嫁  150寒日桜1-  チューリップ-150-1 
     
    【書庫】  if設定 黎翔&夕鈴 

       rose-150IF.jpg  -短編150IF薔薇    

    【書庫 if 設定 黎翔&夕鈴以外  
                  ※登場人物CPが黎&夕では、ありません。御注意ください。
     
       150IF.jpg

    【書庫】古代パラレル「楼蘭」 黎翔王&夕鈴姫   未完  

        楼蘭       楼蘭外伝 

    【書庫】お伽話・メルヘン 黎翔&夕鈴  未完 
     
      50お伽話-1

    【書庫】現代パラレル 黎翔&夕鈴   ただ今準備中

    ├ 【中編】2014 Saint Valentine's Day
    ├ 【長編】~Mr.president~
    ├ 【長編】氷解ーひょうかいー 
    ├ 【長編】花火 
    【長編】猫Cafe ※キャラ崩壊・大人風味 
    ├ 【長編】黎翔からの愛のプレゼント
    ├ 【長編】2013 デリバリー・サンタ  未完
    ├ 【中編】2012 クリスマス・キャロル
    ├ 【中編】黎翔の優雅な朝
    ├ 【中編】引くに引けない大喧嘩
    ├ 【中編】恋人達の日
    ├ 【中編】願い
    【中編】恋蓮華 ーこいれんげー
    ├ 【中編】蛍
    ├ 【短編】世界旅行シリーズ
    └ 【短編】現代パラレル 黎翔&夕鈴

    +【書庫】現代パラレル 李順&夕鈴
    └ 【長編】チョコレート  

    +【書庫】イラスト館
    黎翔&夕鈴 
    黎翔  
    夕鈴 
    コミュ・シンデレラ投稿作品
    楼蘭・メルヘン
    ├ 現代パラレル
    └ その他 

    【宝物殿】お友達からの頂き物
    目次【宝物殿】最新の素敵プレゼント 
    月別【宝物殿】
    個人別【宝物殿】 

    【宝物殿】コミュ 
    ├ デートトピ『南国ですが・・・』
    ├ デートトピ『水族館』
    ├ デートトピ『ほおづき市』
    ├ デートトピ『海の家』
    ├ コスプレとぴ『医師・黎翔』
    アラビアンナイトトピ『千夜一夜』 未完
    ├ その他
    紅珠コミュ『誰も知らない物語』  未完 はこべらさんとコラボ

    【宝物殿】   
    2013年度クリスマス企画「メルティ・kiss」大作戦  2013.12.24.各自ブロガー同時up.
    無期限《6/2は、『プロポーズの日』》 
    無期限《展覧会の絵》
    ├ 2014.10.20.~10.31.《 Hallowe'en party 》
    ├ 2013.11.19.~11.22.《 いい夫婦の日 》
    ├ 2013.10.23.~10.31.《 Hallowe'en party 》
    ├ 2013.06.07.~06.12.《6/12は『恋人の日』》
    2013.05.19.~05.23.《幼な妻祭》
    2013.05.14.《記念日・ローズ・デイ》 
    2013.04.12.~04.22.《建国記念祭》
    2013.04.02.~04.07.《聖誕祭》
    2013.04.01.《春祭り》 
    2013.03.14.《キミに会いに走れ!!!》 
    2013.02.14.《バレンタイン祭・ふんどし祭》 
    2013.01.31.《一月の甘味》
    ├ 2012.11.22.《いい夫婦の日》
    2012.10.25.《あお祭り》
    2012.06.12..《恋人の日》

    【宝物殿】 コラボ 
    ◇柊かなめさん&さくらぱん 
    ◇よゆままさん&さくらぱん
    ◇河野 めいさん&さくらぱん  ←2012年度 PC版絵本ゲーム付き
    ◇とんとんさん&さくらぱん
    ◇おりざさん&さくらぱん 

    【コミュ倉庫】marble-color  
    花の四阿では読めないさくらぱんの作品が、多数おいてあります。

    分館】  preview-112.jpg    分館に入るには、本館の鍵の記事が必要です。ヒントはPixivにて




    移設作品
       ここに収めてあるのは、移設しています。こちらでは、一部だけ読むことが出来ます
    ├ ◆歌萌え喫茶   

    ◆【書庫】秘密の味は蜜の味
    ├  蜜蜂の書庫    その他は分館
    ├  続・逆転パラレル・メルヘン『茨王2』
    ├  咲き染まる紅梅のごとく
    ├  桜の天蓋
    ├  蒼い夜
    ├  花愛ずる時を知る
    ├  一双の絵いっそうのえ
    ├  柔らかな檻  その他は、分館
    ├  躾のなっていない小犬
    ├  暑い夏・ある日の王と妃の物語
    ├  色は匂へど……
    【蜜・R指定】本誌添い

    ◆【書庫】現パラ 秘密の味は蜜の味
    【R指定】幼馴染の秘密 
    【R指定】Saint Valentine's Day
    【R指定】緋のseason
    【R指定】止まない雨 
    【R指定】真夜中の方程式・真昼の方程式 
    【大人風味】人妻ですが…… 
    【R指定】現代パラレル 短編・詩文
     
    ◆【書庫】闇・黎明
    【R指定】玻璃天蓋『ー蒼の月影ー』
    【R指定】蒼月期ーそうげつきー
    【短編・詩文】if闇

    【書庫】狼陛下の花嫁以外 
    ├ ◆【短編】狼陛下の花嫁以外
    ◆【詩文】狼陛下の花嫁以外

    【書庫】写真館      flowerbanner0002-花の四阿写真館 
     
    写真館に、下記作品は移設しました。 新しい更新は、写真館で行っております。
    ├ ◆【目次】写真館 以下は収蔵作品
    【食べ歩き】あっちこっちの胃袋
    【写真館】癒されたい
    【写真館】空の色
    【写真館】気分だけでも涼しくなりたい
    【旅行記】2013.8.函館
    【旅行記】2013.5.鶴岡
    【旅行記】2011.4.花見山
    【旅行記】2014.05.山形・寒河江
    【花散歩】2014.04.
    【花散歩】2014.05.

    【震災】それぞれの震災 東日本大震災の話
      写真館に、下記作品は移設しました。 新しい更新は、写真館で行います。
    【震災】忘れてはならない記憶
    私の震災体験  sinyaさんの手記より

    【雑記】
    ├ 【写真館】娘の女子弁
    ├ 忘れられたノート  中・高校時代の書きなぐり
    └ レシピ



    倉庫
    さくらぱんの徒然日記  ←忘備張-☆大事なところだけです。後は日々流しています。
    一纏め長文 詰め合わせ
    ├ 没作品及びタネタネ倉庫
    超初心者によるブログ講座 ←PCでの「花の四阿」ブログ工事の話 


     SNSコミュ倉庫 marble-color    
      ※marble-colorでしか、読めないさくらぱん作品です。

    1 電球陛下 「陛下の光☆窓の雪♪」 
    2 コミュ幼な妻。・派生品 大人味・鍵付
      「アダムの選択」    
    3 「 誘惑のイブ」  
    4 現代パラレル 短編 
    5 Yコラボ 「紫雨ーしうー」

    0.お楽しみのお部屋。(激大人味・鍵付)
     場所のヒントは分館に。

    その他・多数バトン・リレーあり

    0213 分館「秘密の味は蜜の味」更新しました。


    今日は
    お久しぶりです。

    お待たせしました。
    大遅刻ですが
    おもちゃ箱、2017.ハロウィン編
    「僕の愛しのリリス」完結しました。

    ええ、ひっそり。
    こっそり更新してました。

    気づかれていた方、拍手を有難うございます。
    とっても励みになります。

    オモチャ箱、本編書かずに何やっているのでしょう?
    まあ今回も黎翔さんの愛は執拗ですが、夕鈴LOVEですからお許しください。



    img_5829_2-1.jpg



    間をだいぶ置いたので壊れてます。
    黎翔さんが。
    夕鈴が。


    やっと一つ終わった☆

    ブラボーっということで
    いつものように何でもOKな人だけコソッと見てね。

    さくらぱんでした。

    続きを読む

    【長編】『楼蘭―風の行方―』 56  ※要注意!古代パラレル

    楼蘭





    激情は去り…穏やかにお互いの存在をかみしめる時間。
    黎翔王は床に座り夕鈴姫を膝に乗せて抱き締める。
    彼女の密やかな吐息と温かな温もりを感じながら……
    彼女の流れるような髪から、豊かな花の香油の香りがした。

    夕鈴姫もまた、黎翔王の肩に頭(こうべ)を預けて、そのぬくもりを静かに感じていた。

    天幕の外は、先ほどよりも夜風が強くなり震える寒さを覚えるほど…
    だけど、お互いの熱で温めあう恋人達は、そんな寒さなど感じなかった。

    彼女の呼吸に合わせ、黎翔が囁(ささや)く。

    「夕鈴姫。
    私の国に来て欲しい」

    その声に、はっと夢から覚めた夕鈴。
    緊張した面持ちで、傍らの黎翔の顔を仰ぎ見た。

    「君は私の唯一無二の愛する人。
    私の妻になってくれないか?」 

    黎翔王の腕の中で甘い余韻に浸っていた夕鈴姫は、その言葉に現実に引き戻された。

    「えっ……
    ダメ。
    ごめんなさい、それはできないの」

    ここで了承すれば楼蘭王国と黎翔王に、どんな災厄が降るかわからない。
    あの強国の王が許すはずもない。

    夕鈴姫は黎翔王の腕の中から逃げ出そうと試みた。
    そんな彼女を、ようやく愛する女(ひと)を手に入れた黎翔が許すはずもない。

    「ダメだと言っても、私は君を国に連れ帰る。
    先ほど君は私の口付けに応えてくれた。
    あれは君の嘘偽りの無い気持ちだと思った。!
    私の思い違いか?夕鈴」

    「君は、国の為に望まぬ婚姻をしようとしているのを
    比龍王から聞いた」

    「え!」

    知っているのに、プロポーズしたの?

    青ざめた夕鈴の視線が天幕の外にいる父王を探す。
    波立つ彼女の心を宥めるような優しい馬頭琴の音色が届いた。

    「既に君の父君から、結婚の許可は頂いている。
    君の返答次第だ。

    もう愛してもいない男の元へ嫁がなくていい」

    嵐に揺れる小船のように心が定まらない。
    愛する人からの告白だというのに、喜びよりも不安だけが膨れ上がり
    夕鈴は、言葉に詰まった。

    そんな彼女を見透かしたように黎翔の言葉が
    頑なな彼女の心に沁み込んでいく。

    「大丈夫!
    君は僕が守る。

    何も心配しなくていい……もう心配させない」

    「私の夕鈴、……愛している。
    もう一度、言おう」 

    「生涯、私の側にいてほしい。
    私の妃として私と共に歩もう」

    (ついば)まれる口付けを重ねながら、夕鈴姫に甘やかな愛の囁きを繰り返す黎翔王。

    最初、抗っていた夕鈴も、とうとう黎翔の熱意に折れた。
    夕鈴姫もまた、国ではなく愛を選び取ったのてある。



    ・・・…続く

    2018.02.09.改訂
    2013.09.28.初稿


    【長編】『楼蘭―風の行方―』 55  ※要注意!古代パラレル

    楼蘭


    「どうして……?」

    状況が呑み込めず、ぽかんと呟く夕鈴姫に
    熱い視線を送り、ことさら強く抱きしめる黎翔。

    夕鈴が夜目に慣れてくると、四阿の外に明々と焚かれた篝火
    閉ざされた天幕の扉を仄かに明るくさせていた。

    僅かな明かりで抱きしめる人物を確かめると、それはやはり黎翔王だった。



    「貴女と別れ、逢えない日々。
    私は、ずっと貴女を慕い、貴女を夢に見ておりました」
     
    優しく触れる彼の唇は、夕鈴の顔の輪郭を辿り
    耳朶に…頬に…額に

    「ずっと貴方に恋焦がれていた……夕鈴姫」

    ふたたび塞がれた唇は、先ほどよりも甘く情熱的だった。

    二度目の黎翔との口付け。
    不意打ちで唇を奪われたのに、不思議と夕鈴姫は嫌悪を感じなかった。
    むしろ彼に求められていることが嬉しい。

    唇は……ロプ=ノールで別れた愛しい人を覚えていた。
    触れられた場所から、黎翔の熱が彼女の心に灯を点す。

    ……こんなにも彼に求められ愛されていることに夕鈴は胸が熱く揺さぶられた。

    ロブ=ノールから別れて数日。
    ほんの数日だったというのに、何十年も会えなかったように、毎日が淋しく感じられた。

    再び出逢えたことに胸に歓喜が湧き踊る。

    情熱的な彼の口付けに、おずおずと夕鈴も舌を絡ませる。
    黎翔はソレに気付いて微笑み、更に重ねた唇を深くした。


    夕鈴姫は彼との口付けで、黎翔に心惹かれ求めていたことに気がついた。
    恋する人との口付けが、彼を愛していることを自覚した。
     
    自覚した愛の焔を、もう忘れて消すことなどできない。

    “……好き”

    甘酸っぱく切ない想いが彼女の心に膨れ上がる。


    “いけない。
    私には、もう婚約者がいるのに……”

    “でも、もっと……黎翔さまとこうしていたい”

    理性と本能が、せめぎあう。
    愛を知ったばかりの彼女に彼の情熱に抗う術は無かった。

    口付けが甘い。
    ふわふわと夢のように、心も身体も心地良かった。

    いつの間にか彼の背をかき抱き
    覚えたばかりの口付けを情熱的に彼女は求めた。

    全ては良き思い出のはずだった。
    淡く消えた自分の初恋。

    ロブ=ノールでの甘く優しい愛のひととき。
    もう忘れようと一度は諦めた恋人だった。
     
    素敵な恋の思い出を秘め
    父と変わらぬ歳の皇帝の元へと自分は嫁ぐ覚悟でいた。

    愛を告げずに終わった恋。
    そう彼女は思っていた。

    黎翔王は父王から事情知り私を諦めてくれるだろう。
    私を忘れてくれるはず……

    胸が痛いことだったが、あらがえぬ運命だと知っていた。

    甘い思い出をよすがに彼女は異国で静かに朽ちていく未来だった。


    ーーーーそう思っていた。
    でも 違った。
     



    忘れようとしても忘れるはずも無い。
    初めて自分が愛した男を。
     
    二度目の口付けは彼女に、ゆるゆるとした変革をもたらす。
    この恋を成就させたいと願ってしまった。



    黎翔王を本気で愛していると自覚した今。
    彼と結ばれたいと願ってしまった。



    *****
    ********
    ***********


    彼女の身も心も蕩かす
    情熱的で熱砂のような荒々しい黎翔王の口付け。
     

    あれほど頑なだった彼女か彼に少しづつ応え始めた。
    彼の求めに応じ躊躇いや抗いは微塵もなく、黎翔の口付けに身を任す夕鈴姫。

    彼の背を華奢な彼女の腕が、ひし…と、しがみつき
    そのことに黎翔は無上の喜びを隠せない。

    (……かわいい)

     
    夜目でも真っ赤に紅潮した顔で口付けに翻弄される彼女。

    もっと……もっと、と強請るように、
    微熱に潤んだ大きなハシバミ色の瞳をのぞき込むと
    黎翔の心に歓喜が湧きあがり、どうしようもなくもっと泣かせたくなってしまう。

    “我ながら意地悪だな”

    と思うが彼女が無意識に、自分を煽るのだから仕方ない。


    誰にも見られることのない夜の天幕の内側で
    ロブ=ノールで出逢った運命の恋人達は、お互いの再会を純粋に喜び合った。

    焦がれてやまない魂の片割れ。
     
    黎翔は、ゆっくりと彼女を床に押し倒した。


    “離れたくない”

    “離したくない”


    絡めあう四肢は、いつの間にかお互いの身体を求めてた。
    言葉はなく口付けで会話する恋人達。
    お互いの気持ちが、一つに溶け合った時間だった。

    楼蘭の運命が変わる。
    美しい星が流れる。
    これから襲うであろう楼蘭の悲劇を、二人は知るよしもない。

    四阿の外から馬頭琴の物悲しい音色が聞こえた。

    夜に震える馬頭琴の音色を含んだ風が楼蘭に吹く。

    湖から吹き抜ける風は、タクラマカン砂漠を越え
    遥か遠くへと流れていった。

    吹く風は、さほど強くも無いのに
    サラサラと砂の丘を崩し、瞬く間にその形を変える。
     




    比龍王は静かに楼蘭の街を見渡し、瞳を閉じた。

    掻き鳴らされる琴の音。

    今は街の灯は 落とされ静かな眠りの静寂が満ちる。


    比龍王が守ってきた平穏で豊かな楼蘭王国。
    老王の 柳眉に苦渋に満ちた皺が深く刻まれた。

    比龍は楼蘭王国の王としてではなく、
    夕鈴姫の父として重大な決断をする時が迫っていた。



    ……続く


    2018.02.09.改訂
    2013.09.28.初稿

    【詩文】無香の華  ~むきょうのはな~

    無香の花 


    彼女(か)の涙は
    無香の華
    (むきょうのはな)……


    ホロリ 甘く 儚く
    香りたつ

    拭うこともせず……
    ポロポロ……と頬を伝う
    君の涙を

    僕は、ただ純粋に綺麗だなと
    涙の行方を見守り

    行く筋もついた
    頬の雫を
    甘い肌と共に舌で味わった。

    泣かせてしまった罪と
    君の泣き顔を知るのは
    私だけだという甘美な心の機微(きび)に……


    「好きだよ……」


    私の言葉で、新たな大粒の涙が
    君の瞳から溢れ落ちた


    「知ってる、、バカ」


    やっと笑ってくれた君の笑顔に
    私は笑顔で応えた


    何十回、喧嘩したって
    何千回、泣かせたって
    君を好きなことは変わらない気がするんだ。


    君もそうでしょ?
    夕鈴?


    今度は頬ではなく
    君の唇を優しく塞ぐ。

    無香の華

    私だけが知ることのできる
    甘く香る
    唯一無二の華

    ただ一人 愛する女(ひと)


    記憶が、無い……

    ゲストの皆様。
    おはようございます。
    さくらぱんです。

    お久しぶりですね。
    昨日で、やっと次女の冬季講習会が終わりました。

    X'mas前後の記憶が、飛びまくっております。
    ……なにやってたんだっけ?

    家族でクリパをやったはずなのに
    あれ?れ?れ?れ?

    気がつけば、もう28日です。
    恐ろしい……
    なんの魔法?

    昨日から雪は積もるし
    融ける気配はないし。
    本格的冬の気配に加え
    今日は、お正月の餅つきです。

    濾し餡は昨日、義理母が煮ました(感謝)
    覚えなきゃならない作業は山ほどあるのに……
    いつも買い出し組です。

    そういえば……昨日、楼蘭に拍手をいただきました。
    ありがとうございます(^-^)

    久しぶりに楼蘭の続きに手を加えても良いかもと思いました。

    考えてみれば、あれも。これも。
    未完が多いblogですが皆様、いつもご愛読ありがとうございます。


    今年も残り少なくなりました。
    今年はイロイロとご心配をおかけしました。
    来年はいいことあるかな。
    いいことしたいな。

    さて、そろそろ残りの大掃除しなきゃ。
    今日は、水回りかな。
    寒いしやだな。

    なんだか慌ただしいので今のうちにご挨拶を。

    皆様、素敵な年末年始をお過ごしください。
    来年も「花の四阿」をご愛顧、宜しくお願い致します。

    さくらぱん

    目標、どれか完結!←え?どれ?
    頑張ります!





    次女からの誕生日プレゼント

    次女が誕生日プレゼントとして
    三姉妹アイコン描いてくれました。
    長女 銘菓ひよこ
    次女 大好物のみかん
    三女 マンガ肉つき卵ポーロ
    何気に似てるwwww

    present.jpg


    続きを読む

    【短編】混乱の始まりは夢……

    とある朝。



    「おはよう!」

    「おはよう!
    どしたの?
    顔色悪いんだけど……」

    「熱は……ないみたいね。
    風邪ひいたの?」

    「いや……変な夢を見た」

    いつもと違い
    歯切れ悪く答える夫の言葉。

    ……?

    夫は苦笑しつつ。
    決まり悪げにポツポツと話す
    その夢の内容に驚いた。


    「君が浮気をした夢を見た」


    「は?」


    「浮気されたから君と離婚したんだ…」


    「え?」


    私は話の展開についていけず……
    夫の言葉は風のように私の中をすり抜けてく。


    「俺、被害者なんだけど…
    慰謝料請求していい?」


    面白そうに笑いながら問う夫の意図が分からない。。。


    「なにそれ?
    夢の中の話だよね」



    「逆でしょ!?」



    「私が被害者だよ。
    むしろ出演料払ってよ」


    「だから君が浮気したから
    結構、傷ついてんだけど……

    俺、被害者じゃね?」


    「だからって、夢の中のことまでは保証しない。
    だから出演料払ってよ!」





    …この不毛なる闘いは、日を重ねて果てしなく続く。


    結局、出演料&慰謝料として、おやつとして「こだまのどら焼き」二個をもぎとった……

    が、夫への慰謝料として貪られたのは言うまでもない。

    でもね。
    まだ納得いかないの。

    夢の中の浮気まで、慰謝料ってのはどうなのよ?















    夫婦仲良きことは善きかな。。。

    【呟き】再入院してました。

    ゲストの皆様
    こんにちは。
    さくらぱんです。

    実は先週の木曜日から土曜日にかけて体調が良くなくて
    検査入院をしてきました。

    24852252_466677323727275_9166657888881201220_n.jpg

    風邪から急性気管支炎になって、ここのところずっと微熱も続いていたんです。
    おまけに水曜日の夜から胸も定期的に苦しくなって……

    月曜日の受診時に気管支炎の薬と普段の薬の微調整があって…
    風邪は、すごくよくなったんですけれど。
    胸が痛いのは何故なんだろうと。

    木曜日は一度、受診が終わり薬局で薬も貰い、自分で車を運転して途中まで帰ってきたんです。
    病院を出てから、程度の差はあれ胸が苦しいなと自覚したのが始まり。

    病院のある街と次女の高校のある街境に来てから、いよいよ動悸が激しくなり
    このまま運転するのもマズイ予感がしても、最寄りのコンビニの駐車場へ。

    気管支炎の激しい咳込みと胸の痛みで呼吸もままならず。
    徐々に視界に黒点が混じるようになり…
    なんだか貧血の前触れのような症状。

    手足も氷みたいに冷たいので低血糖の症状なのかなと疑い、
    食事も水分も10日ほど満足にとれていなかったので……
    薬局で貰っていたブドウ糖をかみ砕いて食べてみたものの一向に良くなる気配がなく。

    車の窓を開けて新鮮な空気を車内に入れました。
    夕方4時の冬の寒さで冷たい空気に、よけいに痛みが増した気がして
    すぐに窓を締めました。

    強い吐き気まで出てきて…
    直感で「これはおかしい。。。」と


    まだ外来の時間帯だったので、今来たばかりの病院に直接電話して指示をもらいました。
    戻れますか?
    救急車呼んでくださいとの指示。

    なんとか自力で病院へ運転して戻ったものの。
    いやな冷や汗ばかり。

    ようやく心臓の痛みと気づきましたが、良くなったり悪くなったり大きな波があります。
    (我ながら鈍い。。。)

    緊急で心電図、胸部レントゲン、血液検査をしてもらいました。

    結果、最初の心電図で見逃せない波形が出たとのこと。
    外来から救命救急に移り、二回目の心電図では異常が見当たらなく元に戻りました。

    が…
    見逃せない最初の波形。
    血液検査も、到着後の結果が心臓がダメージを負ったデータが出て。

    その場で入院が決まり、次の日、心臓のカテーテル検査を行うことが決まりました。
    ずっとICUに三日間、入院していました。

    予定通り、金曜日の12時頃に検査室に呼ばれ、左手首からカテーテルを導入して
    造影剤とニトロを使いながら心臓の検査をくまなく見てもらいました。
    結果は幸いにも異状なし。狭い場所も詰まった場所もないとのこと。
    不幸中の幸いに、ほっとしました。

    でも、あの胸の苦しさの原因はなんだったのか?

    脱水と激しい咳き込みと過呼吸、急な寒さによる誘発型の
    一過性の血管の狭窄による心筋梗塞との診断でした。

    冷たい水に手足を浸けると
    血管が閉じて内蔵を守りますよね。
    そんな現象が、どうも心臓にあったらしいです。

    何も所見が無かったので、すぐに退院することができました。

    今年は、次女の脚の骨折に始まり、夏の入院、今回の入院。
    いいことがない一年でした。
    来年こそは。。。。←毎年言ってる気がする。

    皆様も健康には、くれぐれもお気を付けください。


    さくらぱん